ビションフリーゼの飼い方|トイプードルとの違い、しつけ、手入れなど

ビションフリーゼは、白くてモコモコした見た目が印象的で、まるでぬいぐるみが歩いているように見えます。さらに、昔から家庭犬として扱われてきたため、非常に社交的で飼い主を大切に思ってくれます。いろいろなカットスタイルを楽しめるビションフリーゼの歴史や大きさ、かかりやすい病気などについて紹介します。

基礎知識

原産国はフランスで、ビションフリーゼは英語で「Bichon Frise」と表記します。昔から家庭犬として扱われてきました。ビションフリーゼはフランス語で「巻き毛で飾られた犬」を意味します。

歴史

ビションフリーゼは、ルネッサンス時代にイタリアからフランスに持ち込まれました。その見た目が小型のバルべと呼ばれる犬種(最古のウォータードッグで、プードルなどの始祖犬だと言われています)に似ていたので「Barbichon(バービション)」と名付けられ、後に短縮されて「Bichon(ビション)」と呼ばれるようになりました。17、18世紀には、ヨーロッパの貴族に愛され、多くの画家が王や貴族に付き添うビションフリーゼの姿を描いています。第一次世界大戦、第二次世界大戦でほとんど消滅してしまいましたが、フランスおよびベルギーのブリーダーの情熱によって、個体数が回復しました。

トイプードルとの違い

ふわふわとした見た目がトイプードルにそっくりですが、ビションフリーゼはトイプードルよりも脚が短く、全体のシルエットがやや丸いです。また、トイプードルはシングルコートであるのに対し、ビションフリーゼはダブルコートです。

性格や特徴

ビションフリーゼの特徴はなんと言っても、純白な体毛とクルクルとした巻き毛です。軽快に歩く様はまるでぬいぐるみのようです。また、生き生きとした黒い瞳と、優雅さを匂わせる尻尾も欠かせない特徴です。少し神経質なところがあっても、どこでも適応する能力があり、無駄吠えも少ないです。知らない人や犬に対しても友好的に接することができます。

大きさや寿命

大きさは24~29cm、体重は3~6kgで、寿命は12歳~15歳です。

毛色

毛色は純白に限りますが、ベージュが見られることもあります。

@jou_miffyがシェアした投稿

ビションフリーゼの飼い方

ビションフリーゼを飼うには、毎日のブラッシングを怠らないことが大切です。日々の積み重ねにより、あのアフロヘアーが成り立ちます。そして、皮膚病などの予防にもつながります。

しつけのやり方

ビションフリーゼはしつけやすい上に、無駄吠えも少ないので初心者にも飼いやすい犬種だと言われています。しかし、人や犬と関わることが大好きなので、ついつい甘やかしてしまうことがあります。子犬の時からダメなことはダメだときちんと教えてあげましょう。

散歩/手入れ

小型犬でありながらとっても活発な犬種なので、運動不足にならないようにしっかりとした散歩をすることが大切です。1日60分以上が目安です。手入れに関しては、見た目通り毛量が多いため毎日のブラッシングが必要です。毛玉にならないように、脚や脇も忘れずにしてあげましょう。抜け毛は見た目に反して少ないので、抜け毛が体にたまらないようにしましょう。

トリミング/カット

ビションフリーゼはトリミングが非常に大変です。巻き毛のトップコートと、柔らかいアンダーコートの二つの構造に分かれていて、素人でのカットは困難です。そのため、トリマーさんに月1回程度、カットしてもらいましょう。お決まりの「アフロ」は、子犬の時からの丁寧なブラッシングがあって成り立ちます。

アフロ

ビションフリーゼのミックス

何世代にわたった混血の犬を「雑種」と呼ぶのに対し、最近では一世代の混血の犬を「ミックス」と呼ぶようです。ビションフリーゼにもミックスがいるようですので紹介します。

ビションフリーゼ×トイプードル
ビションフリーゼとトイプードルのミックス「ビショプー」はモコモコな見た目は変わりません。抜け毛がやや少なくなります。

ビションフリーゼ×マルチーズ
ビションフリーゼとマルチーズのミックス「ビショマル」は、少しソフトなモコモコになり、体が細く見えます。

ビションフリーゼのかかりやすい病気

毛量が多いので、体が蒸されることによる「皮膚病」に気を付ける必要があります。同じく耳にも毛が生えているので、「外耳炎」にもなりやすいです。ほかに、「尿路結石」や小型犬に多くみられる「膝蓋骨脱臼」などに気を付ける必要があります。

ビションフリーゼをもっと知る

可愛い動画

可愛らしいビションフリーゼの子犬たちです!

おやつをもらうために必死に頑張っています!

人気のブログ

シロの日記 ときどき キキちゃん
bichon blog

人気のブログです。シロちゃんとキキちゃんの仲の良い写真で癒やされます。ビションフリーゼがどれだけ友好的かが伝わってきます。

犬天使エル様@ビション日記
bichon blog2

愛犬のための手作り食を載せています! とっても美味しそうです。

ビションフリーゼを飼うには

ビションフリーゼを飼うには、ペットショップや里親、ブリーダーからなどがあります。

価格/値段

20万円前後の値がついていることが多いです。迎える場所によっては30万円を超えることもあります。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

ビションフリーゼのブリーダーも存在します。購入時の注意点、その犬の性格に合ったしつけの仕方などを相談することができるので、安心してペットとの生活を迎えることができます。

ペットショップから迎える

ペットショップの場合、2、3カ月の子犬が売られており、4カ月を過ぎたら値下げされることがほとんどです。

あなただけのビションフリーゼ

日々のブラッシングや定期的に行わなければならないシャンプーやカットは、確かに大変ではありますが、きちんとお手入れをすることであなただけのビションフリーゼに変身します。カットアレンジの幅が利くので、お好みのスタイルを楽しんでください。

【飼い主さんの声募集中】
「ビションフリーゼってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがビションフリーゼの魅力です!」など、ビションフリーゼを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことビションフリーゼ部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

第2稿:2017年7月9日 公開
初稿:2015年11月1日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10