愛犬と雪遊びを楽しもう!注意点・防雪対策の服や靴・関東・関西の雪遊びスポットを紹介

Share!

雪好きな犬にとって雪遊びは冬しか味わえない貴重なイベント! 本稿では、愛犬が雪遊びを安全に楽しめるための注意点や、雪遊びの種類、那須・白馬・裏磐梯など関東近郊や関西の雪遊びができるスポット、バイヤーおすすめの防雪対策服や靴(ブーツ)を紹介します。

犬と雪遊びをする際の注意点

犬と雪

童謡『雪』にも「犬は喜び庭駆けまわり」と、犬が雪好きであることがわかるフレーズがあります。寒さが苦手な犬種もいますが、多くの犬はふわふわの雪に大はしゃぎするのではないでしょうか。

そんな愛犬を思い切り遊ばせてあげたいと飼い主なら思うでしょう。しかし、気をつけなければならないいくつかの注意点があります。

寒さや雪が苦手な犬もいる

喜ぶと思って雪遊びに連れて行っても、期待通りの反応をしないこともあります。残念な気持ちはわかりますが、決して無理をさせないようにしましょう。

北海道犬シベリアンハスキーなど寒冷地域出身の寒さが得意な犬種、イタリアングレーハウンドや、チワワなど寒さが苦手な犬種、雪が好きな子、雪が嫌いな子がいますので、愛犬に初めて雪を見せる際には、愛犬の様子をよく見てあげてください。

はぐれないように注意

雪山やドッグランなど、周りに人がいないからと油断していると愛犬とはぐれてしまいます。積雪した場所は、岩や植物といった障害物が雪に埋まってしまうため、走り出した犬のスピードを制御するものがありません。

ドッグランであっても場所によっては積雪により囲いの高さが低くなって飛び越えやすくなってしまっていることも考えられます。

普段なら、名前を呼んで追いかければ犬が気付いて止まってくれるかもしれません。しかし、普段から呼び戻しが完璧であっても見慣れない雪に興奮した犬には飼い主の声が届かないことも。また、深く積もった雪では走って追いかけるのは困難です。

周りの人や、安全に注意して遊ばせること、犬を離せない場所では、必ずリードをつけるようにしましょう。


犬も凍傷に!防寒対策・ケアの必要性

人だけでなく、犬も寒さや雪に触れている時間が長いと、凍傷になってしまったり体が冷えて体調を崩してしまうことも。愛犬に合った対策をしてあげましょう。

防寒服・靴で体の熱を奪われないように対策する

犬用のシューズ(ブーツ)やスノーウエアなどを着用させ、体の熱を奪われないように対策しましょう。

長毛種はこまめに雪玉を取り除く

パピヨンゴールデンレトリーバーなどの長毛犬種は毛に雪がくっつきやすく、あっという間に雪玉だらけになってしまいます。服を着せるなど毛に雪がつかない工夫と、こまめに雪玉を取ってあげる必要があります。

遊んだ後はしっかり乾かして休息タイムを

ウエアを着せていたとしても、体は冷えていますし、濡れている部分もあります。タオルでよく拭きドライヤーでしっかり乾かしてあげましょう。

また、いつも歩いている平らな道と違い思った以上に体力も使いますので、遊んだ後は、温かい部屋でゆっくり休ませてあげましょう。

肉球ケアも忘れずに

意識して見ないと見落としがちな肉球ですが、寒さで乾燥したり雪で濡れた状態のまま放置したりしていると炎症を起こしてしまうこともあります。指の間を含め、しっかり乾かした後は肉球クリームでしっかり保湿をしてあげましょう。

犬と雪遊びをする際のおすすめグッズ

犬と雪遊び
Photo by ayumi.phtさん Thanks!

安全で快適に雪遊びができるよう、愛犬に合わせたグッズを用意しましょう。

Hurttaの防寒ウェア

北欧・ヨーロッパを中心に数十か国で愛されているフィンランドの人気ドッグブランド「Hurtta(フルッタ)」のウェアを紹介します。

「アクティブドッグのためのドッグウェア、ドッググッズ」をモットーに、必要なものはしっかりと作りこみ、無駄なものは一切削ぎ落としたシンプルなデザインが特徴です。

また、素材に関しても常に愛犬が快適な状態で過ごせることを念頭にセレクト。 特に、Hurtta独自の透湿防水素材【Houndtex】をドッグウェア類の多くには採用しており、雨や風 から愛犬を守るだけでなく、内側の蒸れを抑え、できる限り愛犬にとって着心地がよくなるよう工夫されています。

スラッシュ・コンバット・スーツ
Amazonで見る

ドッグジャケットエクストリームウォーマー
楽天で見る

バイヤーおすすめのドッグシューズ

ペトことバイヤーが実際に手に取り、犬に履かせてみた中から、雪遊びにおすすめなドッグシューズ(ブーツ)を厳選して紹介します。

Hurtta ドッグシューズ
楽天で見る

上記のシューズについて「履かせやすさ・ぬげにくさ」「滑りにくさ」「重さ」の3つのポイントをもとに以下記事で解説しています。併せてご覧ください。


Snow Mushers ドッグブーツ
楽天で見る

上記のシューズについて「履かせやすさ・ぬげにくさ」「滑りにくさ」「重さ」の3つのポイントをもとに以下記事で解説しています。併せてご覧ください。


人気の肉球クリーム

さまざまな種類がある肉球クリームですが、その中でも特に人気の肉球クリームをペトことバイヤーが厳選して紹介します。

マッシャーズシークレット 肉球保護クリーム
Amazonで見る

みつろうクリーム
Amazonで見る


愛犬と一緒に楽しめる雪遊びの種類


雪が降る地域は多いですが、ふわふわの雪が積もる所は多くはないと思います。せっかくなら、愛犬のはしゃぐ姿を見てみたいですよね。犬に雪遊びをさせてあげられるのはドッグランだけではありません。スキーなどのウィンタースポーツも楽しめるんです!

スノードッグラン

雪が積もる地域では、スノードッグランと題していつもとは違う楽しみができるのが魅力です。自由に思いっ切り走れるドッグランならではの愛犬の表情や姿が見られること間違いなし! しかし、場所によっては積雪で囲いの高さが低くなっているということも考えられますので、事前確認をオススメします。

スノーシュー(スノートレッキング)

「スノーシュー」とは一般的には雪道を歩きやすくする道具です。最近ではその歩行器具を付けて雪道をお散歩すること自体をスノーシューと呼ぶこともあるようです。愛犬と一緒に参加できるツアーなどが増えてきていますのでぜひ一度お試しください。


スキー

以前のスキー場ではペット禁止とされていましたが、最近では少しずつペットOKなスキー場が増えてきました。愛犬と一緒にリフトにも乗ることができるなど、スキー好きな飼い主さんには嬉しいことですね! 犬が苦手な方もいますので、マナーを守って楽しみましょう。

愛犬と一緒に楽しめる雪遊びスポット


長野県

野沢温泉スキー場(下高井郡野沢温泉村)

ペット同伴でのスキー場利用が可能です。リフト・ゴンドラの同伴搭乗に関しては、長坂ゴンドラリフトのみ搭乗可能です。また、ペットと一緒にゲレンデを楽しむ場合は、コースサイド(脇)を滑走し、 林間コースなどのコース幅が狭い所では他のスキーヤー、スノーボーダーの滑走を優先する必要があります。

公式サイト:野沢温泉スキー場

白馬さのさかスキー場(北安曇郡白馬村)

白馬さのさかスキー場では犬と一緒にスキーを楽しむほか、ゴムボートに乗りスノーモービルで引っ張られる雪上ジェットコースターのようなスノーラフティングや、スノーシューも体験できます。

公式サイト:白馬さのさかスキー場


栃木県

那須マウントジーンズ(那須郡那須町)

那須マウントジーンズでは犬と一緒にスノーシューツアーやゴンドラに乗って山頂のドッグランで遊ばせてあげることができます。

公式サイト:那須マウントジーンズ



福島県

裏磐梯スキー場(耶麻郡北塩原村)

アウトドアスポーツクラブバックスが企画し、裏磐梯スキー場にて愛犬と一緒にスノーシュー体験ができます。シーズン中は、半日体験コースと1日コースを毎日開催されています。

詳細:


兵庫県

おじろスキー場(美方郡香美町)

おじろスキー場にはドッグランがあります。自由に雪遊びをさせてあげることができます。

公式サイト:おじろスキー場


愛犬と雪遊びで素敵な思い出を!

雪の中にいるハスキー犬

ウィンタースポーツは室内や人工雪など、思いのほか長い期間楽しむことができます。しかし、犬が楽しめる雪遊びは季節限定で遊べる場所も限られています。ぜひ、寒さ対策をしっかりして、冬の時期にしかできない体験を自然いっぱいの場所で思いっ切り遊ばせてあげてください!