アメリカンスタッフォードシャーテリアの飼い方|性格・寿命・大きさ・しつけ・かかりやすい病気などを解説

世界一強い犬といわれることもあるアメリカンスタッフォードシャーテリア。闘犬として生まれた犬種のため、きちんとしたしつけができない家庭では飼うことができません。今回は、アメリカンスタッフォードシャーテリアのしつけのコツや、気をつける病気、ピットブルとの違いなどを画像たっぷりでご紹介します。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの歴史と基礎知識

アメリカンスタッフォードシャーテリア阿修羅と若
kaw_daddyさん Thanks!

アメリカンスタッフォードシャーテリアは、アメリカ生まれの犬種です。英語では「American Staffordshire Terrier」と表記し、アムスタフ(AmStaff)、スタッフィー(Staffy)といった略称で呼ばれています。

18〜19世紀ごろのイギリスでは、犬同士を戦わせたり、犬を熊や雄牛と戦わせたりする闘犬が流行していました。その頃、より強い犬種を生み出そうとして誕生したのがアメリカンスタッフォードシャーテリアの祖先であるスタッフォードシャーテリアという犬種です。

1800年代中期にアメリカに輸入されたスタッフォードシャーテリアは、その後より大きく改良されアメリカンスタッフォードシャーテリアになりました。そのときイギリス生まれの犬種はスタッフォードシャーブルテリアと名前を変え、2つの犬種は異なる犬種としてアメリカンケネルクラブに登録されました。

アメリカンスタッフォードシャーテリアは、アメリカでは古くからとても人気のある犬で、1900年代になるとドキュメンタリー映画やコメディー映画にも登場しています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの大きさと寿命

アメリカンスタッフォードシャーテリアの体高はオスが46~48cm、メスが43~46cmとされています。体重はオスが25〜32kg、メスが18〜25kgになります。寿命は12〜16年ほどといわれています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアに似ている犬種と違い

アメリカンスタッフォードシャーテリアに似ている犬種として、祖先が同じであるスタッフォードシャーブルテリア、ドイツ生まれの犬種ボクサーが挙げられます。日本では犬種として認められていませんが、アメリカンピットブルテリアにも似ています。

スタッフォードシャーブルテリア

アメリカンスタッフォードシャーテリア似た犬

アメリカンスタッフォードシャーテリアとスタッフォードシャーブルテリアの違いは、大きさです。

アメリカンスタッフォードシャーテリアは大きいものでは32kgになるのに対し、スタッフォードシャーブルテリアは成犬でも11~17kgほど。体高も低いので、アメリカンスタッフォードシャーテリアよりひと回り小さい印象です。


ボクサー

アメリカンスタッフォードシャーテリア似た犬
Photo by Mood210

ボクサーは成犬になるとオスが30kg以上、メスが25kgほどになります。体重だけ見るとアメリカンスタッフォードシャーテリアと同じくらいの大きさですが、ボクサーは体高が53〜63センチメートルと、体高48センチメートル以下であるアメリカンスタッフォードシャーテリアよりも背が高いのが大きな違いです。


アメリカンピットブルテリア

アメリカンスタッフォードシャーテリア似た犬
Photo by Stacy

アメリカンピットブルテリアは、アメリカンケネルクラブにもジャパンケネルクラブにも登録されてはいませんが、とても人気が高く、ハリウッド映画に出演するなどとても知名度のある犬種です。

アメリカンピットブルテリアはもともとアメリカンスタッフォードシャーテリアと同じ犬種で、アメリカで闘犬が法律で禁止されたのを契機にアメリカンピットブルテリアの攻撃性を排除した犬種としてアメリカンスタッフォードシャーテリアが生まれたという説もあります。

アメリカンピットブルテリアはアメリカンスタッフォードシャーテリアよりも大きさの幅が広く、ピットブルテリアは成犬になると40kgを超えることもあります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの性格

アメリカンスタッフォードシャーテリアの性格は、自信にあふれ、飼い主に忠実であるといわれています。闘犬の血が入っているので、攻撃的な面を引き出してしまわないようにしつけることが大事です。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの被毛について

アメリカンスタッフォードシャーテリアは、短く、手触りが硬く、陽を受けて輝く被毛を持っています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの毛色

さまざまな毛色のアメリカンスタッフォードシャーテリアがいます。

レッドブリンドル

アメリカンスタッフォードシャーテリアブリンドル
Photo by kaw_daddyさん Thanks!

タイガーブリンドル

アメリカンスタッフォードシャーテリアブリンドル
Photo by kaw_daddyさん Thanks!

ブルーブリンドル

アメリカンスタッフォードシャーテリアブルー
Photo by Conny48592


アメリカンスタッフォードシャーテリアの育て方

アメリカンスタッフォードシャーテリアには、毎日の運動が不可欠です。飼い主との時間を楽しむ犬種ですので、飼い主と一緒に楽しめる運動を探してあげるとよいでしょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのしつけ方

アメリカンスタッフォードシャーテリアは、子犬のころからしつけ教室やドッグランに行くなどして、ほかの犬や人間と触れ合う時間を与えてあげることが大事です。社交性を身につけることによって、人や犬を襲ってしまうといった事故・事件を防ぐことができるからです。

アメリカンケネルクラブでは、「ほかの犬と遊んでいるときは、いかなるときも人間は目を離してはいけない」としています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのお手入れケア

アメリカンスタッフォードシャーテリアの短い毛のお手入れは、とても簡単です。柔らかなブラシなどで、週に1度程度ブラッシングしてあげましょう。ブラッシングをすることによって皮脂が被毛に行き渡り、健康な毛を保つことができます。


アメリカンスタッフォードシャーテリアのかかりやすい病気

アメリカンスタッフォードシャーテリアは丈夫で健康な犬であるといわれています。しかし、遺伝性の病気などが考えられるため子犬を家族に迎える際には必ず健康に問題がないか、獣医の診断書を見せてもらうようにしましょう。定期的な耳のケアと歯ブラシはマストです。


アメリカンスタッフォードシャーテリアの迎え方

アメリカンスタッフォードシャーテリアを家族にお迎えするには、ペットショップで探す方法、ブリーダーを見つける方法、シェルターに迎えに行く方法があります。

ペットショップから迎える

アメリカンスタッフォードシャーテリアは日本ではあまり一般的な犬種ではないので、ペットショップによっては扱いがないかもしれません。お店へ足を運ぶ前に電話で問い合わせたりお店のウェブサイトを見てみたりするとよいでしょう。

ブリーダーから迎える

アメリカンスタッフォードシャーテリアに限らず、闘犬系の犬種に特化したブリーダーは日本全国にいます。インターネットや口コミなどで評判を確認して、信頼のおけるブリーダーを探しましょう。

保護犬を家族に迎える

犬を家族に迎えるには、里親になるという方法もあります。シェルターなどで保護されている犬の中には、子犬や血統書のある犬もたくさんいます。まずはお近くのシェルターからチェックしてみてくださいね。

アメリカンスタッフォードシャーテリアとの暮らしで海外の友人関係を広げよう

アメリカンスタッフォードシャーテリアは、生まれ故郷のアメリカで特に人気のある犬種です。SNSに画像をたくさん投稿したら、海外にアムスタフ仲間がたくさん増えるかもしれませんよ。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参考文献