ドゴアルヘンティーノの飼い方|「アルゼンチンのブルドッグ」の性格や毛色を紹介

ドゴアルヘンティーノの飼い方|「アルゼンチンのブルドッグ」の性格や毛色を紹介

アルゼンチン生まれの「ドゴアルヘンティーノ」は、「ドゴ」という愛称で呼ばれ、世界にファンがたくさんいる人気の犬種です。ドゴの歴史や性格から魅力、しつけ方などを紹介します。

ドゴアルヘンティーノの歴史と基礎知識

ドゴアルヘンティーノ

ドゴアルヘンティーノは、英語(スペイン語)で表記すると「Dogo Argentino」。スペイン語で「アルゼンチンのブルドッグ」という意味の犬種です。名医として有名だったノーレス・マルティネス博士(Dr. Antonio Nores Martinez)の長年の研究によりアルゼンチンで生まれました。

当初は闘犬としてマスティフブルドッグブルテリアを掛け合わせて生み出されたドゴアルヘンティーノですが、狩りが趣味だったマルティネス博士の狩猟の旅に同行した際に見せた優れた狩猟スキルから、狩猟犬として扱われるようになりました。1973年にはアルゼンチン初の犬種としてFCI(国際畜犬連盟)に登録されています。


大きさと寿命

ドゴアルヘンティーノの体高はオスが62〜68センチメートル、メスが60~65センチメートルほどで、体重はおよそ36〜45キログラムになります。寿命は9〜15年ほどといわれています。

ドゴアルヘンティーノに似ている犬種と違い

ドゴアルヘンティーノは、アメリカンスタッフォードシャーテリア、スタッフォードシャーブルテリアなど、俗に「ピットブル」と呼ばれる犬種によく似ています。

アメリカンスタッフォードシャーテリア

アメリカンスタッフォードシャーテリア

ドゴアルヘンティーノとアメリカンスタッフォードシャーテリア、スタッフォードシャーブルテリアとの一番の違いは大きさです。成長すると体高が60~68センチメートルほどになるドゴアルヘンティーノですが、アメリカンスタッフォードシャーテリア、スタッフォードシャーブルテリアはどちらも50センチ未満と、ドゴアルヘンティーノと比べると小さめです。

アメリカンスタッフォードシャーテリアとスタッフォードシャーブルテリアにはいろいろな毛色がありますが、ドゴアルヘンティーノとして認められる犬種は白い毛色のみとされています。


ドゴアルヘンティーノの性格

ドゴアルヘンティーノは、フレンドリーで陽気、そして謙虚な面も持ち合わせた犬種です。見た目で凶暴な犬だと思われがちですが、吠えたり攻撃的になったりすることは滅多にありません。

ドゴアルヘンティーノの被毛

ドゴアルヘンティーノ

ドゴアルヘンティーノの被毛は1〜2センチメートルほどと短く、住んでいる地域の気温によって密集度が変わってきます。毛色は白一色で、ドッグショーでは真っ白な方が好まれますが、目の付近に黒いパッチがあるドゴアルヘンティーノもいます。

ドゴアルヘンティーノの飼い方

ドゴアルヘンティーノは大変大きく、エネルギーに溢れる犬です。1日数回のお散歩はもちろん、週末やまとまった休みにはハイキングやキャンプなど積極的に外に連れ出してあげましょう。フリスビーアジリティーの特訓をしたり、プールや川で泳がせたり、エネルギーを発散できる運動を見つけてあげるのも大事です。


しつけ方

基本的には静かで穏やかな性格といわれるドゴアルヘンティーノですが、もちろんしつけ方によっては攻撃的になってしまうこともあります。大きく力が強い犬種ですので、攻撃的になってしまった場合思わぬ事故につながってしまうことも。それを避けるためにも、子犬の頃からしつけ教室やドッグトレーナーのもとで訓練を受けさせることをおすすめします。特にオスの場合、縄張り争いの喧嘩に注意が必要です。


ケア

ドゴアルヘンティーノはあまり毛の抜けない犬種ですが、毛並みや肌から健康状態を把握する意味でもブラッシングは必要です。また、被毛を清潔に保つため、定期的にお風呂に入れてあげましょう。成犬になって苦労しないように、爪切り、耳掃除、歯磨きは小さな頃から習慣にしてあげるとよいですね。


ドゴアルヘンティーノのかかりやすい病気

ドゴアルヘンティーノ

ドゴアルヘンティーノは、遺伝性の病気が少ない健康な犬種であるといわれています。アメリカのドゴアルヘンティーノクラブでは、BAER検査(聴性脳幹誘発反応検査)と呼ばれる聴力の検査を定期的に受けさせることを推奨しています。

ドゴアルヘンティーノの動く姿を見てみよう

大きくてちょっと見た目が怖いドゴアルヘンティーノの、微笑ましい姿をおさめた動画を見てみましょう。

子ドゴにタジタジ!? パパドゴがキュート

まずご紹介するのは、ガルガル寄ってくる我が子にたじろぐお父さんドゴです。自分にそっくりの子犬たちに、ちょっと不思議そうなお顔が可愛いですね。



ちびっ子ドッグトレーナーと猛特訓!

こんなに大きくて怖そうな犬でも、しつけ次第では子供の良いお友達になれるという良い例がこちらです。



ドゴアルヘンティーノが主役のアルゼンチン映画

ドゴアルヘンティーノファンの間で話題になったのが、2004年に公開された『ボンボン』(原題:El Perro、日本では2007年公開)。無職の男性がドゴと出会い、ひょんなことから一緒に旅をするお話です。なんと主演の男性たちは俳優ではなく、素人さんなんだとか。こちらの予告編はスペイン語ですが、日本語字幕版もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。



迎え方と初期費用

ドゴアルヘンティーノを迎える方法は、ペットショップやブリーダーで探す方法と、保護犬を家族にするという方法があります。どちらの場合も、ケージやカラー、リードなどの用意と予防注射などにかかる費用が必要です。

ペットショップから迎える

ペットショップを訪れてドゴに偶然出会える確率はとても低いです。ドゴアルヘンティーノをペットショップから迎えるには、まず扱いがあるかどうか調べておきましょう。その際価格について聞いておくのも大切です。

ブリーダーから迎える

ドゴアルヘンティーノをブリーダーから迎えるには、まずドゴを専門に扱っているブリーダーを探すことをお勧めします。珍しい犬種なので、引き渡しの際にもいろいろお話を聞いておくとよいですね。関東地方や関西地方など、お住まいの地域まで来てくれるか調べておくのも重要です。兵庫県の永田犬舎というブリーダーで扱いがあるようです。

保護犬を家族に迎える

ドゴアルヘンティーノに限らず、新しく犬を家族に迎える際にはぜひ保護犬をお迎えするということも考えてみてください。近隣のシェルターや保健所、今は「OMUSUBI(お結び)」などの保護犬を探せるウェブサイトもあります。

番犬にも子守犬にもなるドゴとアクティブな毎日を

心の優しい大きな犬ドゴアルヘンティーノ。海に山に、いろいろな場所へ一緒にお出かけしてたくさんの思い出が作れそうですね。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参考文献


Share!