飼いやすい猫の種類とは?一人暮らし向け、マンション向けなどタイプ別に紹介

Share!

「飼いやすい猫」といわれたら、人によって「なつきやすい猫」「大人しい猫」「抜け毛が少ない猫」とさまざまな基準があると思います。今回は新しく猫を飼おうと思っている人や2匹目を迎えたい人にもためになる「飼いやすい猫」といわれている猫種をタイプ別に紹介します!

飼いやすい猫は男の子?女の子?

白い子猫

一般的に「オス猫は甘えん坊でよく懐き、メス猫は少しツンデレな性格をしている」といわれていますが、メス猫でも飼い主さんに懐いている猫はたくさんいるため、懐きやすさに関しては「大きな差はない」といえます。

猫は自分の縄張りを確保するために、マーキングを行います。猫が爪とぎをしたり、鼻を飼い主さんにこすりつけたりする行動もマーキングの一部といわれています。

マーキングの一環としてオス猫はスプレーをします。ほとんどのオス猫は去勢手術をすればスプレーをしなくなりますが、中には去勢手術後もマーキングを行う猫もいます。

「掃除のしやすさ」の面ではメス猫の方が少し飼いやすいのかもしれません。


子猫と成猫、どちらが飼いやすい?

仰向けになる子猫

子猫から迎える場合と成猫から迎える場合には、それぞれにメリットとデメリットがあります

子猫を迎えるメリット

  • 警戒心が非常に薄いため、先住犬・猫がいてもすぐに仲良くなってくれる(先住犬・猫が子猫を受け入れてくれるかは別問題)
  • 飼い主さんが猫の成長する姿を楽しむことができる

子猫を迎えるデメリット

  • やんちゃで好奇心が強いため、どこにでも上ったり何でも食べたりする
  • いろんな場所に上がるため、家具の配置には気を配る必要がある
  • 目が離せないのでお留守番の時間が長い人には不向き
  • どんな性格をしているかは、成猫になるまで分からない

成猫を迎えるメリット

  • 猫の性格をある程度把握した上で家に迎えることができる
  • 子猫に比べて落ち着いているため、手がかからない

成猫を迎えるデメリット

  • 個体差はあるが、家や家族に慣れてくれるまでに時間がかかる
  • 先住犬・猫がいる場合、お互いが仲良くしてくれるかは分からない

抜け毛が少ない猫種

猫の毛の抜けやすさは基本的には「毛質」と「毛の長さ」によって決められています。

猫の毛質には「シングルコート」と「ダブルコート」の2種類があります。また、毛の長さは短毛と長毛があります。

抜け毛が少ないことで定評がある猫種は「アビシニアン」や「ブリティッシュショートヘア」などが挙げられます。


アビシニアン

アビシニアン

アビシニアンは別名「猫界のクレオパトラ」と呼ばれている、美しい容姿を持った猫です。


ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘア
Photo by kinaco__calicoさん Thanks!

ブリティッシュショートヘアは『不思議の国のアリス』に登場するチェシャ猫のモデルとしても知られています。ブリティッシュショートヘアは一般的な猫種に比べると、しっかりとした毛が高密度で生えていることが特徴です。


コミュニケーションが取りやすい猫種

猫とたくさん遊びたい方は「アメリカンショートヘア」をおすすめします。

アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘア
Photo by yuzukun_0302さん Thanks!

アメリカンショートヘアの先祖はネズミ捕りをする猫として活躍したこともあり、狩猟本能が強く、動く物を見付けると元気いっぱいに追いかけます。

フレンドリーな性格をしているので、小さな子どもとも仲良くしてくれます。


一人暮らし・初心者向きの猫種

一人暮らしをしている人は猫がお留守番をしている間に、何をしているのか把握することができません。そのため、仕事が終わって帰宅すると部屋をグチャグチャにされてしまったり、猫に家具をかじられてしまったりすることも。

極力そういったことを防ぎたい方々におすすめなのが、穏やかな性格をしている「ペルシャ猫」や「ラグドール」「スコティッシュフォールド」です。

また「ペルシャ猫」の血を引く猫種(エキゾチックショートヘア、ヒマラヤン、ミヌエットなど)も大人しい性格をしている子が多いです。

個体差はありますが純血種だけでなく、雑種猫でも長毛の毛を持つ子は大人しい性格をしている子が多い傾向にあります。

ペルシャ猫

ペルシャ猫
Photo by dowfa_mamaさん Thanks!

ペルシャ猫は豪華な毛並みが美しい猫種です。猫好きの人でも知らない人が多いのですが、チンチラ猫は猫種の名前ではなくて、ペルシャ猫の毛色の一種です。


ラグドール

ラグドール
Photo by lazuli_aqua_ragdollさん Thanks!

ラグドールはブルーの瞳とポイントカラー(顔の中心や尻尾などの末端部分の色が濃く、体の中央部は薄い色)が魅力的な猫種です。

ぬいぐるみのように大人しいことから、英語で「ぬいぐるみ」という意味の「ラグドール」という名前が付けられました。


スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド
Photo by gohanpantsubuさん Thanks!

スコティッシュフォールドは折れた耳が愛らしいことから、日本の人気の猫種ランキングでは上位にランクインしています。

ただし、耳が折れている理由は骨軟骨異形成症という病気を引き起こす遺伝子に起因しており、症状が将来に手や脚など耳以外の部分に発症する可能性もあります。


大きくなりにくい猫種

体があまり大きくならない猫種は「シンガプーラ」「マンチカン」「ミヌエット」などが挙げられます。ただし、犬と違って、猫は大きくなるといってもサイズに限度があります。

必要な餌の量が増えたり、スペースを取るようになるわけではないので、それほど気にしなくてもよいかもしれません。

シンガプーラ

シンガプーラ
Photo by eri_wakanaさん Thanks!

シンガプーラは体重が2〜3kgしかなく、現存する純血種の中で世界一小さいといわれている猫です。

シンガプーラの毛は、ティッキングといって1本の毛に少なくともの2種類の帯があり、根元が薄く先端が濃くなっていることが特徴的です。


マンチカン

マンチカン
Photo by hiromussyiさん Thanks!

マンチカンは「猫界のダックスフンド」とも呼ばれるほど、短い足でおなじみの猫種ですが、実は足の短いマンチカンは全体の2割〜3割程度だといわれています。

ほとんどのマンチカンは普通の猫と同じ足の長さをしているのです。


ミヌエット

ミヌエット
Photo by agu_gen.mamaさん Thanks!

ミヌエットはペルシャ猫とマンチカンの混合種です。以前は「ナポレオン」という名前でしたが「ナポレオン皇帝やフランス国民に失礼にあたるのでは?」という意見から2015年に改名されて「ミヌエット」になりました。


マンションでも飼いやすい猫種

マンションで猫を飼う場合はロシアンブルーがオススメです。別名「ボイスレスキャット」や「サイレントキャット」といわれていて、個体差はありますが一般的な猫に比べて声が小さく、あまり鳴かないのが特徴です。

ロシアンブルー

ロシアンブルー

ロシアンブルーはクールな見た目をしていますが、犬のように献身的な性格をしています。繊細な一面も持ち合わせているので来客が多い家にはあまり向きません。


「飼いやすい猫」は運命の猫です

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

猫の性格や特徴は猫によって異なります。

「大人しいと思っていたのに、とてもやんちゃな子だった!」「抜け毛の少ない猫種のはずだったのに、思ったより毛が抜ける!」などのように、暮らしているうちにイメージしていた猫の姿では無い一面も見えてきます。

そのため、猫を家族に迎える際は相性で決めることをおすすめします。

ペトコトの姉妹サイト保護犬保護猫マッチングサイト「OMUSUBI」では相性度が表示されますので、ぜひ相性の良い運命の猫ちゃんを探してみてくださいね!

OMUSUBIで保護犬猫を探す