甲斐犬の飼い方|犬だけど虎みたい? 毛色や性格、しつけ方について

甲斐犬といえば「虎毛」が特徴的で、日本に古くからいる犬種として国の天然記念物として登録されています。最近ではテレビ番組『天才! 志村どうぶつ園』の「日本犬の里」に出てくる「ぺろみ」が人気です。甲斐犬の性格や寿命や体重の特徴、しつけやお手入れなど飼い方、かかりやすい病気、迎え方についてドッグトレーナーの長根が紹介します。

基礎知識

甲斐犬(Kaiken)は虎模様の被毛から、別名「虎毛犬」とも呼ばれています。日本に古くからいた日本犬のうちの1匹で、「一代一主」の言葉でも表されるほど、飼い主に忠実な性格をしています。甲斐犬は四肢がすっきりとした「鹿犬型」と、ずんぐりした「猪犬型」と体格によって分けられていたようですが、現在いるのは鹿犬型で、猪犬型は絶滅したといわれています。

日本犬とは

日本に古くからいる在来犬種のことを「日本犬」と言います。日本犬は古くから猟犬や、家庭犬として私たち人と暮らしてきました。そんな長い時代を経ても原始的な形態を損なわない日本犬を保存するべく、各地域ごとで天然記念物として指定されています。公益財団法人「日本犬保存会」では、柴犬・紀州犬・四国犬・北海道犬・甲斐犬・秋田犬の6種を日本犬として指定し、それぞれ国の天然記念物にもなっています。

歴史

日本原産で、紀元前の頃からいた中型犬が祖先だと考えられています。南アルプスの周辺地域が主な生息地で、猪やカモシカなどの狩りに使われていた猟犬です。自分の群れ以外を警戒する性格から純血が保たれてきたといわれており、1934年に天然記念物として指定されました。

性格や特徴

甲斐犬は、野性的な姿を残した原始的な犬です。性格は、忠誠心や警戒心が強く、鋭敏な感覚を持っていて、知能も高いです。しかし、一方で知らない人や動物に対しては、警戒して攻撃的になってしまう面もあります。筋肉質で四肢はがっしりとしています。舌に「舌斑」(ぜっぱん)と呼ばれるあざのような黒い模様があることが多く、また「虎毛」と呼ばれる被毛が特徴です。

大きさや寿命

体重は約16~18キログラムほどで、体高は48~53センチメートルほどです。寿命は14~16年といわれています。

毛色

甲斐犬は「黒虎」「赤虎」「中虎」の3種類の毛色があります。それぞれの毛色でも、虎模様の入り具合や濃淡に差があります。まれに白の毛色の子もいるようですが、日本犬保存会や血統書登録団体であるジャパンケンネルクラブでも白色は甲斐犬として認めていません。

黒虎

@reytaro_vr46がシェアした投稿

中虎

chiakiさん(@chan_heshico)がシェアした投稿

赤虎

甲斐犬のしつけやお手入れは?

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10