猫がパンを食べるのはNG! 好きでも与えてはいけない理由とは

猫がパンを食べるのはNG! 好きでも与えてはいけない理由とは

「猫にパンをあげてもいいのかな?」と考えたことのある飼い主さんもいると思います。結論としては、猫にパンを与えることはNGです。今回は猫にパンを与えてはいけない理由のほか、パンの成分や注意点も合わせて紹介します。

猫にパンはあげないで

猫

猫には、パンはあげない方がいいでしょう。パンは加工食品で、主として使われているのは小麦やライ麦といった穀物です。肉食動物である猫は、穀物を消化することが苦手です。


パンの主原料と消化について

パン

パンは小麦粉やライ麦粉に酵母、塩、水を加えて発酵させて焼いたもので、他に砂糖や卵、牛乳、バターやマーガリンなどの油脂、添加物などが含まれていることがあります。パンにはさまざまな材料が含まれている他、惣菜パンや菓子パンなどには玉ねぎチョコレートなど猫が食べてはいけないものが入っていることがありますので注意しましょう。

一方で、パンの中でも主として使われている小麦粉はエネルギーが豊富で、猫にとって大切なミネラルやタンパク質を含んでいます。ではなぜあげない方がいいのでしょうか。小麦粉の「でんぷん」と「グルテン」について紹介します。

でんぷんとは

でんぷんは穀類や野菜などの植物全般に含まれ、動物にとって必須栄養素ではありませんがエネルギー源として利用されています。でんぷんをエネルギーとして使えるようにするためには、消化酵素によって分解しなければいけません。

人は咀嚼(そしゃく)することで唾液アミラーゼを分泌し、でんぷんを糖に変えてエネルギーとして効率よく使うことができますが猫は人のように唾液アミラーゼが出ず、胃や腸で消化するしかありません。肉食動物である猫は、糖の分解能力が著しく低く、糖の多くは代謝されずに尿として排出されてしまうのです。

グルテンとは

最近「グルテンフリー」という言葉をよく耳にしますが、小麦粉には植物性タンパク質であるグルテンが豊富に含まれています。小麦粉の中でも、グルテンの量によって「強力粉」「中力粉」「薄力粉」の三つに分かれています。パンに使われているのは強力粉や中力粉が多く、薄力粉はケーキなどによく使われています。

パンが好きな猫もいる?

猫とねこねこ食パン

猫は犬よりも味を感じる味蕾(みらい)が少ないといわれています。よって、野性で動物性のタンパク質や脂質を主なエネルギーとし、甘味を感じることもない猫が、「甘味を感じるからパンが好き」ということは考えにくいです。
パンが好きなネコちゃんは、味ではなく温かい温度や、もちもちとしたの舌触りや歯触り、口当たりが気に入っていると考えられます。

小麦のアレルギー

猫は小麦に対してかゆみのアレルギー反応を起こしてしまう場合があります。食物アレルギーの場合、食べてすぐに反応する場合もあれば、1カ月後に症状を発症することもありますので、猫がパンを食べてしまったときはいつ、どのくらい食べてしまったかを記録しておくと獣医さんにも相談しやすいでしょう。

猫にパンは必要ない

猫

キャットフードにも小麦粉などの穀類が使われていることがあります。それは、動物性のタンパク質よりも植物性のタンパク質の方がコストパフォーマンスがいいことや、食物繊維が含まれることから、低エネルギーで満腹感を与えてくれることなどの理由があります。

便秘や下痢に効果があり、大腸がんを予防する効果も期待されています。しかし、猫はもともと肉食の動物です。犬のように植物性の食べ物を上手く消化することができません。「食べるから大丈夫」と思わずに、きちんと猫の食性を理解してあげましょう。

Share!