愛犬と海へ行くときの注意点や関東・関西のおすすめ海水浴スポットを紹介

Share!

愛犬との夏の遊びとしても人気な海水浴。しかし、真夏の海は熱中症や、海水の飲み過ぎや誤飲による下痢、皮膚炎など、犬にとって注意すべきことがたくさんあります。本稿では、海辺の散歩や泳ぐ際の注意点、関東・関西のビーチ、宿、便利な簡易シャワーなどおすすめグッズを紹介します。

愛犬を海水浴場に連れて行っても良いの?

犬が海で遊ぶ様子
Photo by @micainuさん Thanks!

砂浜を散歩するだけでも犬の足腰を鍛えるのに効果的な海。犬を連れて行ける海水浴場は増えてきているものの、禁止としている所もまだたくさんあります。

中には、海開き後はペット禁止としている場所や、時間帯によって異なる場合、砂浜はOKでも海に入れるのは禁止など場所によって条件は違います。

トラブルが起きないよう、海水浴に行く時は事前にペット同伴が可能かどうか、条件は何かなどを確認してから行きましょう。

また、海には小さい子どもを連れた家族もいます。怪我をしない・させないためにも、お互いが気持ちよく、楽しく過ごせるよう最低限のルールとマナーは守りましょう。

愛犬と海へ行くときの注意点とマナー

波に向かう犬

愛犬と海辺でお散歩をしたり、泳がせてあげたりと一緒に楽しめる海ですが、注意点もたくさんあります。事前によく理解して対策をしてから行きましょう。

熱中症に注意!

特に夏の海辺は日差しが砂浜に反射し、かなり熱くなっています。体高の低い犬にとっては暑すぎる環境となり、熱中症や脱水症状になりやすいです。特にフレブルなどの短頭種や肥満気味の子は注意が必要です。

また、砂浜は日中かなり熱くなってしまうので、肉球にやけどを負ってしまう恐れがあります。

夏に犬と海に遊びに行く時は早朝か夕方にし、遊び始める前に手の甲で砂浜の熱さを確認しましょう。

海で休む犬

汗腺が肉球にしかない犬は人間のように汗をかいて体温を調整することができず、パンティング(ハッハッと浅く早く呼吸をすること)での体温調整では夏の暑さに追いつきません。

水に濡らすとひんやりとする犬用のベストやバンダナは、体温調整を助け紫外線からも守ってくれます。長毛の犬や、サマーカットによって紫外線の影響を受けやすい場合は着せてあげると良いでしょう。


溺れないように注意!

すべての犬が上手に犬かきができるわけではないのです。たとえ水が得意なラブラドールレトリーバーやプードルといった犬種であっても、初めての場合には海を怖がることもあります。

また、泳ぎが苦手なワンちゃんだけでなく、泳ぎが得意なワンちゃんでも泳いでいる最中に疲れてしまったり、突然の波に飲まれてしまったりする可能性があります。海水浴場で遊ばせる場合には犬用のライフジャケットを着用させることをおすすめします。

ライフジャケットにもいろいろなタイプがあるので、愛犬のサイズにしっかり合ったものを準備しておくと良いでしょう。ペット同伴を歓迎している場所ではライフジャケットのレンタルを行っている所もあります。

海水の飲みすぎに注意!

海で泳いでいる時に海水を飲んでしまう犬もいます。海水を飲みすぎると下痢になってしまう恐れもあるので、こまめに海から出して水分補給をさせてあげましょう。

拾い食い・誤飲に注意!

砂浜にはたくさんのゴミが落ちている場合があります。砂ももちろん誤飲してしまうと消化によくありません。特に夏の間は海水浴場などで屋台やお店も並んでいるため、食べ物の匂いがするゴミも多いです。

匂いにつられて食べ物の串のゴミを飲み込んでしまう恐れがあります。誤飲は最悪、呼吸困難や手術が必要な状況を作り出してしまうので、十分に気をつけて散歩するようにしましょう。

また、おもちゃの破損や、破損した欠片を誤飲してしまう可能性もあるため、愛犬から目を離さないようにしましょう。


リードは外さない

ペット同伴を可能にしている海水浴場でも、リード装着を義務にしているところが多いようです。ルールがある場所ではしっかりと守るようにしましょう。

特に決まりがない場所でも、海に日常的に行かないワンちゃんは興奮して予想外の行動をする可能性があります。呼び戻しが確実にできることが大前提ですが、決まりがないからとすぐにリードを外すことはせず、愛犬が落ち着いてから判断しましょう。

ロングリードなどを使うと犬も走り回ることができ、いざという時には飼い主さんも安全管理を行うことができますが、絡まってしまったり、人の迷惑になることもあるので、基本的には人のいる場所では制限できるリードで遊ぶようにしましょう。

排泄物は放置しない

海水浴場は裸足で歩いたり、水着で泳いだりします。そのような所に犬のうんちなどが落ちていたら、誰だって不快な気分になりますよね。

普段のお散歩の時と同じように、うんち袋とペットボトルを持って行くようにしましょう。うんちは持ち帰り、おしっこはペットボトルの水で薄めると、マナーを守る姿に他のお客さんも安心してくれます。

愛犬と海で遊んだ後のケアを怠ると皮膚炎に

海で遊ぶ犬

海水や砂が皮膚に付着したままだと皮膚炎になってしまう可能性があります。泳いだ後は犬を洗える場所があれば、そこで念入りに洗い海水を落としてあげてください。犬を洗える場所がない場合は濡らしたタオルで体を拭き、家に帰ったらよく洗いましょう。

また、砂浜や慣れない岩場で肉球をやけど、ケガしている場合もあります。きちんと肉球の確認をし、必要な場合には肉球クリームを使って保湿してあげましょう。

関東・関西の犬と行ける海水浴場

海で遊ぶ犬と人

※掲載情報は、掲載時の独自調査に基づいています。すでに状況が変わっている場合や、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として臨時措置を行っている場合もございます。情報更新が必要な場合は、こちらの窓口までご一報いただけますと幸いです。

関東地方の犬と行ける海


関西地方の犬と行ける海


愛犬と海に行くときのおすすめグッズ

ライフジャケット

海で泳ぐ際はライフジャケットは必ず着用しましょう。また、紫外線対策にラッシュガードを着せてあげることも良いでしょう。



ドッグコット

ドッグコット

リード

ペトコト代表の大久保も愛犬コルクとのアウトドアのお出かけに愛用しているWOLFGANG MAN & BEASTのリード。車のシートベルトと同じ素材で作られていて伸縮性があり、撥水性もあるため、SUPやリバーウォークなどにもおすすめです。手に馴染む感触は一度持つと病みつきになること間違いなしです。



ロングリード

リードを外してはいけないというルールの海水浴場は多いので、長めのリードを持参すると遊びやすいかもしれません。ただし、迷惑にならないことが前提ですので、周りに人がいる場合にはロングリードでも短く持つなど心がけるようにしましょう。



水辺で遊べるおもちゃ

おもちゃ好きなワンちゃんであれば、水辺で遊べるおもちゃを持って行くのも良いでしょう。



背負えるキャリーバッグ

移動するときにとても便利なバッグは、人が密集している場所などでも活躍します。下段に収納スペースがあるこのバッグは、地面からの熱が伝わりにくいのでおすすめです。また、再度はメッシュ生地になっているため通気性も抜群。ただし、バッグの中ということに変わりはないため、長時間バッグに入れたままにするのは熱中症や脱水症状のリスクがあるため保冷剤を入れたり、こまめに愛犬の様子を確認しながら使用してください。



マナーベルト

ペット同伴可の海水浴場の近くでは、ドッグカフェなどがある所もあります。海でひと泳ぎした後はのんびりタイムもいいですね。そんな時にマナーベルトがあると店内での粗相を気にする必要がなくなります。



簡易シャワー

海水浴場で泳いだ後は犬も真水で洗う必要があるため、簡易シャワーがあると便利です。



やけど予防の靴

砂浜は熱くなりやすいです。基本的には早朝や夕方であれば大丈夫ですが、砂浜の様子を見て犬用の靴下などを履かせてあげるとやけど予防になります。



トイレグッズ

海水浴場に遊びに行くような時は、捨てる場所がすぐに見つからないかもしれないので、消臭効果の高いうんち袋を持って行くことをおすすめします。



タオル

犬と遊んだ後は人用も犬用も必要です。人用には見栄えも良いラウンドビーチタオルがおすすめです。



愛犬には吸水性の高いタオルを選ぶと良いでしょう。



まとめ

犬と海で遊ぶ
Photo by @micainuさん Thanks!
犬にとって海はストレス解消だけでなく足腰を鍛えるのにも効果的
海水浴に行くときはペット同伴が可能か事前に確認しましょう
うんち袋やお水などマナーグッズは忘れずに持参しましょう
熱中症、脱水症状、肉球のやけどに注意
犬と海で遊ぶなら早朝か夕方がおすすめ
犬を海で泳がせる際はライフジャケットを必ず着用しましょう
夏の海水浴は楽しいものですが、ケガや熱中症など注意が必要です。犬にとっても楽しい思い出になるかは飼い主さん次第。事前準備をしっかりし、素敵な夏の思い出を作りましょう!