ブリュッセルグリフォンの飼い方!性格や寿命、かかりやすい病気などを紹介

Share!

ベルギー王室にも愛されたブリュッセルグリフォン。特徴的な表情と明るい性格で、周囲を笑顔にしてくれる犬種です。今回はブリュッセルグリフォンの性格や歴史といった基礎知識から、しつけ、かかりやすい病気などを紹介します。

ブリュッセルグリフォンの基礎知識

英語表記 BRUSSELS GRIFFON
原産国 ベルギー
サイズ 小型犬
体高 18〜20cm
体重 3.5〜6kg
寿命 10~14歳

ブリュッセル・グリフォンの名前の由来は「ブリュッセル」はベルギーの首都を意味し「グリフォン(Griffon)」は毛質であるワイアーコートの特徴を表しているといわれています。

また、一説では「伝説の生き物」を意味するフランス語「Gryphon」とも発音が似ていることから、ブリュッセル・グリフォンの犬種名は、フランス語から来ているとも考えられています。

ブリュッセル・グリフォンの歴史

ブリュッセル・グリフォンはもともと、一般家庭や馬小屋でネズミ退治のために飼育されていました。

しかし、愛らしい風貌から上流階級の人々にも気に入られ、愛玩犬としても飼われるように。その人気ぶりは、ベルギーのロイヤルファミリーが虜だったといわれるほどです。

その後、流行に合わせてスパニエルなどと交配が行われ、鼻の短さが特徴的でもある現在のブリュッセル・グリフォンへとなっていきまいた。

度重なる交配により、別の犬種として枝分かれしていったプチ・ブラバンソンは短毛で、マズルや耳が黒いフォーンと呼ばれる配色の被毛であることが多いです。

これはパグの特徴が濃く現れた結果で、中長毛で暗いトーンの被毛を持つベルジアン・グリフォンはヨークシャーテリアの特徴が濃く現れた犬種となりました。

どちらの犬種も交配を重ねていく中で、ネズミ退治の能力は失いました。

ブリュッセルグリフォンの大きさと寿命

体高は18~20cm、体重は3.5~6kgほどの小型犬です。平均寿命は10歳から14歳くらいとされ、比較的丈夫で寿命の長い犬種といえます。

体のサイズに対して大きい頭をしており、愛らしさを強調する特徴の一つとなっています。


ブリュッセルグリフォンの被毛

ベルジアン・グリフォンの黒い子犬

被毛の長さは中長毛で、タイプはワイヤーコートです。テリア系の犬種に多い被毛タイプで、毛質は硬いことから針金を意味するワイヤーという言葉が使われています。

被毛の色はレッド、または赤みがかった茶で頭部には僅かなブラックが入っていることもありますが、全体的には黒毛のベルジアン・グリフォンと比較して明るいトーンの毛色です。

ブリュッセルグリフォンの性格

2匹のグリフォン
Photo by riyo_noteさん Thanks!

賢く忠誠的な性質を持ちます。

社交性があり、上手に他の犬ともコミュニケーションをとることができますが、責任感の強さから吠えることもあるので訓練が必要です。

基本的には活動的で、小さな体をいっぱい使ってポジティブな感情を表すことが好きな犬種なので、たくさん遊べる方には飼いやすい犬種といえます。

ブリュッセルグリフォンの飼い方

愛玩犬として生まれた犬種です。必ず室内で飼いましょう。

運動はそんなに激しくする必要はありませんが、遊ぶこと好きなので、室内やお散歩でストレスを解消できるような工夫が必要です。

ブリュッセルグリフォンのしつけ方

賢くコマンドを理解するのも早いですが、飼い主に忠実なため他人には警戒心を覚え、吠えることがあります。癖になる前にしつけましょう。


ブリュッセルグリフォンのお手入れケア

ワイヤーコートの特徴を保つための被毛ケアをしましょう。

日常的なブラッシングと合わせて、ブラッキングという特殊なトリミングをしなければなりません。プラッキングは毛を間引く作業であり、普通のブラッシング用ブラシではできません。

知識と道具を揃えて適切に行う必要があるため、定期的にトリマーさんに行ってもらいましょう。


ブリュッセルグリフォンがかかりやすい病気

短頭犬種なので、呼吸器官に関わる病気に注意が必要ですが、活発な犬種なので運動のしすぎに神経質になることもありません。

遺伝的にかかりやすい病気も特にないので、きちんと食事のコントロールをするなどの正しい管理を行えば、健康寿命が伸ばせるでしょう。

ブリュッセルグリフォンを迎える方法

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

ブリュッセル・グリフォンの相場価格

ブリュッセル・グリフォンは妊娠しにくいうえ、一度に生まれる子犬の数も他の犬種と比べて少ないため、ほかの小型犬と比べて少し高く、子犬購入価格は20万円から40万円ほどが相場となっています。

出産リスクの高さや子犬が生後数週間の間に死亡する確率の高さから、繁殖しにくい犬種となっています。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

ブリュッセル・グリフォンを迎え入れる方法としては最もメジャーな方法です。繁殖能力が低いため、まだ生まれて間もない子犬を迎え入れられるケースはまれです。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップではあまり見かけない犬種です。事前にペットショップに確認しましょう。

また、業者が不当に繁殖している可能性もあるため、より健全なやりとりを望む場合には他の方法で犬を家族に迎え入れることをおすすめします。

ブリュッセルグリフォンと楽しい暮らしを!

見ているだけでも元気をもらえる明るい性格は、人間のパートナーとして迎え入れるのに適しています。

日本ではまだメジャーとは言えない犬種ですが、知名度は徐々に上がっています。気になる方はアンテナを張ってみると、いつか街で出会えるかもしれません。


参考文献