犬は豚肉を食べても大丈夫!アレルギーや脂身の多い部位には注意

Share!

豚肉は栄養素が高く、たんぱく質が豊富で、ビタミンとミネラルのバランスが良い食材です。そのため、ドッグフードにも使われることが多くあります。豚肉は犬に与えてもいい食材ですが、注意点もあります。今回は、獣医師の小田民美先生に監修していただきながら、豚肉の栄養素、骨や脂は健康に良いのかなどを紹介します。

犬は豚肉を食べても大丈夫

豚スペアリブ

豚肉にはタンパク質やビタミンB1、ビタミンB2、亜鉛、パントテン酸が含まれ、犬が食べても大丈夫な食材です。肉食に近い雑食性の犬にとって、タンパク質は重要なエネルギー源。皮膚・被毛などの健康維持や、老犬の筋肉維持としても積極的に与えるとよいでしょう。

ビタミンB1はチアミンとも呼ばれ、糖質をエネルギーに変える際の補酵素として働きます。不足すると疲労や筋力低下につながり、慢性化すると死に至ることもあります。水溶性ビタミンで排出されやすいため過剰摂取の心配はありませんが、調理で失われないようにすることも大切です。

脂質は体の細胞膜やホルモンを作る上では欠かせない栄養素ですが、過度に吸収してしまうと肥満の原因になってしまいます。できるだけ脂身の少ない部位をあげるようにしてください。

犬に豚肉を与える場合

見上げる犬

豚肉は特に寄生虫感染などの問題がありますので、茹でたり蒸したりして、必ず火を通して与えてあげると良いでしょう。

焼くと焦げがついてしまい、犬にとって有害な成分となる可能性があります。

また、味付けはもちろんしないで与えるようにしましょう。味付けの調味料は、犬にとって中毒性のある成分が含まれる可能性があります。

多くのソースは大量の塩や砂糖、にんにく、玉ねぎが含まれています。もし、誤ってソースがかかった豚肉を食べしまった場合、普段と違う症状がないか、注意して様子を観察しましょう。


適切な量

愛犬が豚肉を初めて食べる場合は、まず豚肉にアレルギーがないかを見るため少量にして様子を見てください。気になる症状が出た場合は、動物病院に相談しましょう。

総合栄養食にトッピングしたり、おやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる


調理法で異なる豚肉の栄養成分量

チャーシュー

含まれている成分の種類は変わりませんが、豚肉は調理方法によって含まれる栄養成分量は大きく変化します。今回は、豚肉の部位の中でも脂身の量が平均的な「ロース」で比較をしてみましょう。

生ロース
焼きロース
茹でロース
(脂身付き)
(皮下脂肪なし)
(赤身のみ)
(脂肪のみ)
(脂身付き)
(脂身付き)
エネルギー(kcal) 263 202 150 740 328 329
たんぱく質(g) 19.3 21.1 22.7 5.1 26.7 23.9
脂質(g) 19.2 11.9 5.6 76.3 22.7 24.1
ナトリウム(mg) 42 45 48 15 52 25
カリウム(mg) 310 340 360 110 400 180
リン(mg) 180 200 210 54 250 140
マグネシウム(mg) 22 24 26 5 29 19
カルシウム(mg) 4 5 5 1 6 5

部位で異なる豚肉の脂身の量

片耳を上げるダックスフンド

豚肉の脂にはコレステロールを減らしてくれるオレイン酸や、抗酸化作用のあるステアリン酸が含まれています。

ただし、脂質を過度に吸収してしまうと肥満の原因になってしまいます。犬には豚肉の中でも脂身の少ない部位をあげるようにしてください。

(大型種肉ぶた100gあたり)
種類 脂質(g)
バラ 35.4
ロース 19.2
14.6
モモ 10.2
ヒレ 3.7


犬に豚肉をあげるときの注意点

豚肉の加工品

消化不良を起こしやすい

豚肉は、犬が消化しづらい脂肪が豊富に含まれています。そのため、脂肪の多い部位をたくさん与えてしまうと消化不良や膵臓の炎症を起こす可能性があります。

豚肉を食べて嘔吐や下痢を起こさないか気をつけてあげましょう。

生肉はあげてはいけません

前述した通り、豚肉には寄生虫が潜んでいる可能性があるため、生肉はNGです。また、生である以上、食中毒の可能性も高まります。以下の症状が出た際は病院へ連れて行きましょう。

  • 胃のむかつき
  • 下痢
  • 無気力
  • 筋肉の炎症
  • 痛み

病院に連れて行く際は、どのような状態の豚肉をどのくらい食べたかを明確に伝えるようにしましょう。

骨は与えないで

骨つきの豚肉を食べた後に、骨を与えてあげることもあるでしょう。犬は骨を噛むことが大好きですが、100%安心とはいえません。

加熱された骨は、脆くなっているため、削れた骨を飲み込んでしまうと、内臓を傷つけたり、消化することができず、腸に詰まって腸閉塞を引き起こしたりする可能性があります。

ハムやベーコンなどの加工食品はNG

ハムやベーコンなどの加工肉は与えない方が良いでしょう。2015年10月に世界健康機関が、ソーセージやハム、ベーコンなどは、燻製や、大量の塩分により、発がん物質を伴うと発表しました。

ハムやベーコンは塩分が多いです。犬は塩分を多少与えても大丈夫な体の構造ですが、腎臓病の犬には与えない方が良いでしょう。健康を気にする方は、愛犬にこれらの食品は与えない方が良いでしょう。

脂の与え過ぎはNG

豚肉の脂には、コレステロールを減らしてくれるオレイン酸や、抗酸化作用のあるステアリン酸が含まれています。茹で汁やスープにしても脂が溶けるため健康的には良いですが、与え過ぎは肥満の原因になります。


たんぱく質の過剰な摂取を推奨しない場合

腎不全や慢性腎臓病など腎臓に疾患がある場合や、肝臓病で高アンモニア血症や腹水がみられる場合、たんぱく質をあまり過剰に摂取しないほうが良いでしょう。


まとめ

眠い犬

骨は与えないようにしましょう
脂質の摂りすぎに注意
生や味のついた豚肉はNG
与える際は茹でるか蒸すのがオススメ

栄養が偏るため、基本的に豚肉をフードとして与えることはオススメしません。ドッグフードのトッピングやおやつとして与えてあげることが好ましいです。

もし、フードが合わず、獣医師などから手作りを勧められた場合は、栄養レシピに沿って与えてあげるようにしましょう。

与える際に気をつけたいポイントはいくつかありますが、たんぱく質やビタミン、ミネラルも豊富な食材です。愛犬に合った素敵な食生活を過ごしてくださいね!

参考文献


\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTOFOODS
>> 詳しくはこちら <<


この記事を監修した専門家

日本獣医生命科学大学
獣医保健看護学科
小田民美講師

日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科卒業。2014年3月、博士号取得。同年4月より同大学獣医保健看護学臨床部門 助教。2017年より現職。日本獣医生命科学大学付属動物医療センター動物看護師 兼務。動物看護師統一認定機構「認定動物看護師」。日本ペット栄養学会認定「ペット栄養管理士」。一般社団法人「日本動物看護職協会」理事。