コーギーの飼い方|性格や種類、大きさ、カーディガンとの違いなど

コーギーは、元気いっぱいでおしりを振って歩く姿が可愛い犬種ですが、本来尻尾のある犬種だって知っていましたか? コーギーの性格や大きさ、かかりやすい病気、飼い方を「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の2種類まとめて紹介します!

コーギーの種類

コーギーには、「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の2種類がいます。起源はそれぞれ違う種類の犬ですが、19世紀に盛んに交配されていたことから非常によく似た見た目をしています。基本的にカーディガンには尻尾がありペンブローグは尻尾が断尾されているという特徴があります。

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

歴史

原産地はイギリスで、牧畜犬として活躍してきました。コーギーは「ヒーラー」や「ヒールドッグ」と呼ばれ、主に牛のかかとを咬んで追うという仕事をしてきました。ペンブロークの歴史は1107年までさかのぼることができます。ペンブロークの直系の祖先犬は、フランドル(フランス・ベルギーの大西洋に面した地方)の織工がウェールズに移住した際もたらされたとも、ヴァイキングが活躍していたころ、スウェーデンの犬がこの地に居残ったものともいわれています。

性格と特徴

友好的で頭がよく、物覚えがいい犬種です。しかし、落ち着きがなく興奮しやすい犬種でもありますので、子犬の頃からのしつけが必要です。足が短く胴が長い犬種で尻尾がないことで有名です。

大きさと寿命

体重は10~15キログラムで、体高は25~30センチメートルです。寿命は12~14年とされています。

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

ウェルシュ・コーギー・カーディガン
Photo by kina_standardさん Thanks!

歴史

原産地はイギリスとされていて、カーディガンの歴史はペンブロークに比べずっと古く、紀元前1200年頃までさかのぼります。当時、中央ヨーロッパからウェールズ地方にやって来たケルト民族が連れて来た犬だと言われており、カーディガンシャーという街で現在の形に改良されました。カーディガンはもともとダックスフンド系から発展して現在の形になったと考えられていますが、はっきりした起源はわかっていません。その後は、カーディガンシャーに住む人々がひっそりと飼っていたことから、その存在は長い間知られていませんでした。

性格と特徴

性格は明るく陽気で、何かに興味を持つと熱中してしまいます。足が短く胴が長いのはペンブローグと同じですが、狐のような尻尾がついているのが特徴的です。

大きさと寿命

体重は11~17キログラムで、体高は30センチメートルです。寿命は12~15年とされています。

毛色

カーディガン

ブラック&ホワイトおよびブリンドル&ホワイトが一番多いですが、ブルーマールなど、白が優勢でない色の組み合わせでバラエティに富んでいます。

ブラック&ホワイト

ブルーマール

ペンブローグ

ペンブローグの毛色はレッドかセーブル、フォーン、ブラック・アンド・タンの単色です。

レッド

セーブル

ブラック・アンド・タン(ブラックタン)

コーギーの長毛種

コーギーの毛は中くらいの長さとされていますが、極まれに「フラッフィー」と呼ばれる長毛も生まれるそうです。しかし、コーギーの長毛は劣勢遺伝子が含まれるのであまり好まれない傾向にあるそうです。

@mai01_corgiがシェアした投稿

コーギーのしっぽの断尾について


尻尾が生えていなことで有名なコーギー(ペンブローグ)ですが、本来尻尾はあるんです。牧畜犬として牛を追う仕事をしていたため、足は短く尻尾は牛に踏まれないように子犬のうちに切ってしまいます。現在では、牛に踏まれる可能性ありませんので、断尾をしていないコーギーも増えてきました。しかし、血統書登録団体によって断尾した姿が一般的とされています。

コーギーの飼い方

コーギーは体高が低いため小柄に思いがちですが、実際は中型犬で咬む力は大型犬と言われています。そのことを理解してしつけをしていく必要があります。また、コーギーは太くて固い毛「オーバーコート」と、細くて柔らかい「アンダーコート」からなるダブルコートの毛質です。そのため日々のブラッシングが必要です。

しつけのやり方

賢い犬種ではありますが、子犬の頃からの根気強くしつけていく必要があります。吠えや咬みつきもしやすい犬種なので、子犬のときの甘噛みから止めさせ咬んでもいいおもちゃを用意してあげましょう。また、コーギーは動くものを追いかける性質があるので、呼んだら戻ってくるようにする「呼び戻し」も大切です。

コーギーがかかりやすい病気

筋骨格系の疾患

筋骨格系の病気は「椎間板ヘルニア」や「膝蓋骨脱臼」に気を付ける必要があります。歩くとフラつく・引きずる、歩きたがらないなどの症状がみられます。足や腰に負担にならないよう、フローリングや階段には気を付けてあげると良いでしょう。

消化器疾患

消化器系の疾患では「胃腸炎」や「異物誤飲」に注意が必要です。うんちの回数や色や形(下痢)、吐いたりしていないか、こまめにチェックするようにしましょう。誤飲をしている場合、手術が必要となることもあるので、食べそうな物は近くに置かないように気を付けましょう。

泌尿器の病気

「尿石症」には特に注意が必要です。尿中のミネラル成分が結晶化し、腎臓や膀胱、尿道などで結石ができてしまう病気です。食事の種類や飲水量の減少、細菌の尿路感染、遺伝的体質が原因とされていて、血尿や頻繁にトイレに行く、排尿時に体を丸めるなどの症状がある場合は、動物病院で見てもらうようにしましょう。

コーギーをもっと知る

コーギーはどんな犬なのかもっと詳しく知りたい方のために、実際にコーギーを飼っている飼い主さんの声や、可愛い動画、ブログをご紹介します。

可愛いコーギーの動画

6匹のコーギーの無防備な寝姿がとっても可愛いくて癒されます!

ホースから出てくる水に大興奮! 捕まえようと必死です。

人気のコーギーブログ

コーギー大好き一家の奮闘記
コーギー大好き一家の奮闘記のトップページ
コーギー4匹の日々の出来事が書かれているので、多頭飼いを考えている人には特におすすめです!

kurokichi diary
kurokichi diaryのトップページ
カーディガンの魅力がたっぷり書かれています!

飼い主さんの声

男性 飼育歴:1年

  • コーギープロフィール

  • 年齢:1歳
  • 性別:オス


コーギーのコルク

1歳のコーギーを飼っています。一般的なコーギーよりはシュッとしていてプリケツではないですが、胴長短足で全力疾走する姿は見ていても飽きず、とてもかわいいです。猪突猛進タイプなので、トイプードルなど小さな犬種よりも中型・大型犬種の方が遊ぶのが楽しいようです。しかし元々牧羊犬なので、吠え癖、噛み癖は幼い頃にしつけないとトラブルの元になります。

コーギーのコルク

コーギーを飼うには

どこから迎えるかによって値段も変わってきます。

価格(値段)

一般的な価格の相場は10~30万円ほどですがどこから迎えるかによっても値段は変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)にもコーギーが登録されていますので、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

ブリーダーから迎える

毛色によっても値段が変わるため、ブリーダーに行ってみてどんな毛の色の子がいるか見てみるのもでしょう。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

コーギーと楽しむ

image1 (1)
コーギーは牧畜犬として活躍していたため、活発でとても体力があり、頭がよく何事にも意欲的な犬種です。そのため現在ではアジリティーやディスク(フリスビー)といった大会に出ているコーギーも多いです。コーギーを迎えるときは、しっかりとコーギーの性格や性質を理解してから飼いましょう!そして、コーギーの運動神経を生かして一緒に楽しめるドッグスポーツにチャレンジしてみるのもいいですね!

第2稿:2017年6月7日 公開
初稿:2015年11月1日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10