ボロニーズの飼い方!性格や寿命、しつけなどを解説

ボロニーズの飼い方!性格や寿命、しつけなどを解説

Share!

ボロニーズは、真っ白の毛がふわふわしてキュートな小型犬です。マルチーズやビションフリーゼに似ていますが、実は性格はとっても個性的。今回は、そんなボロニーズについて、性格や寿命、お手入れなどを紹介します。

ボロニーズの歴史と基礎知識

英語表記 Bolognese
原産国 イタリア
サイズ 小型犬
体高 男の子:27〜30cm
女の子:25〜28cm
体重 2.5〜4kg
寿命 12~14歳

ボロニーズの歴史

ボロニーズは、その名の通り、イタリアのボローニャで生まれた犬種です。

ルネッサンス期のイタリアの王がベルギーのプリンセスに贈ったといわれているほどその歴史は古く、なんと紀元前の文献にも登場します。

その後一度ボロニーズは絶滅の危機にありましたが、ヨーロッパのボロニーズ愛好家たちの努力により絶滅を免れています。

アメリカンケネルクラブによると、イギリスのドッグショーにボロニーズが初めて登場したのが2002年、アメリカンケネルクラブのドッグショーへの初出場は2008年です。

英語では「Bichon Bolognese(ビション・ボロニーズ)」と表記されることもあり、短く「Bolo」と呼ばれることもあります。

大きさと寿命

体高はオスが27〜30cm、メスが25〜28cm。体重はおよそ2.5〜4kgです。寿命は12〜14年といわれています。


毛色

ボロニーズの毛色は、ホワイト一色です。

ボロニーズの性格や特徴

ボロニーズは、遊ぶのが大好きで、おっとりとした性格を持っています。

家族と一緒にいることが大好きで、分離不安になりやすいボロニーズは、お留守番が苦手です。そのため、家族全員が一日中いない留守がちの家庭には向きません

ボロニーズの被毛について

ボロニーズの毛

ボロニーズの毛は、ふわふわでコットンのような質感です。

毛があまり抜けないことでも知られており、軽い犬アレルギーであれば一緒に暮らしても問題がないといわれています。

ボロニーズの飼い方

小型犬のボロニーズは、他の小さな犬同様「Small Dog Syndrome(スモールドッグシンドローム)」、つまり小型犬症候群にかかりやすいので、しつけに注意が必要です。

小型犬症候群とは

小型犬は、飼い主の育て方によって、他人や他の犬に吠えたり襲いかかったりするなど、必要以上に攻撃的になることがあります

怖いという理由から吠えることもあったり、家族と離れるのが不安すぎて「分離不安」になってしまうことも。これらをまとめて「小型犬症候群」といいます。

しつけ方

家族と離れるのが苦手なので、あまり留守がちにしないようにしましょう。

恥ずかしがり屋なところがあって家族以外へ懐くのが少し難しい犬種ですので、小さいころから人に慣れさせておくことが必要です。

ケア

真っ白な毛が特徴の犬種なので、綺麗に保つために頻繁にシャンプーをすることが必要です。

特に目の周りは、白さを保つだけではなく病気にかからないようにするためにも、こまめな毛のカットをしてあげてください。

他の犬種同様「耳の掃除」「歯磨き」「爪切り」は欠かせません。


ボロニーズのかかりやすい病気

ボロニーズは、健康な犬種として知られています。それでも、定期的に獣医で目の検査や健康チェックをすることが推奨されています。

ボロニーズに似ている犬種

ボロニーズに似た犬種としては、日本でもおなじみの「マルチーズ」や「ビションフリーゼ」、地中海で生まれた犬種「ハバニーズ」、マダガスカル生まれの犬種「コトン・ド・テュレアール」が挙げられます。

どれも白いふわふわとした毛が特徴で、大きさや顔つきが少しずつ異なりますが、初見ではなかなか見分けがつきません。

それもそのはず、実はこの5つの犬種はルーツが同じといわれています。

マルチーズ

マルチーズとボロニーズ比較

体重がおよそ2.5kg、体高が25cm。ボロニーズに比べると少し小さめで、ボロニーズに比べると目が少し大きいイメージです。

ビションフリーゼ

ボロニーズとビションフリーゼ比較

体重、体高ともにボロネーゼとあまり変わりません。プードルに間違えられることもあるほど、毛の密度が大きな違いでしょう。

ハバニーズ

ハバニーズとボロニーズ比較

体重が4〜5kgと、ボロニーズに比べて大きめです。ホワイトが主な毛色である上記の犬種と違って、黒やブラウンなどのハバニーズもいます。

コトン・ド・テュレアール

コトン・ド・テュレアールとボロニーズ比較

7kg近くになることもある、この中では比較的大きな犬種。ハバニーズと同様、コトン・ド・テュレアールにも黒い毛色が存在します。

ボロニーズの迎え方

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

血統など気にするのであれば、信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

月齢やペットショップによって大きく異なりますが、一般的な価格の相場は30万円前後です。

キュートなボロニーズと一緒にアクティブに過ごそう

寂しがりやで分離不安になりやすいというボロニーズ。

常に家族と一緒にいたい犬種だから、旅行やお出かけなど、一緒に暮らすとアクティブになれるかもしれません。


参考文献