甲斐犬の飼い方|犬だけど虎みたい? 毛色や性格、しつけ方について


甲斐犬といえば「虎毛」が特徴的で、日本に古くからいる犬種として国の天然記念物として登録されています。最近ではテレビ番組『天才! 志村どうぶつ園』の「日本犬の里」に出てくる「ぺろみ」が人気です! そんな甲斐犬の性格や特徴、飼い方について紹介します!

基礎知識

甲斐犬(Kaiken)は虎模様の被毛から、別名「虎毛犬」とも呼ばれています。日本に古くからいた日本犬のうちの1匹で、「一代一主」の言葉でも表されるほど、飼い主に忠実な性格をしています。甲斐犬は四肢がすっきりとした「鹿犬型」と、ずんぐりした「猪犬型」と体格によって分けられていたようですが、現在いるのは鹿犬型で、猪犬型は絶滅したといわれています。

日本犬とは

日本に古くからいる在来犬種のことを「日本犬」と言います。日本犬は古くから猟犬や、家庭犬として私たち人と暮らしてきました。そんな長い時代を経ても原始的な形態を損なわない日本犬を保存するべく、各地域ごとで天然記念物として指定されています。公益財団法人「日本犬保存会」では、柴犬・紀州犬・四国犬・北海道犬・甲斐犬・秋田犬の6種を日本犬として指定し、それぞれ国の天然記念物にもなっています。

歴史

日本原産で、紀元前の頃からいた中型犬が祖先だと考えられています。南アルプスの周辺地域が主な生息地で、猪やカモシカなどの狩りに使われていた猟犬です。自分の群れ以外を警戒する性格から純血が保たれてきたといわれており、1934年に天然記念物として指定されました。

性格や特徴

甲斐犬は、野性的な姿を残した原始的な犬です。性格は、忠誠心や警戒心が強く、鋭敏な感覚を持っていて、知能も高いです。しかし、一方で知らない人や動物に対しては、警戒して攻撃的になってしまう面もあります。筋肉質で四肢はがっしりとしています。舌に「舌斑」(ぜっぱん)と呼ばれるあざのような黒い模様があることが多く、また「虎毛」と呼ばれる被毛が特徴です。

大きさや寿命

体重は約16~18キログラムほどで、体高は48~53センチメートルほどです。寿命は14~16年といわれています。

毛色

甲斐犬は「黒虎」「赤虎」「中虎」の3種類の毛色があります。それぞれの毛色でも、虎模様の入り具合や濃淡に差があります。まれに白の毛色の子もいるようですが、日本犬保存会や血統書登録団体であるジャパンケンネルクラブでも白色は甲斐犬として認めていません。

黒虎

@reytaro_vr46がシェアした投稿

中虎

chiakiさん(@chan_heshico)がシェアした投稿

赤虎

甲斐犬の飼い方

もともと、猟犬として活躍していただけあって、体力のある犬種です。毎日の散歩は1日60分以上してあげましょう。

しつけのやり方

忠誠心の強い甲斐犬は関係作りがとても大切です。子犬の頃から、「遊んであげる時間」と「構わない時間」とを区別しましょう。また警戒心が強いので、子犬の頃から家族以外の人や他の犬などと関わらせてあげると、成犬になったときにむやみに警戒して吠えることがなくなります。

手入れ

甲斐犬はオーバーコート(太くて固い毛)とアンダーコート(細くて柔らかい毛)の二つをもったダブルコートと呼ばれる被毛を持っています。トリミングは必要のない犬種ですが、毛は抜けやすいので、ブラッシングは2~3日に1回程度してあげましょう。

甲斐犬がかかりやすい病気

基本的に病気をしにくい犬種ですが、アレルギー性皮膚炎には気を付けてあげましょう。食事や花粉、環境によってもアレルギー症状はでてしまいます。獣医さんとよく相談し、場合によってはアレルギー検査をする必要があります。

甲斐犬をもっと知る

「甲斐犬についてもっと知りたい!」「これから飼おうと考えている」そんな人のために、オススメの動画やブログを紹介します!

可愛い動画


飼い主さんに甘える甲斐犬がとっても可愛いです!

起伏の激しい山で甲斐犬の本領発揮です! 思いっきり走れる場所があるといいですね!

人気のブログ

甲斐犬 げんたろのブログ
20170703_kai_na_001

甲斐犬のわりに懐っこくて甘えん坊な一面や、手作りおやつのレシピなども紹介されています!

甲ちゃんと一緒、いつまでも一緒
20170704_kai_na_002

人気上位の甲斐犬ブログです。保護犬だった甲ちゃんとの暮らし始めから日々の出来事がかかれたブログです!

他にも人気のブログがありますのでぜひよんでみてください!
人気ブログ:「甲斐犬 富美子(ふみこ)のブログ

また、『天才! 志村どうぶつ園』の番組で、「日本犬の里」という日本犬6犬種の成長を見守っていくコーナーがあります。甲斐犬である「ぺろみ」の情報はもちろん、その他の日本犬たちブログ「日本犬の里 志村動物園」で見ることができます!

甲斐犬を飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。しつけが上手くいかないことがあるかもしれないし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないし、思っていたのと違ったからと飼うことをやめることもできません。家族に迎える前にもう一度よく考えてみましょう。

yukaさん(@monacochan)がシェアした投稿

価格/値段

一般的な価格の相場は10~25万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ペットショップではあまり見かけない犬種なので、ブリーダーから迎える人が多いようです。実際にブリーダーに行ってみて、どんな環境で飼育されているのかを確かめることが必要ですが、性別や毛色など、好みの子を探すことができるのがポイントです。

ペットショップから迎える

ペットショップで見かけるのは希ですので、事前に調べる必要があります。ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

災害救助犬として

猟犬として活躍していた時代から、だんだんと家庭犬として飼われるようになってきました。しかし、人に誠実で賢い甲斐犬は現在「災害救助犬」として活躍しているようです。しっかりトレーニングし、関係を築くことでとてもよいパートナーになることは間違いなしですね!

【飼い主さんの声を募集中】
「甲斐犬ってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここが甲斐犬の魅力です!」など、甲斐犬を飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトこと甲斐犬部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10