猫が喜ぶ部屋づくりを♪ 高さや仕切りの工夫から賃貸の注意点まで解説

猫が喜ぶ部屋づくりを♪ 高さや仕切りの工夫から賃貸の注意点まで解説

愛猫がくつろいでいる姿を見るだけで心が癒やされますよね。最近では、猫の暮らしやすさを考慮した家を建てる人や猫のためにリフォームをする方もいますが、工事費をかけた大掛かりなものでなくても、また賃貸であっても飼い主さんの工夫次第で素敵な猫部屋をつくることは可能です。高い場所が好き、狭く暗い隠れ家があると安心するといった猫の習性から、猫が喜ぶ部屋づくりのポイントを解説します。

猫が暮らしやすい部屋とは

椅子に座る黒猫

高い場所があること

猫は高い場所を好む動物です。野生で生きていたときには木に登って獲物を待ち伏せしたり、木の上で食事をしたりしていました。猫は肉食獣とはいえ小柄で他の肉食獣から攻撃されやすい動物でもあるので、身を守るために高い場所は都合が良かったのです。人間と一緒に暮らすようになった現在でも、高い場所は猫にとって安心できる快適な場所でなのです。猫ちゃんが暮らすお部屋には高い場所をつくってあげるようにしましょう。


隠れられる場所がある

猫は狭くて暗い場所が好きです。暖かい場所でへそ天をしながら長く伸びてのんびりすることもありますが、狭くて暗い場所に入りたくなることも少なくありません。押し入れの中やソファーの下が好きという猫ちゃんも多いでしょう。

猫の適温が確保できる

完全室内飼育をする場合は、猫はお家の中から移動できませんね。そのため、猫がおうちの中でも快適に過ごせる温度を確保するようにしてあげましょう。猫は砂漠出身なので、寒さにはあまり強くないですし、現在の日本の夏は高温多湿なので多少暑さに強い猫でも熱中症になる危険があります。部屋にクーラーを設置してあげましょう。また、猫が自分で快適な居場所を選べるように、1室に閉じ込めることはやめてくださいね。


外の景色が眺められる

猫はお部屋の中から外の音景色を眺めることも大好きです。現在では猫の飼育は、事故や病気、虐待の予防のほか、ご近所に迷惑をかけないといった面からも完全室内飼育が推奨されます。完全室内飼育は猫の安全にメリットが大きいものの、外に興味を持つ猫も少なくないでしょう。外はおうちの中と違っていろいろな変化があり、それを眺めるのも猫の楽しみの一つです。


猫がいる部屋を分ける

猫

多頭飼育で猫の仲が悪い

猫を数匹飼っていて、猫同士の中が悪い場合はお部屋を分ける必要があるでしょう。仲が悪いのに無理に一緒の部屋に置くことはストレスになり、病気の原因になってしまう可能性もあります。部屋数が足りない場合は、部屋を分けるための仕切りを利用してもいいですね。


飼い主さんと寝る部屋を分ける

猫は朝方に活発になる習性があり、飼い主さんを起こしに着たり、運動会を開催したりします。朝にテンションが上がってしまう愛猫に起こされてしまい、寝不足になってしまうようなときには飼い主さんと猫ちゃんの寝る部屋を別にした方がいいでしょう。猫ちゃんには気持ちよく寝られるようにフカフカベッドなどを用意してあげてくださいね。


賃貸の場合の猫のための部屋

壁を守る

賃貸だと猫ちゃんに壁で爪とぎをされてしまうかもしれないことが気になる点ですね。壁に貼ることで傷防止ができる爪とぎ防止用のシートが販売されていますから、それを利用してみてください。また猫が爪とぎをしたくなる爪とぎを複数用意してあげることで、壁での爪とぎの頻度を減らすことができます。爪とぎの素材はいろいろありますが、筆者の経験では「段ボール」と「麻の巻いてあるキャットタワーの足」が人気です。


床を守る

賃貸住宅でフローリングの場合は特に床の傷が気になると思います。ダッシュをした際やドリフトをした際など、何もしていないと細い傷がついてしまいますし、滑る床は猫ちゃんの体にとっても良い環境とは言えません。床にはフロアマットを前面に敷くことで、猫ちゃんとの生活を快適に送れるでしょう。フロアマットは切ってお部屋の凹凸に合わせることも簡単にできますから、汚れや傷防止には効果的です。水などをこぼしても浸透しないように、厚手のものを購入されることをおすすめします。

猫が落ち着く部屋をつくろう

外を眺める猫

日向ぼっこができる・外が見える場所をつくってあげる

猫は日向ぼっこが大好き。筆者の愛猫たちは太陽の動きに合わせて窓から入ってくる日光の場所にわざわざ移動するほど好きです。そして、外を眺めることも好きです。日向ぼっこ&外が見える場所をつくってあげると、そこが猫のお気に入りの場所になるでしょう。

キャットタワーを窓際に置く

日向ぼっこ&外が見える場所は、キャットタワーを窓際に置くだけで簡単につくることができます。キャットタワーという高い場所から眺められる点も猫ちゃんにとってはポイントが高いでしょう


ケージを窓際に置く

ケージを使用されているときは、ケージを窓際に置いてもいいでしょう。猫ちゃんをお迎えしたときに使ったものがあれば、それを利用してもいいですね。ケージは猫を入れておくという目的以外に、トイレの置き場所や水のみ場、猫がお昼寝する場所としても使えます。そのためのケージは二段以上のものがいいでしょう。

筆者は二段ケージを窓際に置き、下段にはトイレ、上段には水入れを置いています。上の段では猫がよくお昼寝をしていますし、ケージの上に乗って外を眺めることもあります。猫がケージの上に登れるようにするには、ケージの上に厚手の布を被せる、猫ベッドを置くなどするといいです。

ケージの二段目にある水飲み場は、我が家の愛猫たちのお気に入りの水飲み場です。筆者が観測したところによると、猫は日当たりの良い場所でかつ高い場所にある水入れでよく水を飲むようです。猫ちゃんがあまり水を飲んでくれないとお悩みの方は、日当たりが良くて高い場所に水入れを置いてみてはいかがでしょうか。


隠れられる場所をつくる

ケージを利用

ケージに猫を閉じ込めることはしてはいけませんが、出入り自由の二段ケージは猫にはけっこう人気の場所です。二段目にふわふわの布を敷いてあげたり、猫ベッドを置いてあげたりすれば、猫が休みやすい場所になります。囲われているのでそれだけでも安心感があるのですが、さらにケージに布をかけて薄暗い空間にしてあげると、より猫ちゃんが好む場所になります。


棚を利用

棚を利用して猫が隠れられる場所をつくってあげましょう。猫の隠れ場所をつくる目的であれば、棚はコーナーに設置するといいです。コーナーに設置すると、背面と側面の一方が塞がれていますし、さらに中段であれば天井もありますから囲われた感が満載ですね。さらにその中段の前面には布を取り付けてあげると、薄暗くて囲われた感がバッチリの隠れ場所ができます。簡単にできる隠れ家ですが猫には人気の場所です。

家具の配置次第でアスレチック猫部屋

キャットタワーに登る猫

猫は高い場所が好きですが、高い場所でまったりするだけでなく、高い場所を移動して歩くことも好みます。高い場所を歩くことができるようにするものとしてはキャットウォークを思いつきますが、壁にキャットウォークを設置するのが難しい場合もあるでしょう。家具のレイアウト次第で、猫が下に降りずに高い場所を移動できるアスレチックのような猫部屋をつくることができますよ。

筆者は、ソファー、140cm程度の棚、180cmくらいの本棚を順に並べることによって猫が高い場所を移動できるようにしています。一番高い本棚の反対側にも同じような高さで順に家具を並べておくと、上り下りを楽しみながら部屋を半周できる配置になっています。


猫部屋をつくる際にやってはいけないこと

猫グッズを全部一箇所に集めておくことはやめましょう。キャットタワーや猫トイレ、水飲み場、食事の場所が全て一箇所にまとめられていることがあります。

そうしたくなる気持ちも分からないではありませんが、特にトイレと水飲み場や食事の場所を一緒の場所にするのはおすすめできません。猫はとてもきれい好きな動物ですから、トイレのそばでご飯を食べたり、水を飲んだりするのは好きではないのです。粗相の原因になったり、水を飲まないことによって病気の原因にもなったりしてしまう可能性があります。

人間もトイレのそばでものを食べたり飲んだりはしたくありませんね。猫が食べたり飲んだりする場所や猫ベッドなどはトイレから少し離して置くようにしましょう。棚を利用して一番下段に猫トイレ、中段には猫用品などを置き、上段に猫ベッドを置くようにするとあまり広くない場所でも空間を利用して適度な距離をとって猫グッズを配置することができますよ。



快適な猫部屋にオススメの猫グッズ

猫用ドア

猫に快適なお部屋をつくったとしても、猫を1部屋に閉じ込めるのはやめましょう。アレルギーなどの問題がない限り、猫がおうちの中を自由に移動できるようにしてあげてください。ドアを開けっ放しにしたくないときは、猫専用のドアをつけるという方法もあります。

Aedo ペットドア
Amazonで見る

猫が隠れられる猫ベッド

猫ベッドには天井がついていないオープン型と猫が潜り込めるような形状になっているものがあります。お部屋の中に猫が隠れられる場所があまりないときは、潜り込めるような猫ベッドをそろえてあげると猫ちゃんの安心感が増すでしょう。

Dopet 猫ベッド
Dopet 猫ベッド
Amazonで見る

猫部屋つくりは楽しい♪

ご紹介してきたとおり、リフォームをしたり大金をかけたりしなくても猫が快適に暮らせるお部屋をつくることは可能です。猫が暮らしやすい部屋をつくると猫ののんびりした様子を思う存分眺めることができて、飼い主さんの心の癒やしになります。猫に快適なお部屋をつくることは、飼い主さんにとっても快適なお部屋をつくるということになりますね。

筆者は猫が暮らしやすい部屋にするにはどうすればいいか考えたり、工夫をしたりすることは大変楽しいと感じます。この記事を参考に、愛猫家の皆さんが猫部屋つくりを楽しんでいただければ幸いです。

ペット可賃貸をSUUMOで探す

マイホームをSUUMOで探す

Share!