【トレーナー解説】ウェルシュテリアの飼い方|トリミングは必要? 性格やしつけ方など

ウェルシュテリアは、黒と茶色の毛色で針金のような硬い毛質が特徴的な犬種です。もともと、キツネやカワウソなどの狩猟犬として活躍してきました。賢く飼い主には従順ですが、気が強いところがありますのでしつけは根気強く教える必要があります。では、どんなことに気を付けて飼えばいいのでしょうか。ウェルシュテリアの飼い方やしつけ方、似ている犬種であるエアデールテリアとの違いについて紹介します。

基礎知識

ウェルシュテリアは英語で「Welsh Terrier」と表記します。テリアのグループ属している犬種で、名前は生まれた場所であるウェールズから付けられました。

歴史

ウェルシュテリアはイギリス原産で、1760年代に北ウェールズで生まれた犬種です。祖先犬は、古代の犬種ブラック・アンド・タン・テリアやオールド・イングリッシュ・ブロークンという黒地に褐色のぶちのあるテリアだと考えられています。もともとキツネやアナグマ、カワウソなど狩猟犬として活躍していました。1888年にアメリカの血統書団体アメリカンケンネルクラブに正式に認められ、その毛色は100年以上前から現在も変わっていないそうです。

大きさや寿命

体重は9~10キログラムほどで、体高は36~39センチメートルほどです。寿命は14年前後といわれています。

性格や特徴

友好的で物怖じしない性格をしています。従順で愛情深い犬種ですが、テリア気質という言葉があるようにとても活発で頑固な一面もあります。全体的にバランスの取れた体型をしています。被毛は針金のように硬いオーバーコートが特徴的です。

毛色

主な毛色はブラック&タンです。

ブラック&タン

エアデールテリアとの違いは?

ウェルシュテリアと非常によく似ているエアデールテリアという犬種がいます。姿も毛色もほとんど変わらないので、違いがわからない人も多いと思います。一番の見分け方は大きさです。エアデールテリアテリアの中で最も大きいといわれているほど大きく、体高が56~61センチメートルもあります。対して、ウェルシュテリアは体高36~39センチメートルしかありません。

目に見える違いは大きさしかないため、エアデールテリアの小型のタイプをウェルシュテリアだと思っている人も多いと思います。しかし、実はルーツが違います。エアデールテリアはもともとヨークシャー地方にいた大型のテリアに、オッターハウンドという犬種が交配され、さらにアイリッシュテリアなどとも交配されたと考えられています。

ウェルシュテリアの飼い方

寒さに強く暑さに弱い犬種です。夏季では室温だけでなく湿度などの配慮も必要です。また、運動量の必要な犬種ですので散歩はもちろん、頭を使わせる遊びなども取り入れるといでしょう。

しつけのやり方

「オイデ」や「フセ」「マテ」など落ち着くための行動を教えておきましょう。「オイデ」「マテ」はとても大切なしつけでもあります。「リードをうっかり離してしまった」「遊んでいたボールが車道に出てしまった」などの危険な場面でも、その場で「マテと言ったら止まってくれる」「オイデと呼べば戻って来てくる」それさえできれば最悪の事態を防ぐことができます。

手入れ

ウェルシュテリアは針金のような被毛をしています。その被毛を保つためにはプラッキングと呼ばれる、トリミングが必要です。トリミングの仕方では毛質が変わってしまうこともありますので、トリマーさんとよく相談してからお願いしましょう。プラッキングについては「テリア専門トリマーが説明するプラッキング | 頻度やナイフの使い方、注意点も」の記事で詳しく書かれています。

ウェルシュテリアがかかりやすい病気

ウェルシュテリアは、「皮膚炎」や「外耳炎」になりやすい犬種です。普段から、かゆがっていないか、発疹はないかなど気にしてあげましょう。また、関節の病気である「膝蓋骨脱臼」や、目の病気である「白内障」、瞼が内側にめくれ角膜に刺激を与え炎症が起きる「眼瞼内反症」(逆さまつ毛)にも注意が必要です。

ウェルシュテリアをもっと知る

ウェルシュテリアについてもっと知りたい人のために、オススメの動画やブログを紹介します。

かわいい動画


子犬同士で遊ぶ姿にメロメロです!


水槽の中を泳ぐペンギンが気になるウェルシュテリア。ウェルシュテリアとペンギンの姿に癒されます!

日本ではペットを連れて行ける水族館はほとんどありませんが、神奈川県にある京急油壷マリンパークでは、ペット可なのでわんちゃんを連れて楽しむことができますよ!

人気のブログ

adorabile angelo

adorabile angeloブログ
2匹のウェルシュテリアとのお出かけや旅行についてのブログです。写真がとってもきれいで見ごたえありますよ!

conyの気ままなブログ

conyの気ままなブログ
ウェルシュテリアの日常のブログです。これから飼おうとしている人は参考になることもあると思います!

ウェルシュテリアを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は20~30万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ブリーダーからの場合、子犬の飼育環境や親犬に会わせてもらえるかなど、実際に行ってみて確認することが大切です。血統書だけでなく、性別や毛色、ある程度の子犬の性格などもわかるので好みの子犬を選ぶことができます。

ペットショップから迎える

あまりペットショップでは見かけない犬種です。地域やショップによってはいることもありますので事前に確認することをオススメします。ペットショップの場合、生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

家族みんなで

頭もよく運動能力の高いウェルッシュテリアを満足させるには、散歩だけではちょっと足りないかもしれません。一緒に楽しむことのできるドッグスポーツや、家でも頭を使うゲームを取り入れることで満足させてあげることができます。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

飼い主さんの声を募集中

「ウェルシュテリアってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがウェルシュテリアの魅力です!」など、ウェルシュテリアを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことウェルシュテリア部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10