サモエドの飼い方!性格や寿命、しつけ・かかりやすい病気などをトレーナーが解説

Share!

サモエドは純白の毛と口角が上がっている顔「サモエドスマイル」で有名です。そんな可愛らしいサモエドの歴史や性格、寿命といった基礎知識から大きさなどの特徴、かかりやすい病気をドッグトレーナーの長根が紹介します。

サモエドの基礎知識

サモエド

英語表記 Samoyed
原産国 ロシア
サイズ 中型
体高 50~56cm
体重 16~30kg
寿命 10~13年

ロシア北部およびシベリアが原産地で、英語で「Samoyed」と表記します。

シベリアンスピッツとも呼ばれ、典型的なスピッツ系の体型をしています。スピッツとはドイツ語で「鋭利な、尖った」という意味を表します。

「サモエド」と「日本スピッツ」の違い

スピッツとは口先が尖り、耳が立っているタイプの犬種のことを指し、一般的にスピッツといわれる場合には、ジャーマンスピッツのことを指します。

柴犬など日本犬種やシベリアンハスキーなどはスピッツ系の犬種に含まれます。サモエドも、尖った口先と立ち耳という特徴から、シベリアンスピッツとも呼ばれています。

日本スピッツは1920年頃に国内に入ってきた祖先犬が、国内で独自に繁殖し確立された犬種です。

正確にはわかっていませんが、ジャーマンスピッツやイタリアンスピッツを基礎として、サモエドとの交配を経て現在に至ったとされています。

サモエド×日本スピッツの交配犬

サモエド×スピッツの交配犬
Photo by yuki1014loveさん Thanks!
飼い主さんのコメント

サモエドは穏やかで優しい性格の犬ですが、愛犬ゆきはスピッツが入っているせいか、ゆきの元々の性格かは分かりませんが、少し臆病・好奇心旺盛で興奮するとあまり言うことを聞きません。

普段は穏やかで芸もごはんの為なら色々やってくれます。お散歩大好きで基本無駄吠えは少ないです。抜ける毛は半端ないので覚悟して迎える必要があります。(yuki1014loveさん)


サモエドの歴史

おすわりするサモエド

サモエドという名前はシベリアのサモエド族に由来しています。

トナカイの群れと暮らすシベリア族との移動生活の中で、猟犬やそり犬、そして時には人と共に寝ることもあり、暖房代わりに用いられました。

長い間ほかの犬種やオオカミとの交雑もなかったため、数多い犬の中でも特に原始犬に近いといえます。

サモエドの性格や特徴

そりをひくサモエド

サモエドの特徴

上品な白い毛を持つ中型犬で、力強い印象を与えます。シベリアで暮らしていたため豊富な体毛を持ち、暖房代わりに用いられていたこともあって、優れた耐寒性を持っています。

また、直立の耳や首の美しいアーチからは威厳や自信を、上向きな口角は可愛らしさが伝わってきます。

サモエドの性格

サモエドは、長い間人間と共に暮らしてきたため、非常に友好的で開放的な性格をしています。そのため、攻撃的な面はほとんどありません。

しかし、元気がいいため、遊びがエスカレートする性格の子もいます。

サモエドスマイル

サモエドスマイルをするサモエド
サモエドスマイル

サモエドの長いマズルから伸びる上向きな口角は「サモエドスマイル」としてテレビにも取り上げられています。

白くモフモフな姿に加えて、この生き生きとした笑顔は人々に癒やしを与えてくれます。

サモエドの毛色

サモエドの毛色は「ホワイト」か「クリーム」が一般的な毛色です。

ホワイトの地「ビスケット(薄黄色)」のマーキングがある種類もいます。もともとはブラック(黒)やブラウンなどの毛をもつ種類もいました。

18世紀後半、イギリスの動物学者であるアーネスト・キルバーン・スコット氏は、ブラウンや白のサモエドを連れて帰りましたが、白い犬が好まれたため白いサモエドばかりが改良されていきました。

これが今のサモエドのスタンダードになっています。

ホワイト

ホワイトのサモエド

ビスケット

ビスケットのサモエド

サモエドの育て方

女性とサモエドの子犬

シベリアという厳しい寒さの中暮らしていたため、高温多湿な日本では夏場の空調管理が大切になります。

また、甘えん坊な性格なので、室内で家族と一緒に過ごすことが理想的です。

サモエドのお手入れ・散歩

毛量が多いうえに長く抜けやすいため、毎日のブラッシングが必要不可欠です。ブラッシングを怠ると、皮膚病の原因となる恐れがあります。

また、非常に体力があるため散歩をしっかりすることが大切です。30分以上の散歩を1日2回行うことが理想的です。


サモエドのしつけ

強靭な体を持つサモエドは、散歩でリードを引っ張る力も相当なものです。

飼い主がコントロールできるように、基本的な「おすわり」や「伏せ」「待て」に加えて「リーダーウォーク(犬が飼い主に寄り添うように歩くこと)」を教えましょう


サモエドの飼い主さんの声

sarakobayashi.0509さん

サモエド
Photo by sarakobayashi.0509さん Thanks!
飼い主さんのコメント

性格はとてもおとなしく優しい犬種です。気をつけることと言えば、体重管理を徹底することです。

ウチの子は体重が重いので減量中です。最大の注意点は熱中症です。この犬種は暑さにとても弱く、気温20度を超えると熱中症のリスクが高まります。(sarakobayashi.0509さん)


samoyed_rei.mitchyさん

サモエド
Photo by samoyed_rei.mitchyさん Thanks!
飼い主さんのコメント

サモエドはふわふわでとても可愛いです!人間好きで、犬好き。いたずらも好きです。番犬には絶対になりません。

冬場は雪遊び、夏は 家の涼しい部屋の中で過ごしています。抜け毛は一年中なので、ブラッシングはかかせません。

オーバーコートは弾くので、泥遊びしてもサモエドマジックといって、いつのまにか綺麗になってます。寂しがりやなので家族と一緒にいる事が大好きなワンちゃんです!(samoyed_rei.mitchyさん)


サモエドのかかりやすい病気

走るサモエド

毛が長いので、非常に皮膚が蒸れやすいです。かゆそうにしていたり、脱毛が見られたりしたら「皮膚炎」が疑われます。

ほかには、光を感知する網膜が正常に働かなくなる遺伝性の病気「進行性網膜萎縮」や関節に関わる「股関節形成不全」や「関節炎」「胃捻転」などが要注意です。

サモエドの迎え方

サモエドの子犬

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

月齢や血統、ペットショップによって大きく異なりますが、一般的な価格の相場は30~40万円ほどです。

サモエドスマイルで家族全員が笑顔に!

笑顔のサモエド

サモエドスマイルとして知られる生まれ持った愛らしさに、家族全員も思わず笑顔になってしまいます。

元気いっぱいなサモエドと、ドッグランへ行って犬と家族の絆をより一層深いものにしてみてはいかがでしょうか?


参考文献