【トレーナー執筆】ペキニーズはどんな性格?寿命・ケア・しつけ方などを紹介

【トレーナー執筆】ペキニーズはどんな性格?寿命・ケア・しつけ方などを紹介

ペキニーズは、「ローリング」と呼ばれる特徴的な歩き方が魅力の一つです。その歩き方や外見の優雅さからショードッグとしても人気なペキニーズの歴史や性格、黒や白などの毛色、寿命やカットスタイル、かかりやすい病気、里親やブリーダーの迎え方などまとめて紹介します!

ペキニーズの歴史

外で伏せるペキニーズ

原産は中国で、祖先犬はシーズーと同じくラサ・アプソであったとされています。

8世紀の唐の時代にも記録が残されているとても古い犬種です。1860年の戦争後にイギリスへと保護され、ヨーロッパでは初めての犬種となりました。

イギリスでも宮廷や貴族だけに飼育されていましたが、1893年にショーに出陳され人気の犬種となりました。ペキニーズは外見と毛の色から「ライオン・ドッグ」「サン・ドッグ」とも呼ばれ、また、皇帝の大きな袖の中に入って持ち運ばれたことから「スリーブ・ドッグ」とも呼ばれていたそうです。


ペキニーズの特徴

ペキニーズは短頭で目と鼻が並んでいるような顔をしています。長い毛並みから見た目はライオンのようですが、忠実で怖いもの知らずな性格をしています。

「ローリング」ってどんな歩き方?

ペキニーズの特徴的な歩き方で、体を横に揺らしながら歩くことを「ローリング」といいます。


毛色

一般財団法人ジャパンケネルクラブによると毛色の制限はほとんどありませんが、アルビノとレバー(濃い赤褐色)の毛色は認められていません。主に、ブラック・ホワイト・フォーン・クリーム・レッド・パーティーカラーが人気です。


ブラック(黒)

黒色のペキニーズ

ホワイト(白)

白色のペキニーズ

フォーン

フォーン色のペキニーズ

パーティーカラー

パーティーカラーのペキニーズ

ペキニーズの大きさや寿命

体重は約5kgほどで、体高は20cmほどです。寿命は12~15年といわれています。

ペキニーズの性格

「猫のようにマイペース」と言われるほどで人に媚びないと言われていますが、信頼する飼い主には甘えた一面もみせます。短い足と長くて豊かな毛を持ち合わせたペキニーズは「ローリング」と呼ばれるその特徴的な歩き方がで優雅であるといわれています。

ペキニーズの育て方

人にも犬にも友好的なので初心者でも飼いやすい犬種です。しかし、ペキニーズは太りやすい体質なので、毎日の散歩部屋で遊んであげるなど運動をさせてあげることも必要です。

また、鼻の短い犬種は他の犬種と比べ呼吸がしにくく暑さに弱いです。そのため短頭犬種は飛行機に搭乗させると熱中症による死亡のリスクが高いため禁止しされていることが多いので注意しましょう。

ペキニーズのしつけ方

吠えや噛みつきといったことは少ないですが、子犬のころからのしつけは必要です。してもいいこと・悪いことを子犬のうちから教えていくことが大切です。

ペキニーズのカットやお手入れ

ペキニーズはダブルコートと呼ばれる二つの毛質を持ち合わせた犬種です。太くて固めな「オーバーコート」、細くて柔らかい「アンダーコート」と言います。

そのため日々のブラッシング定期的なシャンプーが必要になってきます。シャンプーをするときは石鹸が残っていると皮膚病になりやすいので、しっかりと洗い流し、乾かしてあげることがとても重要です。


ペキニーズがかかりやすい病気

ペキニーズは目の病気にかかりやすく、瞬膜の裏側が炎症を起こし、赤く腫れあがる「チェリーアイ」や、まつ毛が内側にも生え、目を刺激してしまう「睫毛重生」があります。

また、短頭種の犬によくみられる病気でのどの奥にある軟口蓋が、気道を塞いでしまう「軟口蓋過長」や「皮膚炎」「椎間板ヘルニア」にもなりやすいです。


ペキニーズの雑種(ミックス)

ペキニーズ系の雑種もいますが、中では一世代ミックスと呼ばれるペキニーズ×〇〇〇という子たちもいます。

ペキニーズ×トイプードル

ペキニーズとトイプードルの両親をもった「ペキプー」は短めな鼻にウェーブのかかった毛並みがとってもオシャレです。

ペキニーズ×ミニチュアダックスフンド

ペキニーズとミニチュアダックスフンドの両親をもつ「ぺキックス」は、長めの胴に短い足、ボリュームのある毛は尻尾の先までふさふさです。

ペキニーズの迎え方

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えて迎えてあげてください。

価格/値段

一般的な価格の相場は15~40万円ほどであるがどこから迎えるかによっても値段は変わってきます。

保護犬から迎える

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。ペトことの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す

ブリーダーから迎える

ペキニーズは毛色の規定がなくさまざまです。好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

まとめ

ペキニーズは忠実で怖いもの知らずな性格
ただし信頼する飼い主には甘えた一面も見せる
「ローリング」という体を横に揺らしながらの歩き方が特徴
体重は約5kgほど、寿命は12~15年前後
チェリーアイ、睫毛重生、軟口蓋過長、皮膚炎、椎間板ヘルニアに注意
ペキニーズは、短頭種の中でも1番と言われるほどの鼻が短い犬種です。短頭犬種好きにはたまらない犬種ですが、短頭種ならではの病気や他の犬種に比べて呼吸がしにくいという特徴もありますので、しっかり理解してから迎えてあげましょう!


Share!