マルチーズってどんな性格?特徴や寿命、しつけ方などをトレーナーが紹介

Share!

マルチーズは純白の長い美しい毛並みを持ち、日本では1968年から1984年まで人気犬種のトップでした。本稿では、マルチーズの性格や特徴、かかりやすい病気などをドッグトレーナーの長根が解説します。

マルチーズの基礎知識

マルチーズ

英語表記 MALTESE
原産地 中央地中海沿岸地域
サイズ 小型犬
体高 25cm前後
体重 2.5kg前後
寿命 12~14歳

マルチーズの歴史

マルチーズ(Maltese)は、中央地中海沿岸地域が原産で、紀元前1500年頃、現在のレバノンにいた民族によってマルタ島に持ち込まれた犬種で、一説ではアジアから来た犬といわれています。

マルチーズの名前は「マルタ原産の犬」という意味ですが、マルタ観光局によると、現在のマルタ島で純血のマルチーズを見かけることはほとんどないそうです。

マルチーズはイソップ物語で「長い船旅をするものや船員のペット」と二度にわたり書かれてます。やがてシチリア島を経て、ヨーロッパ各国に紹介されました。

フランスでは15世紀頃から貴婦人の愛玩犬となっていましたが、イギリスへは19世紀になってからもたらされイギリス・ビクトリア女王がこの犬種を飼っていました。そのことが一般市民に知られて19世紀末に大流行し、人気の犬種となりました。

マルチーズは一般的な犬種のように猟犬や使役犬を小型化したものではなく、最初から愛玩犬として飼育されてきた珍しい犬種です。

かつては、マルチーズがテリア的な性格を持つためか「マルチーズ・テリア」と呼ばれることがありました。しかし、現在ではスパニエル系統の犬にプードルを交配して作出されたと考えられています。

マルチーズの毛色

マルチーズ

「純白」が主ですが「タン(黄褐色)」や「レモン色」のマルチーズもいます。

マルチーズの性格や特徴

マルチーズのアップ

マルチーズは穏やかで明るい性格ですが、活発で大胆な一面も持っています。

飼い主に対しては愛情深いですが、大胆な性格から知らない人や自分よりも大きい犬に対しても恐れません。

華奢な体と短い肢、絹のようなまぶしいほど白い被毛がマルチーズの特徴です。

被毛は、鼻先、垂れた耳から尾の先まで、床に届くほどまっすぐ伸びる長毛で、尾にも流れるような豊かな飾り毛があります。

マルチーズの育て方

お散歩中のマルチーズ

散歩は一日に20〜30分程度が目安です。散歩はストレス発散にもなりますし、外でいろいろな刺激を受けることも大切です。


マルチーズのしつけ

穏やかで愛情深い犬種で甘えん坊ですが、甘やかすと構ってもらえないときに寂しくて吠えるなどの行動が増えてしまいます。

遊んであげる時間と、そっとしておく時間を作ってあげましょう。


マルチーズのケア・カット

毛の長いマルチーズは毛が絡まりやすいため、毎日のブラッシングが必要です。

また、目の周りは目に毛が入ったり、口回りは汚れやすかったりするので、カットやこまめに拭くなどしてあげましょう。


マルチーズがかかりやすい病気

眩しそうなマルチーズ

マルチーズは目の病気になることが多く、いわゆる「涙目」と呼ばれる「流涙症」は放っておくと目の周りが茶色く変色する「涙やけ」になります

瞼が内側にめくれ角膜に刺激を与え炎症が起きる「眼瞼内反症(逆さまつげ)」も「流涙症」のきっかけになってしまうので注意が必要です。

その他「ぜーぜー」という呼吸になる「気管虚脱」や、後ろ脚の膝蓋骨が正常な位置から内外に外れてしまう「膝蓋骨脱臼」、長い被毛や垂れた耳が汚れやすく「皮膚炎」にもかかりやすいです。


マルチーズとよく似た犬種「シーズー」

「シーズー」と「マルチーズ」は、一見とてもよく似ている2犬種ですがルーツは全く別であり、毛色や毛質にも違いがあります。

シーズーは、太くて固いオーバーコートと細くて短いアンダーコードを持ち合わせた「ダブルコート」で、毛色は決められた色がなく、バラエティーに富んでいます。

一方で、マルチーズはオーバーコートのみの「シングルコート」で、毛色も白色が一般的です。また、シーズーの方がマルチーズに比べ少し鼻が短いです。

シーズー

シーズー

マルチーズ

マルチーズ

マルチーズの迎え方

マルチーズ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

一般的な価格の相場は8~20万円ほどで、毛色や血統、月齢によっても値段が変わってきます。

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

まとめ

マルチーズの後ろ姿
マルチーズは穏やかで明るい性格
運動量はあまり多くなく、お散歩は一日に20分程度
愛情深く甘えん坊なため、ひとりでも過ごせるようしつけましょう
体重が約2.5kg、寿命は12〜14年前後
流涙症、涙やけ、眼瞼内反症、気管虚脱、膝蓋骨脱臼、皮膚炎に注意
穏やかで比較的しつけのしやすいマルチーズは、初心者でも飼いやすい犬種です。

それでも子犬の頃の社会化やしつけも必要ですし、長毛でありカットの必要な犬種でもありますので、毎日の手入れは必要です。

トリミングの必要のがない犬種に比べ、お金がかかったり手間がかかったりもすることをもう一度しっかり考えてから、迎えることを検討しましょう。


参考文献