ドゴアルヘンティーノの飼い方!性格や寿命、かかりやすい病気などを解説

ドゴアルヘンティーノの飼い方!性格や寿命、かかりやすい病気などを解説

Share!

アルゼンチン生まれの「ドゴアルヘンティーノ」は、「ドゴ」という愛称で呼ばれ、世界中にファンのいる犬種です。今回は、ドゴアルヘンティーノの性格や歴史、しつけなどを紹介します。

ドゴアルヘンティーノの歴史と基礎知識

ドゴアルヘンティーノ

英語表記 Dogo Argentino
原産国 アルゼンチン
サイズ 大型犬
体高 男の子:62〜68cm
女の子:60~65cm
体重 36〜45kg前後
寿命 9~15歳

ドゴアルヘンティーノは、英語(スペイン語)で表記すると「Dogo Argentino」。スペイン語で「アルゼンチンのブルドッグ」という意味の犬種です。

ドゴアルヘンティーノの歴史

名医として有名だったノーレス・マルティネス博士(Dr. Antonio Nores Martinez)の長年の研究によりアルゼンチンで生まれました。

当初は闘犬としてマスティフ、ブルドッグ、ブルテリアを掛け合わせて生み出されたドゴアルヘンティーノですが、狩りが趣味だったマルティネス博士の狩猟の旅に同行した際に見せた優れた狩猟スキルから、狩猟犬として扱われるようになりました。

1973年にはアルゼンチン初の犬種としてFCI(国際畜犬連盟)に登録されています。

ドゴアルヘンティーノの大きさと寿命

ドゴアルヘンティーノの体高はオスが62〜68cm、メスが60~65cmほどで、体重はおよそ36〜45kgになります。寿命は9〜15年ほどといわれています。


ドゴアルヘンティーノの被毛

ドゴアルヘンティーノ

ドゴアルヘンティーノの被毛は1〜2cmほどと短く、住んでいる地域の気温により密集度が変わります

毛色は白一色で、ドッグショーでは真っ白な方が好まれますが、目の付近に黒いパッチがあるドゴアルヘンティーノもいます。

ドゴアルヘンティーノの性格

ドゴアルヘンティーノは、フレンドリーで陽気、そして謙虚な面も持ち合わせた犬種です。

見た目で凶暴な犬だと思われがちですが、吠えたり攻撃的になったりすることはめったにありません。

ドゴアルヘンティーノの育て方

ドゴアルヘンティーノは大きく、エネルギーに溢れる犬です。

1日数回のお散歩はもちろん、週末やまとまった休みにはハイキングやキャンプなど積極的に外に連れ出してあげましょう。

フリスビーやアジリティーの特訓をしたり、プールや川で泳がせたり、エネルギーを発散できる運動を見つけてあげるのも大事です。


ドゴアルヘンティーノのしつけ方

基本的には静かで穏やかな性格といわれるドゴアルヘンティーノですが、もちろんしつけ方によっては攻撃的になることもあります。

体が大きいだけでなく、力強い犬種のため、攻撃的になったとき、事故につながることも。

思わぬトラブルを避けるためにも、子犬の頃からしつけ教室やドッグトレーナーのもとで訓練を受けさせることをオススメします。特に男の子の場合、縄張り争いの喧嘩に注意が必要です。

ドゴアルヘンティーノのお手入れケア

ドゴアルヘンティーノはあまり毛の抜けない犬種ですが、毛並みや肌から健康状態を把握する意味でもブラッシングは必要です。

また、被毛を清潔に保つため、定期的にシャンプーをしましょう。

成犬になって苦労しないよう「爪切り」「耳掃除」「歯磨き」は小さな頃から習慣にすることをオススメします。


ドゴアルヘンティーノのかかりやすい病気

ドゴアルヘンティーノ

ドゴアルヘンティーノは、遺伝性の病気が少ない健康な犬種であるといわれています。

アメリカのドゴアルヘンティーノクラブでは「BAER検査(聴性脳幹誘発反応検査)」と呼ばれる聴力の検査を定期的に受けさせることを推奨しています。

ドゴアルヘンティーノに似ている犬種

ドゴアルヘンティーノは「アメリカンスタッフォードシャーテリア」「スタッフォードシャーブルテリア」など、いわゆる「ピットブル」と呼ばれる犬種によく似ています。

アメリカンスタッフォードシャーテリア

アメリカンスタッフォードシャーテリア

ドゴアルヘンティーノとアメリカンスタッフォードシャーテリア、スタッフォードシャーブルテリアとの一番の違いは大きさです。

成長すると体高が60~68cmほどになるドゴアルヘンティーノですが、アメリカンスタッフォードシャーテリア、スタッフォードシャーブルテリアはどちらも50cm未満と、ドゴアルヘンティーノと比べると小さめです。

アメリカンスタッフォードシャーテリアとスタッフォードシャーブルテリアにはいろいろな毛色がありますが、ドゴアルヘンティーノとして認められる犬種は白い毛色のみとされています。


ドゴアルヘンティーノの迎え方

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば、信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップを訪れてドゴアルヘンティーノに偶然出会える確率はとても低いです。ドゴアルヘンティーノをペットショップから迎えるには、まずいるかどうかどうか確認しましょう。

ドゴアルヘンティーノとアクティブな毎日を

心の優しい大きなドゴアルヘンティーノ。

海に山に、いろいろな場所へ一緒にお出かけしてたくさんの思い出が作れそうですね。


参考文献