琉球犬の飼い方|沖縄生まれの犬種の性格・寿命・大きさ・しつけを解説

琉球犬は、沖縄生まれの中型犬です。今は絶滅寸前ともいわれています。今回は、あまり知られていない琉球犬の特徴や性格、甲斐犬との違いなどを紹介します。

琉球犬の基礎知識

琉球犬インスタ
Photo by mlife_0154さん Thanks!

英語表記 Ryukyu Inu
原産国 日本
サイズ 中型
体高 オス:約46〜50cm
メス:約43〜47cm
体重 オス:約14kg
メス:約13kg

琉球犬は、沖縄で生まれた犬種の一つです。読みは「りゅうきゅういぬ」「りゅうきゅうけん」、海外では「Ryukyu Inu」として一部のファンに愛されています。

琉球犬の歴史

琉球犬は、縄文時代初期に沖縄に渡った山岳狩猟犬の仲間であると言われており、現在は絶滅の危機があるとして「琉球犬保存会」により保護されている犬種です。琉球犬という名前も、1990年に保存会によって名付けられました。

それまでは「トゥラー(虎)」「アカイン(赤い犬)」と呼ばれ、イノシシや鳥を追う猟犬として飼われていたそうです。生まれた土地の特徴柄、本州で生まれた日本犬よりも日本古来の犬の血が濃く、現在の日本犬の基礎となったのではないかといわれています。

琉球犬保存会の尽力によって、琉球犬は1995年に沖縄県の指定天然記念物として登録されました。「日本犬保存会」には登録されていません。


琉球犬の大きさ

琉球犬の体高はオスがおよそ46〜50cm、メスが43〜47cmです。体重はオスがおよそ14kg、メスがおよそ13kgで、20kgを超える琉球犬もいます。

琉球犬に似ている犬種と違い

琉球犬は、同じく日本生まれの日本犬に似ています。その中で、北海道犬紀州犬甲斐犬と比較してみましょう。

北海道犬

北海道犬と琉球犬

北海道犬は、北海道生まれの犬種です。体高は琉球犬とあまり変わりませんが、北海道犬は体重が約20.5~29.5kgと、琉球犬より少し重い犬種です。寒い地域で暮らせるよう、皮下脂肪が多くなっているようです。琉球犬と同じく、日本古来の犬の血が他の日本犬よりも濃いといわれています。


紀州犬

紀州犬

紀州犬は、近畿地方で生まれた犬種です。大きさや体重は琉球犬と同じくらいの中型犬で、主な毛色が白という特徴があります。


甲斐犬

甲斐犬

甲斐犬は、「虎毛犬」と呼ばれることもある日本犬です。その名の通り虎のような模様のある被毛を持っており、琉球犬ととてもよく似ています。体高や体重も同じくらいです。


琉球犬の性格

琉球犬は、人懐こくおとなしい性格の持ち主です。飼い主にとても従順で、勇敢な面もあります。

琉球犬の被毛について

琉球犬は、比較的短い毛を持つ犬種です。

琉球犬の毛色

琉球犬の毛色には、赤トゥラー(茶色×黒のストライプ)、黒トゥラー(黒地×茶のストライプ)、白トゥラー(白地×黒のストライプ)、赤犬(レッド一色のもの)があり、赤トゥラーの琉球犬が一番多いようです。

琉球犬の育て方

琉球犬インスタ
Photo by mlife_0154さん Thanks!

猟犬として飼われていた琉球犬には、適度な運動が欠かせません。小動物に敏感に反応し、獲物を捕獲するまで追いかけるという習性があるため、散歩は必ずリードをつけ、目を離さないようにしたほうがよいでしょう。

琉球犬のしつけ方

琉球犬のしつけには、子犬のころからしつけ教室に通わせたり、たくさんの芸を教えたりして楽しんでしつけてあげましょう。保護犬などで成犬になってから家族に迎えた場合も、しつけをし直すことは可能です。

琉球犬のお手入れケア

毛の短い琉球犬には、トリミングは必要ありません。ただし、歯磨き爪切りなど基本的なケアは怠らないようにしましょう。特に琉球犬は、指が6本、つまり爪も6本あることがあるので、すべて忘れないようにケアしてあげることが大切です。


琉球犬のかかりやすい病気

琉球犬がかかりやすい病気として特別に指定されているものはありませんが、他の犬種と同じように獣医への定期的な訪問や、健康管理をしてあげましょう。

琉球犬の貴重な動画

目にする機会の少ない琉球犬、動く姿を収めた動画も大変貴重です。

琉球犬RIN、野良犬と遊ぶ

赤トゥラー(赤トラ)の琉球犬、凛くんが当時ご近所に来るようになったという3頭の野良犬と遊ぶ様子です。少し大きめなのが凛くんです。



琉球犬RIN、水遊びは日課です!

もう一つ、琉球犬の凛くんの動画をご紹介します。お水遊びはこんなに楽しんでいるのに、なんと雨は苦手なのだそうです。



琉球犬の子犬たち、里親募集中!

生まれたばかりの琉球犬の子犬たちのキュートすぎる動画です。当時、この動画で里親を募集していました。



琉球犬の迎え方

琉球犬を家族に迎えるには、ペットショップから迎える方法、ブリーダーを探す方法、シェルターや保健所から犬を保護する方法があります。どの方法にも長所・短所がありますので、よく考えてみてください。

ペットショップから迎える

沖縄県の指定天然記念物をペットショップで見つけるのは難しいかもしれません。大手ペットショップなら、日本全国の支店にいる犬の情報を教えてもらえることがあるので、まずは問い合わせてみましょう。

ブリーダーから迎える

珍しい犬種を専門に扱うブリーダーは、犬種についての深い情報を教えてくれることがあります。残念ながら良いブリーダーばかりではないので、口コミなどをもとに探してみるとよいでしょう。


保護犬を家族に迎える

琉球犬に限らず、日本犬もシェルターや保健所に保護されていることがあります。ペトことの姉妹サイトである保護犬・保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」で見てみてくださいね!

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

OMUSUBIで保護犬猫を探す



天然記念物の琉球犬を未来に残そう!

日本が生んだ歴史ある犬、琉球犬。絶滅寸前といわれ、もう沖縄にも100匹いないのではないかといわれていますが、これからの動向に注目です。

参考文献