猫はケーキを食べても大丈夫?注意点や人気の猫用ケーキを栄養管理士が解説

猫はケーキを食べても大丈夫?注意点や人気の猫用ケーキを栄養管理士が解説

Share!

猫に人間用のケーキを与えてはいけませんが、猫用のケーキなら食べても大丈夫です。人間用を食べてはいけない理由や食べてしまった際の対処法、オススメの猫用ケーキやそれを与えていい量・与える際の注意点まで、ペット栄養管理士が解説します。

猫に人間用のケーキを与えるのはNG

ケーキ

猫に人間用のケーキを与えてはいけません。人間用のケーキは猫にとって過剰な脂質や糖質を多く含むためです。猫が食べると肥満や膵炎など病気の原因になってしまう可能性があります。また、猫が食べてはいけない食材が含まれている可能性にも注意が必要です。

猫が食べてはいけない食材 ぶどう(レーズン)、いちじく、チョコレートナッツ類牛乳アルコールなど


猫がケーキを食べてしまった際の対処法

猫に人間用のケーキを与えるべきではありませんが、食べてはいけない食材が入っていない限り、直ちに体に悪影響を与えることはないでしょう。万が一、食べてはいけない食材が入っていた場合は、何をどれだけ食べたか確認して動物病院に相談してください。緊急性が高い可能性もあります。

食べてはいけない食材が入っていなかったとしても、アレルギーや消化不良に注意してください。猫のアレルギーは皮膚症状が出やすく、顔や首周り、お腹、足などに赤み・痒みが出る可能性があります。気になる症状がある場合は動物病院に相談してください。

アレルギーによって下痢になる可能性もありますが、人間用のケーキは猫にとっては脂質が多く、食べ慣れない食材によってもお腹を壊す可能性があります。一時的に緩くなる程度であれば様子見をしても大丈夫ですが、嘔吐をしたり下痢が続いたり、元気が無いなどの症状が見られる場合は動物病院へ行くようにしてください。


猫は猫用のケーキなら食べても大丈夫

猫用 記念日 誕生日ケーキ (プレート付)

猫用ケーキは、猫が食べても大丈夫な食材だけで使られていますし、栄養も猫が食べるのに適した成分になっています。しかし猫用であっても食べ過ぎれば肥満の原因になりますし、糖尿病のリスクも高くなります。用ケーキを与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしましょう。

猫には猫用ケーキを

ケーキ

猫と一緒に記念日をケーキでお祝いしたいという飼い主さんにおすすめなのが、猫専用のケーキです。購入しても良いですが、スポンジの代わりにお肉で土台を作ったり、生クリームの代わりに豆乳ホイップでデコレーションしたりして、手作りするのもおすすめです。


ニャンコケーキ ねこ用

愛猫も人も一緒に食べられる薄味のヘルシーケーキ。 クッキープレートはこしあんと米粉で焼き上げたクッキーが使用されています。

cake.jpで見る


ペット用お米ケーキ

神山鶏を使用したミートローフor須崎漁港直送の白身魚を使用したフィッシュローフを土台に、お米や旬の有機野菜をバランスよく使用した食いつき抜群のお食事ケーキです。

cake.jpで見る


ねこ用バースデーケーキ

プレートに飼い主さんが記入できる転写シート付きです。

楽天市場で見る


ニャンコ写真ケーキ

飼い主さんも一緒に食べられるペット用ケーキです。

cake.jpで見る



特別なときには猫用ケーキを準備しましょう

ケーキ

猫がケーキを少量食べてしまっても、アレルギーや猫にとって害のある食材が使われていなければ、緊急性の高い問題が起こることは少ないといえます。しかし少量でも継続して食べ続けることで、猫に与える影響は大きくなるものです。

猫にとって、ケーキは生きる上で必要な食べ物ではありません。誕生日や記念日などのイベントで猫とケーキを楽しみたいときは、猫用のケーキを準備してあげてくださいね。