琉球犬の飼い方!性格や寿命、歴史・しつけを解説

琉球犬の飼い方!性格や寿命、歴史・しつけを解説

Share!

琉球犬(りゅうきゅういぬ・りゅうきゅうけん)は、沖縄生まれの中型犬で、絶滅寸前ともいわれています。今回は、あまり知られていない琉球犬の性格や寿命、飼い方などを紹介します。

琉球犬の基礎知識

琉球犬インスタ
Photo by mlife_0154さん Thanks!

英語表記 Ryukyu Inu
原産国 日本
サイズ 中型犬
体高 男の子:約46〜50cm
女の子:約43〜47cm
体重 男の子:約14kg
女の子:約13kg

琉球犬は、沖縄で生まれた犬種の一つです。

読みは「りゅうきゅういぬ」「りゅうきゅうけん」、海外では「Ryukyu Inu」として一部のファンに愛されています。

琉球犬の歴史

琉球犬は、縄文時代初期に沖縄に渡った山岳狩猟犬の仲間であるといわれており、現在は絶滅の危機があるとして「琉球犬保存会」により保護されている犬種です。

琉球犬という名前も、1990年に保存会によって名付けられました。

それまでは「トゥラー(虎)」「アカイン(赤い犬)」と呼ばれ、イノシシや鳥を追う猟犬として飼われていたそうです。

生まれた土地の特徴柄、本州で生まれた日本犬よりも日本古来の犬の血が濃く、現在の日本犬の基礎となったのではないかといわれています。

琉球犬保存会の尽力によって、琉球犬は1995年に沖縄県の指定天然記念物として登録されました。「日本犬保存会」には登録されていません。


琉球犬の大きさ

琉球犬の体高は男の子がおよそ46〜50cm、女の子が43〜47cmです。体重は男の子がおよそ14kg、女の子がおよそ13kgで、20kgを超える琉球犬もいます。


琉球犬の毛色

琉球犬は、比較的短い毛を持つ犬種です。

琉球犬の毛色には「赤トゥラー(茶色×黒のストライプ)」「黒トゥラー(黒地×茶のストライプ)」「白トゥラー(白地×黒のストライプ)」「赤犬(レッド一色のもの)」があり「赤トゥラー」の琉球犬が一番多いようです。

琉球犬の性格

琉球犬は人懐っこく、おとなしい性格の持ち主です。飼い主にとても従順で、勇敢な面もあります。

琉球犬の育て方

琉球犬インスタ
Photo by mlife_0154さん Thanks!

猟犬として飼われていた琉球犬には、適度な運動が欠かせません

小動物に敏感に反応し、獲物を捕獲するまで追いかけるという習性があるため、散歩は必ずリードをつけ、目を離さないようにしたほうがよいでしょう。

琉球犬のしつけ方

琉球犬のしつけには、子犬のころからしつけ教室に通わせたり、たくさんの芸を教えたりし、楽しんでしつけを行いましょう。

保護犬などで成犬になってから家族に迎えた場合も、しつけをし直すことは可能です。

琉球犬のお手入れケア

毛の短い琉球犬には、トリミングは必要ありません。ただし、歯磨きや爪切りなど、基本的なケアは怠らないようにしましょう。

特に琉球犬は、指が6本、つまり爪も6本あることがあるので、忘れないようにケアしてあげることが大切です。


琉球犬のかかりやすい病気

琉球犬がかかりやすい病気として特別に指定されているものはありませんが、他の犬種と同じように定期的な検診を行いましょう。

琉球犬に似ている犬種

琉球犬は、同じく日本生まれの日本犬に似ています。

北海道犬

北海道犬と琉球犬

北海道犬は、北海道生まれの犬種です。体高は琉球犬とあまり変わりませんが、北海道犬は体重が約20.5~29.5kgと、琉球犬より少し重い犬種です。

寒い地域で暮らせるよう、皮下脂肪が多くなっているようです。琉球犬と同じく、日本古来の犬の血が他の日本犬よりも濃いといわれています。


紀州犬

紀州犬

紀州犬は、近畿地方で生まれた犬種です。大きさや体重は琉球犬と同じくらいの中型犬で、主な毛色が白という特徴があります。


甲斐犬

甲斐犬

甲斐犬は「虎毛犬」と呼ばれることもある日本犬です。

その名の通り、虎のような模様のある被毛を持っており、琉球犬ととてもよく似ています。体高や体重も同じくらいです。


琉球犬の迎え方

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば、信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップで見つけるのは難しいかもしれません。大手ペットショップなら、日本全国の支店にいる犬の情報を教えてもらえることがあるので、まずは問い合わせてみましょう。

天然記念物の琉球犬を未来に残そう!

日本が生んだ歴史ある犬「琉球犬」。絶滅寸前といわれ、沖縄にも「100匹いないのではないか」といわれています。

お迎えする際は、犬種のことを理解した上で、お迎えしましょう。


参考文献