ハバニーズの飼い方!性格や寿命、ケア方法やしつけなどを解説

Share!

日本ではあまりメジャーではありませんが、欧米ではとても人気のあるハバニーズ。まるでバネがついているように弾んで歩き、ピエロのように面白い性格と比喩されることもハバニーズは、賢く社交的で都会暮らしに向いています。今回はそんなハバニーズの性格や寿命といった基礎知識から、ケア・しつけといった飼い方などを紹介します。

ハバニーズの基礎知識

ハバニーズ家族
Photo by 50_shades_of_a_havaneseさん Thanks!

英語表記 HAVANESE
原産国 キューバ
サイズ 小型犬
体高 23〜27cm
体重 3〜6kg
寿命 14~16歳

ハバニーズの歴史

小さいボディーに社交的な性格を持つハバニーズは、都会で飼うのにふさわしい犬種であるといわれています。

仕事をさせるために生まれた犬ではなく、古くから貴族や上流階級の人々に愛玩犬として愛されてきました。

小説家・詩人であるアーネスト・ヘミングウェイが飼っていた犬としても知られています。

ハバニーズの大きさと寿命

ハバニーズの体高は23〜27cm(21〜29cmが許容範囲)ほどで、体重はおよそ3〜6kgになります。

寿命は14〜16年ほどといわれています。


ハバニーズの被毛

ハバニーズの被毛は、柔らかく長く密集して生えているのが特徴です。

ハバニーズの被毛タイプ

ウェーブがかかったシルクのような長い毛を持つハバニーズが一般的ですが、毛が縄のように絡み合った「コーディッドコート(corded coat)」と呼ばれるハバニーズもいます。

ハバニーズの毛色の種類

「ブラック」「クリーム」「フォーン」など、ハバニーズにはさまざまな毛色が存在します。

ブラック(黒)

Photo by januarymerumoさん Thanks!

クリーム

Photo by tiajyujyutofuliさん Thanks!

フォーン

Photo by 50_shades_of_a_havaneseさん Thanks!

ハバニーズの性格

ハバニーズの性格は、賢く、社交的。また、ピエロのようだと表現されることもあるほど面白い性格の持ち主として知られています。

吠えることがあまりないのも「シティ・ドッグ(都会向けの犬)」と言われる理由です。

見た目が可愛く、飼いやすいという理由から、アメリカではなかなかの人気者なのです。攻撃性のある動物でなければ、他のペットと一緒に飼うのは問題ありません。

ハバニーズの育て方

ハバニーズはとても賢くしつけやすいと言われていますが、しつけをする上で注意することがあります。

ハバニーズのしつけ方

賢く飼い主の気持ちに敏感に反応するハバニーズには「できなかったら叱る」ではなく「できたら大げさに褒める」というポジティブなしつけ方でしつけてください。

また、ハバニーズの社交性を引き出すため、子犬のころから他の犬と遊ばせてあげることも大事です。


ハバニーズのお手入れケア

ハバニーズの長い毛を美しく保つには、ブラッシングが欠かせません。

コームや柔らかいブラシなどを使って、週に2、3回はブラッシングをしてあげるようにしましょう。定期的にシャンプーしてあげることも大切です。

涙やけを防ぐために、目の周りを乾いた柔らかいタオルで優しく拭いてあげるケアも必要です。

濡らしたガーゼやペーパータオルなどで耳を掃除するのも忘れないようにしましょう。


ハバニーズのかかりやすい病気

ハバニーズは健康的で、長生きをする犬といわれています。

しかし小型犬によく見られる「膝蓋骨脱臼(パテラ)」や「軟骨異形成」「心雑音」「目の疾患」などに注意が必要です。


ハバニーズに似ている犬種と違い

ハバニーズによく似た犬種に「マルチーズ」「ボロニーズ」「ビションフリーゼ」がいます。

マルチーズ

ハバニーズマルチーズ

ハバニーズとマルチーズは同じ祖先を持つのではないかといわれており、ウェーブがかった毛や丸く大きな目など、たくさんの共通点があります。

ハバニーズとマルチーズの大きな違いは、毛色です。フォーンやブラックなど、さまざまな毛色を持ったハバニーズがいますが、マルチーズは基本的にはホワイト一色であるとされています。

また、ハバニーズが最低およそ3kgであるのに対して、マルチーズは最大で3kg。ハバニーズのほうがマルチーズより少し大きいというのも違いのひとつです。

ボロニーズ

ボロニーズ

一見、見分けるのが難しいですが、体重はおよそ2.5〜4kgでハバニーズより小さく毛色はホワイト一色です。

ビションフリーゼ

ビションフリーゼ

アフロカットが似合うビションフリーゼとハバニーズとの違いは真っ白でクルクルした巻き毛です。

ハバニーズの迎え方

Photo by lil.havanese.famさん Thanks!

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば、信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップによって取り扱いがあるか分かれる犬種のため、実際に足を運ぶ前に確認することをおすすめします。

ハバニーズと素敵な毎日を!

愛情たっぷり、コミカルな動きで人気のハバニーズ。

彼らとの暮らしは、きっと笑顔たっぷりの素敵な毎日になること間違いありません。


参考文献