犬はレタスを食べても大丈夫!与えていい量や注意点を栄養管理士が解説

犬はレタスを食べても大丈夫!与えていい量や注意点を栄養管理士が解説

Share!

レタスは犬が食べていい野菜です。茹でずに生で食べられるため、シャキシャキとした食感が大好きなワンちゃんも多いはず。ただし、食べ過ぎると吐いたり下痢になったりすることも。与えていい量やアレルギーや腎臓が弱い子への注意点など、レタスの与え方をペット栄養管理士が解説します。

犬はレタスを食べて大丈夫

レタス

レタスはカリウムやカルシウム、βカロテン、葉酸、ビタミンCなどを多く含み、犬が食べても大丈夫な野菜です。レタスは種類が多く、日本では「玉レタス」や「サニーレタス」が一般的ですが、近年は焼き肉をはさむために使われる「サンチュ」の消費も伸びています。

レタスに含まれる栄養素

玉レタス サニーレタス サンチュ
エネルギー 13kcal 15kcal 14kcal
カリウム 260mg 410mg 470mg
カルシウム 34mg 66mg 62mg
βカロテン 710μg 2000μg 3800μg
葉酸 44μg 120μg 91μg
ビタミンC 5mg 17mg 13mg
※各100g当たり、参照:「食品成分データベース」(文部科学省)

栄養素
特徴
カリウム 過剰な塩分を排出してナトリウムとのバランスを保ち、血圧を安定させる効果があります。腎臓が弱っている場合は過剰になり心臓にダメージを与えてしまいます。摂取量に注意が必要です。
カルシウム カルシウムは骨や歯の材料になるだけでなく、神経の情報伝達にも重要な役割を持ちます。カルシウムは不足したときだけでなく、過剰摂取でも整形外科疾患のリスクを高めます。
βカロテン 犬はβカロテンを体内でビタミンAに合成することができます。ビタミンAは健康な被毛を保ち、視力維持にも役立ちます。不足することで免疫力の低下や骨の形成不全につながります。
葉酸 体の細胞の生まれ変わりや成長をサポートするという大切な役割を持ち、「造血のビタミン」と呼ばれます。不足すると貧血や免疫力の低下につながります。
ビタミンC 強い抗酸化作用を持ち、がん予防やアンチエイジングの効果が期待されます。生体内の異物を解毒する作用や、免疫機能を向上させる作用もあります。犬は体内で合成することが可能です。


ラクチュコピクリン

レタス(Lettuce)はラテン語で牛乳を意味する「Lac」が語源とされ、日本でも「乳草」(ちちくさ)と呼ばれることがあり、和名「チシャ」の語源となっています。それらはレタスの芯をカットすると白い液体が出てくることから名付けられました。

白い液体は「ラクチュコピクリン」(lactucopicrin)という鎮静作用のある苦味成分で、催眠効果があり、食べると眠くなると言われることもあります。ワイルドレタスという種類に多く含まれますが、日本で流通する一般的なレタスには体に影響を与えるほど含まれていません。


犬にレタスを食べさせるときの注意点

レタス

犬にレタスを食べさせる場合は以下の点に注意してください。

  1. キシリトール
  2. アレルギー
  3. シュウ酸(結石)

1. キシリトールに注意

レタスにはキシリトールが含まれ、犬が摂取すると低血糖や肝機能低下といった中毒症状を引き起こす可能性があります。体重1kg当たり100mg以上の摂取で中毒症状が出る可能性があります(※1)。レタスには100g当たり5mgほど含まれるため(※2)、犬は体重1kg当たり約2kgのレタスを食べると中毒症状を起こします。

玉レタスが1個500gほどですので、体重1kgの犬はレタス4個、体重5kgなら20個食べると中毒症状が出るかもしれませんが、犬はそれだけの量を食べられないでしょう。キシリトールはいちごにも含まれますが、同様に通常の食事量であれば問題は起こりません。

※参照1:「犬のキシリトール中毒」(ペット栄養学会誌)、参照2:「Xylitol in fruits and vegetables」(Jaffe, 1978)


2. アレルギーに注意

レタスを初めて食べてから数回までは、アレルギー症状が出ないか様子を見るようにしてください。体を痒がったり、嘔吐・下痢が見られる場合はアレルギーの可能性がありますので獣医師に相談しましょう。

なお、アレルギー検査で陽性が出た食材は食べられないと考える飼い主さんが少なくありませんが、実際にアレルギー症状が出ていなければ与えても問題ありません。誤解から愛犬の食の選択肢を狭めてしまわないように、以下の記事も参考にしてください。


3. シュウ酸(結石)

レタスにはキャベツやブロッコリーと同程度(100g中300mg)のシュウ酸が含まれます。シュウ酸はえぐみやアクの元になる成分です。

通常はカルシウムと結び付いてシュウ酸カルシウムになって排泄されますが、シュウ酸の量が多くなったりカルシウムの量が少なくなったりすると尿へ溢れ出し、結石に尿管を詰まらせることがあります。シュウ酸は水に溶けやすいため、茹でて水にさらすことで減らすことができます(※1)

レタスの部位でシュウ酸が含まれる量は大きく変わりませんが、夏の露地栽培より冬のビニールハウス栽培のほうがビタミンKやカルシウムなどのミネラルが多く、シュウ酸が少ない可能性を指摘する調査報告があります(※2)。結石の不安がある子は冬のレタスを茹でて与えるといいでしょう。

※1. 例えばほうれん草は3分間茹でることで37〜51%のシュウ酸を除去できます。参照:「シュウ酸の摂取について工夫すべきことはあるか」(日本医療機能評価機構)、※2. 参照:「野菜中のミネラル成分と主要呈味成分について」(神戸女子短期大学)


レタスの与え方

サニーレタス

レタスは生で与えて問題ありません。茹でたり水にずっとつけたりすると水溶性のビタミンが抜けてしまうため、サッと水洗いをして汚れを落とし、食べやすいよう繊維に沿って小さくちぎって与えるといいでしょう。

芯も食べて大丈夫

犬もレタスの芯を食べられます。芯の硬さはレタスによって異なり、指で割れないほど硬い場合は丸飲みした際に詰まらせてしまう場合があります。小さくしてから食べさせてあげるといいでしょう。

与えていい量

レタスをいつものごはんにトッピングしたり、おやつとして与えたりする場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量は「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」(無料)で簡単に計算することができます。

ただし、レタスは水分を多く含むため与え過ぎるとお腹を壊してしまう場合もあります。カロリー量が問題ないからといって一度にたくさん与えることはせず、様子を見ながら愛犬にとっての適量を与えるようにしてください。

無料フード診断を受ける

PETOKOTO FOODS

まとめ

レタス
犬はレタスを食べて大丈夫
アレルギーに注意して少量から
食べすぎるとお腹を壊す場合も
レタスは犬が食べても大丈夫な野菜です。栄養も豊富で水分も多いため、夏バテ・熱中症が気になる夏場はトッピングやおやつとして最適です。カロリーも少なくたくさん食べられますが、与え過ぎればお腹を壊してしまいます。愛犬にとっての適量を与えるようにしましょう。



PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<