四国犬の飼い方|種類や性格・寿命・しつけ・かかりやすい病気を解説

Share!

四国犬は、天然記念物に登録されている貴重な犬種です。かわいらしさの中にも威厳とかっこよさが見られ、知れば知るほどその魅力に引き込まれます。その見た目はニホンオオカミと間違われて騒ぎになったことがあるほど野生的で、気迫さえ感じる存在感があります。今回はそんな四国犬について解説していきます。

四国犬の歴史と基礎知識

四国犬は別名高知犬と呼ばれ、高知県に紀元前からいたヤマイヌが由来で、イノシシ猟での猟犬として飼育されていました。現在でも、その能力を絶えさせないために猟のための訓練をする愛好家がいます。かつては四国犬の中でも原産地ごとに三種類の系統がありましたが、最も僻地にあった本川と呼ばれる地域でのみ、純血種が残りました。

犬種の歴史の大部分を野犬として生きてきたため、ペット用に品種改良が行われた犬種とは大きく異なる性質を持ちます。そのため初心者にはとても飼育が難しい犬種です。

凛々しい佇まいの四国犬
Photo by stellar.collisionさん Thanks!

四国犬の大きさと寿命

体高46〜55cm、体重15〜20kg程度の中型犬です。平均寿命は10〜12年とされています。


四国犬と土佐犬

四国犬はかつて「土佐犬」という名前で天然記念物に指定されていました。今でも四国犬を土佐犬と呼ぶ人も少数ながらいますし間違いではありませんが、現在一般的に土佐犬と呼ばれる犬種は四国犬ではありません。「土佐闘犬」を正式名称に持つ大型犬のことを指すことが多いです。このような背景から、容姿は全く似ていない犬種にもかかわらず、四国犬と土佐闘犬は混同されることがあるようです。



四国犬の性格

警戒心が高く、周囲の変化に敏感に反応します。飼い主にとても従順なので、他人が近づいてきたときには持ち前の警戒心から飼い主を守ろうとします。他人には気を許しにくい性格といえます。興奮しやすいタイプではありませんが、相手が犬の場合は闘争心を見せることがあるため、しっかりと行動をコントロールするためのしつけが必要です。

四国犬の被毛について

短毛のダブルコートで、オーバーコートはまっすぐとした硬めの毛質です。毛色は胡麻、赤、黒褐色などを基調とし、胸や顔に白い模様が入ることが多いです。

笑顔な四国犬
Photo by kuma_kiyomi_keikoさん Thanks!

四国犬の育て方

四国犬は体力があるため、1回1時間以上の散歩に1日2回行けると理想的です。運動不足にならないように緩急をつけた運動を取り入れるとストレスが溜まりにくいですが、ドッグランなどほかの犬がたくさんいる場所に馴染みやすい性格ではないため、場所選びへの工夫が必要になってきます。

四国犬のしつけ方

賢く従順なので、飼い主の言ったことはすぐに覚えます。しかし、賢いあまりにまだ信頼関係を築けていない飼い主を試すこともあるため、飼い主としての自覚を持って向き合う必要があります。また先住犬などと一緒に住む場合には、子犬の頃から社会性を身につけた四国犬でないと難しいかもしれません。他の犬に心を開かない場合は、四国犬の性質が原因であることもあります。成犬になったあとのしつけでは難しいこともありますので、飼育環境に気を配るなどの工夫をしてみてください。



四国犬のお手入れケア

四国犬は比較的抜け毛の多い犬種です。アンダーコートまでしっかりとブラッシングできるタイプのコームなどを使い、定期的に被毛ケアをしてあげましょう。他人の家や公共交通機関を利用する際には、洋服などで毛が飛び散るのを防ぎましょう。



四国犬のかかりやすい病気

日本犬に多くみられるアレルギー性皮膚炎は、四国犬も例外ではなく発症例の多い疾患です。ブラッシングや食事の工夫で可能性を最小限にとどめ、定期検診で獣医さんに診てもらうようにすると安心です。また、若い頃に原因不明の神経痛を発症することがあります。自然治癒することが多いですが、異変が見られた際には早めに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

また、認知症も発症しやすいので、獣医師に相談のうえ早めに対策をしましょう。

ブリーダーから迎え方

四国犬の迎え方でもっとも一般的な方法です。ブリーダーとコンタクトを取り、両親の情報や兄弟との生活の様子などを詳しく聞いてから迎えると、一緒に暮らし始めたあとのギャップが最小限に抑えられます。

ペットショップから迎える

四国犬は天然記念物に指定されるほど稀少な犬種なので、ショップで出会える確率は低いです。もしペットショップで売られていたとしても、繁殖業者の顔が見えないことなどもあり他の迎え方と比べて信憑性に欠ける点もあります。子犬が小さすぎたりぐったりとしている場合は、倫理的な繁殖が行われなかった可能性を疑うなど、判断力が必要になってきます。

保護犬から迎える

新しく犬を家族に迎えるこを検討している方は、保護犬の募集サイトや譲渡会を訪れてみてはいかがでしょうか。個性豊かな雑種を含めた様々な犬種と出会うことができます。また、ペットショップではあまり出会えない成犬も多いので、子犬の姿だけをみて将来どれほどの大きさに成長するか想像がつかない方はギャップが少ない成犬を迎えることをおすすめします。

天然記念物に登録されている四国犬

その貴重な種が絶えないように、天然記念物として守られている四国犬。日本犬らしい特徴を色濃く残しています。誰もが簡単に飼える犬種ではありませんが、犬と人間の本来あるべき関係を教えてくれる貴重な犬種の一つです。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参照:JKC