猫は雪が嫌い?嫌いな理由や霜焼け・凍傷などの注意点を解説

Share!

猫は寒さに弱い動物として知られていますが、インターネット上には猫が雪の中で遊ぶ動画などもあります。猫が雪の中に出たからといって、すぐに命に関わるようなことはありませんが、やはり注意が必要です。

猫は雪が好き?嫌い?

雪の中を歩く猫

猫は寒いのが苦手

筆者は猫を完全室内飼育しているため、雪の中に出したことはありませんが、室内であっても寒い場所が嫌いなのは確かです。

冬場の猫の大好きな場所といえば「ヒーターの前」と「こたつの中」が1番です。

猫は体が寒さに強くない造りになっているため、健康を考えても雪の中で過ごすことは良くありません

猫は濡れるのも苦手

雪は冷たいだけでなく、触れることで足や被毛が濡れてしまいます。

猫は濡れることも嫌う動物です。つまり、雪は猫が嫌いな要素がいっぱいのため、多くの猫は雪が苦手といえるでしょう。

雪が好きな猫もいる



多くの猫は雪は苦手ですが、なかには雪の中で遊ぶのが好きな子もいるようです。

映像に映っている猫はまだ若く、活発で雪が珍しいのでしょう。冷たいとか寒いとかいうことよりも、楽しく遊ぶことに夢中になっているようです。

猫が雪を嫌う理由

雪の中の猫

寒さに弱い体の造りをしている

雪で楽しく遊ぶ猫もいるようですが、大抵の猫は雪があまり好きではないでしょう。それは猫の生態に理由があります。

猫の祖先は「リビアヤマネコ」だとDNAの解析により判明しています。リビアヤマネコは中東からエジプトにかけての砂漠地帯に現在でも生息しています。

猫は祖先の代から温かい場所で生活し、体もそれに順応した造りになっています。そのため、猫は暑さには強く、寒さには弱い傾向があるのです。

猫の肉球は、犬よりも寒さに弱い

犬が雪の上を歩いたり、楽しそうにはしゃいだりするのに対し、猫が暖かい場所にいる理由は、それぞれの祖先の出身地だけが理由ではありません。

犬と猫とでは、肉球の表面の構造や血液の流れなどが、異なる構造をしていることが研究でわかっています。

犬は長時間、氷や雪の上を歩いたり走ったりしても平気な構造をしていますが、猫は氷や雪に長時間触れていると、体内の熱がどんどん冷えてしまうのです。

猫が雪を好む理由

雪の中にいる猫

猫は遊び好きで、新しいものに興味を持つという面も持っています。遊びに夢中になるあまり「ごはん」と呼んでも来ないこともあるくらい、子猫や若い猫は遊び好きです。

雪の冷たさは猫にとって苦手な部分ですが、普段目にしない珍しいもので感触も新鮮です。

フワフワと空から降ってくる様は猫がじゃれたくなる要素もありますね。そういう雪は猫にとっては楽しく遊べるものでもあるのでしょう。

寒さを苦痛に感じない間は、夢中になって遊んでしまう子もいるようです。

猫が雪で遊ぶ際のリスク

雪の中にいる猫

霜焼け・凍傷の恐れ

猫は寒さに強くないため、雪の中に長時間いると霜焼けや凍傷になる恐れがあります。

「霜焼け」「凍傷」とは寒さにより血行が悪くなり炎症を起こすことをいいます。寒さに弱いといっても、若く健康な成猫であれば多少の雪の中を歩いたからといって霜焼けになることはあまりありません。

しかし子猫や老猫などの体力がない子は要注意です。雪が積もっただけではなく、みぞれや雨などが混じることによってシャーベット状の雪の中を歩かざるを得ないときなどは、凍傷になってしまう恐れはあるでしょう。

霜焼け・凍傷の症状

猫の霜焼けの症状は人間の症状と似ています。赤く化膿したり水ぶくれができたりし、痛痒いです。

雪に直接触れる足や肉球だけではなく、耳や尻尾の先などは血行が悪い場所なので、凍傷になりやすいでしょう。

完全室内飼育をしていれば、どんなに悪天候だろうと凍傷になることはありませんが、外に出している場合は、猫の様子に気を付けましょう。

もし凍傷になったら炎症が化膿して重症化することもありますので、早急に動物病院へ連れて行きましょう。

猫は雪などの寒さに強い猫種もいる

雪の中を歩く猫

寒さが苦手だと思われがちな猫ですが、なかには寒さに強い猫種もいます。

「メインクーン」や「ノルウェージャンフォレストキャット」などの猫種は、長くボリュームのある被毛やふわふわなアンダーコートを持つため断熱効果があります。

また、防水性のある被毛を持っていることから中には水を好む子もいるようです。