プチブラバンソンの飼い方|性格・寿命・体重・しつけ・かかりやすい病気を紹介

プチブラバンソンは、日本やヨーロッパで犬種登録されているベルギー生まれの犬です。最近では日本でも人気が出てきましたが、よくパグと間違えられるという悩みを抱えた飼い主さんも多いのだとか。プチブラバンソンの性格や飼い方はもちろん、パグとの違いもしっかりご紹介します!

プチブラバンソンの歴史と基礎知識

プチブラバンソン椅子

プチブラバンソンは、ベルギー原産の小型犬です。ベルギーではドイツ語、オランダ語、フランス語共通の「Petit Brabançon」という表記が使われ、英語では「Petit Brabancon」や「Petit Brabanson」と表記されます。「プチプラバンソン」と表記されることもありますが、誤りです。アメリカなどでは「grumpy dog(不満顔の犬)」として人気です。

とても警戒心が強く、馬小屋や馬車を守っていた歴史もあります。ベルギーの王室に可愛がられたことから、1900年ごろ特に人気があった犬種です。ブリュッセルグリフォン、ベルジアングリフォンと同じ祖先から生まれた犬であるとされ、ジャパンケネルクラブではこの3犬種を別の犬種として扱っていますが、毛色や毛の長さが違うだけの同じ犬種とする国もあります。


プチブラバンソンの大きさと寿命

プチブラバンソンの体高は18~20センチメートル、体重はおよそ3.5〜6キログラムになります。寿命は10〜14年ほどといわれています。

プチブラバンソンに似ている犬種と違い

プチブラバンソンは、パグとよく間違えられます。祖先が同じであるブリュッセルグリフォン、ベルジアングリフォンともよく似ています。


パグ

プチブラバンソンとパグ

間違えられるほどプチブラバンソンとよく似ているパグですが、実は大きさが違います。大きくても体高20センチメートル、体重6キログラムほどのプチブラバンソンに対し、パグの体高は25~28センチメートル、体重は6~8キログラムと、一回り大きいイメージです。

ブリュッセルグリフォン、ベルジアングリフォンとの違い

プチブラバンソンとグリフォン

ブリュッセルグリフォンおよびベルジアングリフォンとプチブラバンソンの違いは、毛の長さです。プチブラバンソンは毛が短いのが特徴ですが、ブリュッセルグリフォンとベルジアングリフォンは毛が長く、主に毛が茶色いのがブリュッセルグリフォン、黒いのがベルジアングリフォンと呼ばれます。

プチブラバンソンの性格

プチブラバンソンは注意深く、警戒心が強い性格の持ち主として知られています。家族への愛情が深いのも特徴です。

プチブラバンソンの被毛について

プチブラバンソンの毛は2センチメートル以下とされています。硬く、日光などを受けて輝く毛質です。


プチブラバンソンの毛色

レッド、ブラック、ブラックタンのプチブラバンソンがいます。

レッド

プチブラバンソンレッド
Photo by lowethegriffonさん Thanks!

ブラック

プチブラバンソンブラック
Photo by piesek_samo_zloさん Thanks!

プチブラバンソンの育て方

では、プチブラバンソンの育て方を見てみましょう。

プチブラバンソンのしつけ方

賢いプチブラバンソンは、比較的しつけのしやすい犬として知られています。プチブラバンソンには叱るスタイルのしつけではなく、「できたら褒める」のポジティブなしつけ方法が有効です。家族への愛情が深く、どこへでも一緒に行きたがるタイプの犬ですので、あまり長いお留守番はお勧めできません。


プチブラバンソンのお手入れケア

プチブラバンソンお洋服
Photo by petit_crunさん Thanks!

プチブラバンソンは毛の短い犬種ですので、1週間に1度程度のブラッシングでよいでしょう。春や秋の抜け毛シーズンには、毎日ブラッシングしてあげることが推奨されています。また、毛が短く体の小さな犬種ですので、寒い季節にはお洋服などで身体を守ってあげましょう。


プチブラバンソンのかかりやすい病気

プチブラバンソンは比較的健康的な犬種であるとされていますが、健康チェックのために定期的に獣医へ連れていってあげましょう。小型犬がなりやすいといわれている膝蓋骨脱臼(パテラ)にも注意が必要です。


プチブラバンソンの動く姿ってどうなってるの!?

まるでおもちゃのように愛嬌のあるお顔が特徴的なプチブラバンソンですが、もちろん動く姿もキュートです♪

子ブラバンソンの大冒険

まずは、思わず「可愛〜い!」と叫ばずにはいられない! プチブラバンソンの子犬をご紹介します。お外は初めてでしょうか、ヨチヨチぴょんぴょん歩く姿に注目です。



プチブラバンソンと赤ちゃん

赤ちゃんと触れ合うプチブラバンソン。赤ちゃんを舐める姿が、まるで子犬をあやすお母さんみたいです。



プチブラバンソンのプロモーションビデオを発見!

まるでプチブラバンソンのプロモーション動画のような、かっこいい動画を発見しましたよ!



プチブラバンソンの迎え方

プチブラバンソンを迎えるには、ペットショップやブリーダーから探す方法、またはお近くのシェルターやインターネットで保護犬を里親として迎える方法があります。

ペットショップから迎える

ここ数年で人気が出てきたプチブラバンソン。とはいえ、偶然訪れたペットショップで出会うということは無さそうです。ペットショップによってはインターネットや電話で全国のお取り扱い犬種を調べることができるので、まずお問い合わせをしてみましょう。迷子になった時に見つかりやすいように、前もって全ての犬にチップを埋め込んでいるペットショップもあります。

ブリーダーから迎える

プチブラバンソンをブリーダーからお迎えする前に、ブリーダーの評判やレビューを参考にすることをお勧めします。家族に迎えたあとも相談にのってくれるような、経験豊かなブリーダーさんに出会えると良いですね。

保護犬を家族に迎える

新しく犬を家族に迎えようと思った際には、ぜひお近くのシェルターやインターネットで里親を探している犬を探してみてください。血統書がある犬がいたり、「どうしてこんな子が?」と思うほど可愛い子がいたり、素敵な出会いが待っているかもしれません。

プチブラバンソンがいれば、毎日ニコニコ間違いなし!

特徴のあるお顔が「一度見たら忘れられない!」と人気のプチブラバンソン。キュートなおとぼけ顔で、毎日をハッピーにしてくれそうですね。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!


保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参考文献