ゴールデンドゥードルの飼い方|性格や大きさは? 血統書がない犬種?

ゴールデンドゥードルは優しい表情と柔らかい豊かな毛並みが特徴的な犬です。アレルギーの人でも飼えるようにと生まれたため毛が抜けにくく、一般家庭はもちろんセラピー犬や介助犬、聴導犬としても活躍もしています。ゴールデンドゥードルの性格や特徴、とてもよく似たラブラドゥードルとの違いについて紹介します。

ゴールデンドゥードルの基礎知識

ゴールデンドゥードル
Photo by chocohinamamaさん Thanks!


ゴールデンドゥードル(GoldenDoodle)の名前は、ラブラドゥードルの名前を真似して付けられたといわれています。「doodle」は「いたずら書き」の意味で、「poodle」の「p」を逆さにすると「doodle」になるという遊び心が込められていたようです。

ゴールデンドゥードルの名前が世間に広まったのは1990年代前半で、アメリカに住むニーランズ家族が飼っていた愛犬がきっかけでした。ゴールデンドゥードルを見た人から「ラブラドゥードルですか?」と聞かれることが多く、その都度「ゴールデンドゥードルです」と答えていたところ、次第に知られるようになったとされています。

ゴールデンドゥードルの歴史

ゴールデンドゥードル
Photo by a_style.naluさん Thanks!

ゴールデンドゥードルは、アレルギーの人にも優しいペットとして、1990年代から北米、オーストラリアで繁殖が始められました。基本的にはゴールデンレトリーバースタンダードプードルの交配ですが、小さいサイズの場合にはスタンダードプードルではなくミニチュアプードルをかけ合わせられることもあります。

ゴールデンレトリーバーとプードルを交配させて生まれた「1世代のゴールデンドゥードル(F1)」はアレルギーが軽度の家庭に向いているとされています。アレルギーが中度~重度の場合には、生まれたゴールデンドゥードルをもう一度プードルと交配させて生まれる「バックスロスされたゴールデンドゥードル(F1b)」が推奨されています。

※犬の世代記号(F)は交配の仕方や世代で異なります。ブリーダーさんによって販売されている子犬の世代が違うことがありますので、希望の世代がある場合はブリーダーさんに聞いてみましょう。

アレルギーの人でも飼えるということで、日本でもセラピー犬や介助犬、聴導犬として活躍をしています。北米ゴールデンドゥードル協会というゴールデンドゥードルの健康と犬種の基準を守るためにできたクラブがありますが、現在はまだ世界的な犬種登録はされておらず、雑種扱いとなり血統書の発行もありません。



ゴールデンドゥードルの性格や特徴

ゴールデンドゥードルは知的でとても優しい性格をしています。子供や他のペットにも愛情を持って接することができます。長く柔らかい被毛は抜けにくくアレルギーを起こしにくいという特徴があります。

ゴールデンドゥードルの毛質

毛質は、カーリーまたはウェービーで、どちらも抜けにくいです。

ゴールデンドゥードルの毛色

毛色は多くありますが主な毛色を紹介します。

クリーム

ゴールデンドゥードル
Photo by hani_djjさん Thanks!

ゴールド

ゴールデンドゥードル
Photo by azukiyoooさん Thanks!

ブラック


ゴールデンドゥードルとラブラドゥードルとの違い

ゴールデンドゥードルもラブラドゥードルのように抜け毛の少ない、アレルギー・フレンドリーを目的に誕生しました。どちらもレトリーバーとプードルが交配されているので、体つきやモコモコの見た目など、とてもよく似ています。ゴールデンレトリーバーとプードルが掛け合わせで生まれたのがゴールデンドゥードルです。ゴールデンドゥードルを犬種登録している団体はないため雑種(ミックス)ですが、ラブラドゥードルはオーストラリアン・ラブラドゥードル協会が犬種登録と血統書を発行しています。

ゴールデンドゥードルの大きさや寿命

ゴールデンドゥードルのアップ

基本的にはプードルとゴールデンレトリーバーの交配種なので大きいですが、三つの大きさがあります。

※犬種としてスタンダードが確立されていないため、おおよその基準です。ブリーダーによっては分類の基準をさらに細かく四つに分けることもあるようです。その場合、ミニチュアの下にプチというサイズが入ります。

  • スタンダード
  • 体重20.41kg以上の場合に分類されます。
  • ミディアム
  • 体重およそ、13.61~20.41kg
  • ミニチュア
  • 体重およそ、6.8~13.61kg

平均寿命はおよそ15年ですが、サイズによって差があり、一般的に大型犬の方が短く小型犬の方が長いとされています。


ゴールデンドゥードルの育て方

ゴールデンドゥードゥル
Photo by claire0120_kanoa0823さん Thanks!

サイズや毛質など種類がありますので、飼育する住環境に合わせて飼うことができます。ミニチュアであっても散歩は必ず行いましょう。スタンダードであれば、60分程度の散歩、ミニチュアであれば、15分程度の散歩朝夕の2回ずつしてあげましょう。

ゴールデンドゥードルのしつけ

優しい性格の犬ですがしつけは、犬種としての性格だけでなく愛犬の性格をきちんと理解してあげることが大切です。温厚な性格をしている犬種ですが、人が大好きでしてしまう「飛びつき」も相手にケガをさせてしまうこともあります。

まて」や「おいで」などの基本的なしつけも必要です。うっかりリードを離した隙に走り出してしまったら、足の速い犬に追いつくことは簡単ではありません。たとえ逃げ出してしまっても、「呼び戻し」や「止まれ」といったしつけができていれば最悪の事態を防ぐことができます。


ゴールデンドゥードルのお手入れ

抜け毛の少ない犬種ですが、毎日のブラッシングトリミングが必要です。垂れ耳の犬種なので、定期的に耳を拭いてあげるなど清潔にしてあげましょう。


ゴールデンドゥードルがかかりやすい病気

股関節形成不全」といった関節疾患や、垂れ耳のため耳が汚れやすく「外耳炎」にもなりやすいです。

ゴールデンドゥードルの迎え方

ゴールデンドゥードルのカットスタイル

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎えるときだけではないということをもう一度よく考えましょう。

ゴールデンドゥードルの価格/値段

一般的な価格の相場は20~30万円ほどですがどこから迎えるか、毛質や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。ペトことの姉妹サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ゴールデンドゥードルは、ペットショップではほとんど見かけることのない犬種です。地域やお店によってはいることもありますので事前に確認してみることをオススメします。

ゴールデンドゥードルと楽しい暮らしを!

ゴールデンドゥードルの子犬
ゴールデンドゥードルは、アレルギーの人にも優しいペット生み出された
犬種登録はされておらず、雑種扱いとなり血統書の発行はない
人が大好きで知的、とても優しい性格
股関節形成不全、外耳炎に注意

しつけもコミュニケーションの一環です。お互いが気持ちよく過ごせるように、遊びやおやつを使って楽しみながらしつけをしたり、ドッグスポーツなどを始めてみたりすることで愛犬との絆が深まります。