犬に必要なミネラル|種類やオススメ食材を栄養管理士が解説

Share!

五大栄養素の一つであるミネラルは犬にとっても欠かせない栄養ですが、不足だけでなく人間用のサプリメントを与えてしまうなど過多にも注意が必要です。今回は各ミネラルの主な働きや必要量、過不足で起こる症状、魚介類や野菜など多く含まれる食べ物についてペット栄養管理士が解説します。

犬にミネラルは必要?

PETOKOTO FOODSの匂いを嗅ぐ犬

ミネラルは118種類ある元素のうち、炭素・水素・窒素・酸素を除いた元素の総称で、無機質や灰分(かいぶん)と呼ばれることもあります。ミネラルはエネルギー源になりませんが、体を動かすために欠かせない存在として五大栄養素に数えられます(※)

ミネラルは犬にとっても必要不可欠なもので、体内で作ることができないため食事から摂取しなければいけません。不足すれば体に不調が起きますし、摂り過ぎれば中毒症状が出る場合があります。ミネラルは必要な量によって「多量ミネラル」と「微量ミネラル」にわけられます。

多量ミネラル カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、塩素、硫黄
微量ミネラル 鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、マンガン、コバルト、モリブデン、フッ素、ホウ素、クロム

ミネラルはバランス良く摂ることが大事

ミネラルは他のミネラルやビタミンと相互に作用するため、バランスが崩れたときの体への影響が少なくありません。特定の作用を期待してサプリメントで安易に補給することはやめましょう。

ミネラルの推奨摂取量はAAFCO(米国飼料検査官協会)やFEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)によって定められています。食材だけでミネラルバランスを保つことは難しいため、総合栄養食のドッグフードではミネラルを添加することが一般的です。PETOKOTO FOODSも同様です。

※残りの四つはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン。水を足して六大栄養素と呼ばれることも。

各ミネラルの主な働きと犬の必要量

PETOKOTO FOODS

ミネラルにはそれぞれどのような働きがあるのでしょうか。主要なミネラルを犬の必要量とともに一覧で紹介します。

種類
主な働き
必要量
カルシウム 骨と歯を形成。血液や筋肉、神経の働きに関与 0.5〜1.8%
リン 骨と歯を形成。エネルギーの産生をサポートし、心臓や腎臓、神経の働きに関与 0.4〜1.6%
カリウム 細胞の浸透圧維持。血圧低下。神経や筋肉の働きに関与 0.6%以上
ナトリウム 細胞の浸透圧維持。糖質とアミノ酸の吸収、神経や筋肉の働きに関与 0.08%以上
塩素 胃酸に含まれタンパク質の消化をサポート。血液のpH調節。肝機能をサポート 0.12%以上
マグネシウム 酵素の活性化、炭水化物と脂質の代謝に関与 0.06%以上
血液中で酸素を運搬 40mg/kg以上
亜鉛 200種の酵素を構成。タンパク質合成や炭水化物代謝、発育、傷の治癒に関与 80mg/kg以上
貧血予防、免疫力向上。心臓機能、エネルギー産生に関与 7.3mg/kg以上
マンガン 窒素を尿素に変えて排泄。骨の発育に関与 5.0mg/kg以上
セレン 抗酸化酵素として過酸化物質を分解、免疫機能に関与 0.35〜2mg/kg以上
ヨウ素 甲状腺ホルモンの原料、成長促進 1.0〜11mg/kg以上
※乾物1kg、代謝エネルギー4000kcalあたり、AAFCO栄養素基準(2016年版)より成犬用を参照

犬のミネラル不足と過剰摂取

PETOKOTO FOODSを食べる犬たち

AAFCOは各ビタミンの犬が摂るべき最小値と最大値を設定していますが、リスクが低く設定されていないものもあります。特にビタミンB群、ビタミンCは水溶性で過剰分が尿から排出されるため、最大値は設定されていません。

ただし、サプリメントによる過剰摂取には注意が必要です。特に人間用のビタミン剤を与えてしまうと、犬とっては過剰摂取になる場合があります。

種類
不足で起こる症状
過剰摂取で起こる症状
カルシウム 骨粗鬆症、痙攣、くる病、低カルシウム血症 高カルシウム血症、尿路結石、発育不良、骨軟骨症、股関節異形成
リン 食欲低下、筋力低下、毛並みの悪化 尿結石、腎機能障害、カルシウムの吸収阻害、体重減少
カリウム 食欲不振、筋力低下、低カリウム血症、心臓と腎臓の障害、衰弱 高カリウム血症、四肢のしびれ
ナトリウムと塩素 食欲不振、疲労、脱毛 喉の乾き、便秘、高血圧、てんかん、死亡
マグネシウム 食欲不振、筋力低下、痙攣、体重減少、成長抑制 ストルバイト結石、高マグネシウム血症、嘔吐、下痢
貧血、成長抑制 食欲不振、体重減少、肝機能不全
亜鉛 食欲不振、成長抑制、脱毛、皮膚異常、免疫不全、結膜炎 鉄や銅の吸収阻害、嘔吐、下痢
貧血、成長抑制、被毛脱色、骨格系疾患 肝炎、神経障害、心不全、腎不全
マンガン 骨の成長不良、生殖能力の低下、脂肪肝
セレン 食欲不振、繁殖障害 嘔吐、よだれ、爪の変形、脱毛、口臭悪化
ヨウ素 甲状腺機能低下、発育不全、甲状腺腫、脱毛、元気消沈 甲状腺腫、発熱、免疫力低下、体重減少

カルシウムとリン

ビタミンDはカルシウムとリンの吸収を促進し、カルシウムとマグネシウムはリンの吸収を抑制します。カルシウムは尿結石の原因にもなりますが、過剰でなければシュウ酸と結合してシュウ酸カルシウム結石を予防します。

カルシウム:リン比は1:1〜2:1が理想とされていますが、発育期はカルシウム含量が特に重要です。子犬(特に大型犬)は1.2%(乾物1kg、代謝エネルギー4000kcal当たり)がカルシウム推奨量とされ、サプリメントなど過剰摂取は整形外科疾患の原因になります。

カリウム

カリウムは体内で蓄積されにくいため、毎日の食事から摂取する必要があります。

マグネシウム

ビタミンDはマグネシウムの吸収を促進し、カルシウムとリンはマグネシウムの吸収を抑制します。

銅の過剰症が問題になることはまれですが、ベドリントンテリア、ウエストハイランドホワイトテリア、スカイテリアは銅の蓄積を原因とした遺伝性の慢性肝炎「銅蓄積肝障害」に注意が必要です。

※参照:「消化器疾患と食事に関する最近の話題」(ペット栄養学会誌)

ミネラルを多く含む食べ物

シニアの犬

各ミネラルを多く含む食べ物を紹介します。なお、多量ミネラルの「塩素」は塩化ナトリウム(食塩)として、「硫黄」はアミノ酸として摂取するため本項目では割愛します。

カルシウム

カルシウムは小松菜やほうれん草、モロヘイヤ、うなぎ、大豆、ヨーグルトに多く含まれます。シュウ酸はカルシウムの吸収を阻害するため、シュウ酸を含むほうれん草のカルシウム吸収率は高くありません。

小松菜
モロヘイヤ
うなぎ
ヨーグルト
小松菜
与え方
レシピ
モロヘイヤ
与え方

うなぎ
与え方
ヨーグルト
与え方
レシピ

リン

リンは海苔やホタテの貝柱、タラ、アジ、サケ、大豆、卵黄などに多く含まれます。植物性食品のリンは動物性食品に比べて利用率が劣ります。

海苔
ホタテの貝柱
アジ
卵黄
海苔
与え方

ホタテの貝柱
与え方

アジ
与え方

卵黄
与え方
レシピ

カリウム

カリウムは昆布や海苔、大豆、ほうれん草、ブロッコリー、バナナ、タラ、マグロ、鶏肉などに多く含まれます。水溶性のため茹でると水に溶け出してしまいます。

昆布
ブロッコリー
バナナ
鶏肉
昆布
与え方

ブロッコリー
与え方

バナナ
与え方
レシピ
鶏肉
与え方
レシピ

ナトリウム

ナトリウムはホタテやカニ、イカ、甘えびなどの魚介類、わかめ、あおさ、海苔などの海藻類に多く含まれます。

カニ
イカ
わかめ
海苔
カニ
与え方
イカ
与え方
わかめ
与え方
海苔
与え方

マグネシウム

マグネシウムはあおさやひじき、ゴマ、そば、納豆などに多く含まれます。

ひじき
ゴマ
そば
納豆
ひじき
与え方
ゴマ
与え方
そば
与え方
納豆
与え方

鉄は豚レバーや鶏レバー、カツオ、ゴマ、小松菜、ほうれん草、豆乳などに多く含まれます。不足している場合は同時にタンパク質や赤血球の合成に必要な葉酸、ビタミンB12を取ることが重要です。

鉄はタンパク質と結合したヘム鉄とそれ以外の非ヘム鉄に分けられ、非ヘム鉄はヘム鉄に比べて吸収率で劣ります。ヘム鉄は動物性食品、非ヘム鉄は植物性食品に多く含まれます。

豚レバー
カツオ
ほうれん草
豆乳
豚レバー
与え方

カツオ
与え方

ほうれん草
与え方

豆乳
与え方
レシピ

亜鉛

亜鉛は牡蠣や牛肉、ゴマ、大豆、海苔、カニ、鶏卵などに多く含まれます。

牡蠣
牛肉
カニ
鶏卵
牡蠣
与え方

牛肉
与え方

カニ
与え方

鶏卵
与え方
レシピ

銅は牛レバーやゴマ、大豆、そば、枝豆などに多く含まれます。豚レバーにも含まれますが、利用性は低いとされています。なお、酸化銅も利用性が低いことからAAFCOはペットフードでの利用を非推奨としています。

牛レバー
大豆
そば
枝豆
牛レバー
与え方
大豆
与え方
そば
与え方
枝豆
与え方

マンガン

マンガンはあおさや海苔、大豆、ゴマ、そば、パイナップル、柿、しそ(大葉)、バジル、モロヘイヤ、枝豆などに多く含まれます。

パイナップル
しそ
バジル
パイナップル
与え方
柿
与え方
しそ(大葉)
与え方
バジル
与え方

セレン

セレンはマグロ、カツオ、アジ、豚レバー、パスタ、鶏卵、サバなどに多く含まれます。

マグロ
カツオ
アジ
パスタ
マグロ
与え方

カツオ
与え方

アジ
与え方

パスタ
与え方
レシピ

ヨウ素

ヨウ素は昆布やひじき、あおさ、海苔、わかめ、タラ、サバ、マグロ、アジなどに多く含まれます。

ひじき
海苔
タラ
サバ
ひじき
与え方

海苔
与え方

鱈
与え方

サバ
与え方
レシピ

クロム

クロムはあおさやひじき、昆布、ほうれん草、サバに多く含まれます。

ひじき
昆布
ほうれん草
サバ
ひじき
与え方
昆布
与え方

ほうれん草
与え方

サバ
与え方
レシピ

まとめ

PETOKOTO FOODS
ミネラルは過不足のないように摂取する
サプリメントによる摂取過多に注意
総合栄養食ならバランス良く摂れる
五代栄養素の一つであるミネラルは、犬にとっても欠かせないものです。各ミネラルは相互に作用し、ビタミンと相互関係にあるミネラルも存在します。ある特定のミネラルを過剰に摂ると別のミネラルやビタミンが不足することもありますので、バランスに注意しましょう。

特にサプリメントによるミネラル補給はバランスが崩れる原因となります。また、食材では摂ることが難しいミネラルもありますので、手作りごはん特に注意が必要です。ワンちゃんのごはんには、栄養素が過不足なく配合された総合栄養食のドッグフードがオススメです。

参考文献



\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<