ワイマラナーの飼い方|性格、毛や目の色、珍しいロングヘアーなど

ワイマラナーは、光を反射を反射するシルバーの体毛がとても美しく、人々の注目を集めます。その外見の気品さに加えて、狩猟犬としての優れた判断力やスタミナ、活発性は決して見劣りしません。ショートヘアーが一般的ですが、また一味違うロングヘアーのワイマラナーも存在します。そんなワイマラナーの性格や大きさ、かかりやすい病気などを紹介します。

基礎知識

ワイマラナーの原産国はドイツで、英語で「Weimaraner」と表記します。狩猟能力が高いので、多目的の狩猟犬およびポインティングドッグ(獲物を探し出し、その位置を静かに示す猟犬)として用いられていました。

歴史

ワイマラナーはドイツ帝国時代に、ワイマール地方の貴族がさまざまな狩猟の形を求めて作出したと言われています。ワイマラナーの起源については明確にわかっていませんが、ブラッドハウンド(ベルギー原産のハウンド犬種)の血統をかなり引いて、1830年代にはすでにワイマール宮廷で飼われていたそうです。ワイマラナーの繁殖は、ワイマールやチューリンゲン周辺を中心に、プロのハンターや狩猟場管理人によって行われていました。その後ポインター種やセター種との異種交配が行われ、19世紀に現在のワイマラナーのスタンダードが確立されました。20世紀に入る頃、短毛のワイマラナーとは別に、長毛のワイマラナーが作出されました。

大きさや寿命

体重は32~39kg、大きさは56~69cmで、寿命は12~13年です。

性格や特徴

性格

昔から多様な仕事をこなしてきたこともあり、非常に多才で訓練しやすく、状況判断力に優れています。狩猟犬としての持久力、忍耐力、活発性を持っています。飼い主には従順であり通常は穏やかではありますが、勇敢な一面も持ち合わせています。また、もともと群れで行動していたため、一匹で犬小屋や部屋に閉じ込めらると落ち着きをなくしてしまう場合があります。

特徴

非常に筋肉質な体を包み込む、光沢のあるグレーの被毛がとても美しく、高貴な印象を与える骨格ラインが印象的です。首や脚は長く、大きな垂れ耳を持っています。目は明るい琥珀色、灰色または青色です。

美しい目の色

ワイマラナーの欠かせない特徴として、美しいブルーや琥珀色の瞳があります。思わず見とれてしまうほどの魅力があります。

毛色・毛質

貴族的な品格を感じさせるシルバーが一般的です。グレーやノロジカ色(赤灰色の鹿のような赤みがかった灰色)にも分類されます。頭部や耳は一般的にわずかに淡いです。胸や指にごく小さいホワイトのまだらが見られることがあります。赤っぽいイエローのマーキングがいいとされています。

似ている犬種

見た目がそっくりな犬種として「ショートヘアードハンガリアンビズラ」という犬種がいます。体の大きさと短毛種、垂れ耳と多くの共通点をがあります。

ショートヘアードハンガリアンビズラ

yukarienaさん(@annecy63)がシェアした投稿

珍しいロングヘアー

一般的には短毛種が多くみられますが、長毛種がまれに存在します。全身の毛が少し長くなり、耳が長毛に覆われているのが特徴的です。ショートヘアーと比べて後頭部が出ていて、頭部の外見に威厳を感じます。鼻などの特徴はショートヘアーと同様です。

@lyla1225がシェアした投稿

飼い方やかかりやすい病気は?

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10