Thumbnail

犬は大豆を食べても大丈夫? 生・水煮・煎りの違いやアレルギーなど注意点を解説

豆腐や納豆、きな粉、豆乳など、私たちの食卓に欠かせない大豆。大豆は筋肉や血液をつくるためにも欠かせないタンパク質が豊富に入っている「畑の肉」としてお馴染みの食材です。節分の時期になると「愛犬が節分の豆を食べてしまった!」と焦る飼い主さんもいるかもしれませんが、犬は煎ったものを少量であれば食べても大丈夫です。今回は大豆の成分やアレルギー・中毒物質などの注意点を紹介します。