ブリュッセルグリフォンの飼い方|ベルギー王室にも愛された小型犬のしつけや性格について

ベルギー王室にも愛されたという犬種、ブリュッセルグリフォン。特徴的な表情と明るい性格で、周囲を明るく笑顔にします。今回はそんなブリュッセル・グリフォンの歴史や迎え方について解説します。

ブリュッセルグリフォンの歴史と基礎知識

ブリュッセル・グリフォンはベルギーで生まれた犬種です。名前の由来は「ブリュッセル」はベルギーの首都を意味し、グリフォン(Griffon)」は毛質であるワイアーコートの特徴を表しているといわれています。また、一説では「伝説の生き物」を意味するフランス語「Gryphon」とも発音が似ていることから、ブリュッセル・グリフォンの犬種名は、フランス語から来ているとも考えられています。ブリュッセル・グリフォンはもともと、一般家庭や馬小屋でネズミ退治のために飼われていました。しかし、愛らしい風貌から上流階級の人々にも気に入られ、(愛玩犬としても飼われるようになりました。)その人気ぶりは、ベルギーのロイヤルファミリーが虜だったといわれるほどです。

その後、流行に合わせてスパニエルなどと交配が行われ、鼻の短さが特徴的でもある現在のブリュッセル・グリフォンへとなっていきまいた。度重なる交配により別の犬種として枝分かれしていったプチ・ブラバンソンは短毛で、マズルや耳が黒いフォーンと呼ばれる配色の被毛であることが多いです。これはパグの特徴が濃く現れた結果で、中長毛で暗いトーンの被毛を持つベルジアン・グリフォンはヨークシャーテリアの特徴が濃く現れた犬種となりました。しかし、どちらの犬種も交配を重ねていく中でネズミ退治の能力は失ってしまいました。

2匹のグリフォン
Photo by riyo_noteさん Thanks!

大きさと寿命

体高は18~20cm、体重は3.5~6kgほどの小型犬です。平均寿命は10歳から14歳くらいとされ、比較的丈夫で寿命の長い犬種といえます。体のサイズに対して大きい頭をしており、愛らしさを強調する特徴の一つとなっています。

ブリュッセルグリフォンの性格

賢く忠誠的な性質を持ちます。社交性があり上手に他の犬ともコミュニケーションをとることができますが、責任感の強さから吠えてしまうこともあるので訓練が必要です。基本的には活動的で小さな体をいっぱい使ってポジティブな感情を表すことが好きな犬種なので、たくさん遊んであげられる方には飼いやすい犬種といえます。

ブリュッセルグリフォンの被毛について

被毛の長さは中長毛で、タイプはワイヤーコートです。テリア系の犬種に多い被毛タイプで、毛質は硬いことから針金を意味するワイヤーという言葉が使われています。被毛の色はレッド、または赤みがかった茶で頭部には僅かなブラックが入っていることもありますが、全体的には黒毛のベルジアン・グリフォンと比較して明るいトーンの毛色です。

ベルジアン・グリフォンの黒い子犬

ブリュッセルグリフォンの飼い方

室内で飼うための愛玩犬として生まれた犬種です。必ず室内で飼いましょう。運動はそんなに激しくする必要はありませんが、遊ぶこと好きなので室内やお散歩でストレスを解消できるような工夫が必要です。

しつけ方

賢くコマンドを理解するのも早いですが、飼い主に忠実なため他人には警戒心を覚え吠えることがあります。癖になる前にしつけましょう。



ケア

ワイヤーコートの特徴を保つための被毛ケアをしましょう。日常的なブラッシングと合わせて、ブラッキングという特殊なトリミングをしなければなりません。プラッキングは毛を間引く作業であり、普通のブラッシング用ブラシではできません。知識と道具を揃えて適切に行う必要があります。


ブリュッセルグリフォンのかかりやすい病気

短頭犬種なので呼吸器官に関わる病気に注意が必要ですが、活発な犬種なので運動のしすぎに神経質になることもありません。遺伝的にかかりやすい病気も特にないので、きちんと食事のコントロールをするなどの正しい管理を行えば健康寿命が伸ばせるでしょう。

動画やブログを紹介

ブリュッセル・グリフォンのことをもっと知りたい人のために、オススメの動画やブログを紹介します。

かわいい動画を紹介


ブリュッセル・グリフォンの愛らしさがよく伺える動画です。

おすすめのブログを紹介

くーなつらむ

北海道でのびのびと生活する三匹のブリュッセル・グリフォンが、人気を得ているようです。

迎え方と初期費用

ブリュッセル・グリフォンの子犬購入価格は20万円から40万円ほどが相場となっています。妊娠しにくいうえ、一度に生まれる子犬の数も他の犬種と比べて少ないためほかの小型犬と比べて相場が少し高い傾向です。出産リスクの高さや子犬が生後数週間の間に死亡する確率の高さから、繁殖しにくい犬種となっています。

ブリーダーから迎える

ブリュッセル・グリフォンを迎え入れる方法としては最もメジャーな方法です。繁殖能力が低いため、まだ生まれて間もない子犬を迎え入れられるケースは稀です。もしそういう業者がいた場合には、伴うリスクに慎重になる必要も生じてきますので注意してください。

ペットショップから迎える

最近ではペットショップのショーケースに並ぶこともあるようです。多くはありませんが、ネットでショップ情報を検索すると情報を得られるケースもあります。ペットショップに売られている犬は業者が不当に繁殖している可能性もあるので、より健全なやりとりを望む場合には他の方法で犬を家族に迎え入れることをおすすめします。

保護犬から迎える

ブリュッセル・グリフォンのような個性的な犬が好きな方は、保護犬の募集サイトや譲渡会を訪れてみてはいかがでしょうか。個性豊かな雑種を含めた様々な犬種と出会うことができます。また、ペットショップではあまり出会えない成犬も多いので、子犬の姿だけをみて将来どれほどの大きさに成長するか想像がつかない方はギャップが少ない成犬を迎えることをおすすめします。

個性的な表情が人気を集めている犬種

見ているだけでも元気をもらえる明るい性格は、人間のパートナーとして迎え入れるのに適しています。日本ではまだメジャーとは言えない犬種ですが、映画などの影響もあり近年知名度は上がっています。気になる方はアンテナを張ってみると、いつか街で出会えるかもしれません。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」
保護犬保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参照:JKC
Share!