ボストンテリアの飼い方!性格や寿命、しつけなどをトレーナーが解説

Share!

ボストンテリアはコンパクトな体格と、鼻が短くて可愛いと人気の犬種です。本稿ではボストンテリアの性格や寿命、体重といった基礎知識からかかりやすい病気やしつけ、お手入れなどをドッグトレーナーの長根が紹介します。

ボストンテリアの基礎知識

見上げるボストンテリア

英語表記 Boston terrier
原産国 アメリカ
サイズ 小型犬
体高 38~43cm
体重 4.5~11.5kg
寿命 13~15歳

ボストンテリアは英語で「Boston terrier」と表記します。名前である「ボストン」とは、マサチューセッツ州の都市であるボストン市で生まれたことからその名が付きました。

紳士的な犬として親しまれ、初めて犬を迎える人にも飼いやすい犬種です。

ボストンテリアの歴史

ボストンテリアの原産はアメリカです。アメリカの原産の犬種としては3番目に古いといわれています。

1870年代にボストン市周辺で「ブルドッグ」と「ホワイト・イングリッシュ・テリア(ブルテリアの祖先でもある)」の交配によって作り出されました。

当時は現在よりもはるかに大きく、23kgほどあり「ボストン・ブル」と呼ばれていました。長い年月と努力によって、現在の大きさのボストン・テリアに小型化されました。

ボストンテリアの毛色

毛色はブラックに規則的なホワイト・マーキングが見られるのが一般的です。その他に「ブリンドル」や「シール」といった毛色があります。

ブラック&ホワイト

ブラック&ホワイトのボストンテリア

マホガニーブリンドル

マホガニーブリンドルのボストンテリア

主とする地色に、他の指し色がまんべんなく混ざっている毛色のことを「ブリンドル」といいます。

シールホワイト

黒の毛色ですが、明るい光の下では赤みがかって見える毛色を「シール」といいます。

ボストンテリアとフレンチブルドッグの違い

ボストンテリアとフレンチブルドッグ
(左)ボストンテリア / (右)フレンチブルドッグ

ピンと立った耳、短い鼻と尻尾ととてもよく似ています。2匹の違いは耳の形と大きさ、顔の大きさや体格の違いといったところです。

フレンチブルドッグの耳は、付け根の幅が広い「コウモリ耳」と呼ばれる大きく、丸みのある耳が特徴的です。

一方、ボストンテリアの耳は幅が細く、尖がった耳をしています。ボストンテリアの方がコンパクトな体つきで、顔も小さいです。

ボストンテリアの性格や特徴

上目遣いのボストンテリア

「ブルドッグ」と「テリア」の血が入っていますが、テリア気質である「独立心」や「興奮性」といった気質は少なく、性格は友好的で活発、高い知性を持っています。

短い鼻と尻尾が特徴的で、毛は短いスムースコートと呼ばれる被毛をもっています。被毛がタキシードを着ているように見えることから「タキシードを着た紳士」とも呼ばれているそうです。


ボストンテリアの育て方

走るボストンテリア

小柄で吠えにくく、集合住宅でも飼いやすいですが、体力があるので運動が必要です。家で遊んであげるだけでなく、散歩は1日60分ほどして運動量を確保してあげましょう。

また、他の犬種に比べて短頭種は暑さに弱いので、暑がっていないか、呼吸が乱れていないか注意してあげましょう。

ボストンテリアのしつけ方

ボストンテリアは吠え癖がなく、初心者でも飼いやすいとされています。

しかし、子犬の頃からいろいろな刺激に慣れさせることや「呼び戻し」など根気強くしつけをすることが大切です。


ボストンテリアのお手入れケア

短毛のため、トリミングをする必要はありませんが、定期的なブラッシングをしてあげましょう。

また、短頭種なので口回りは汚れやすく、炎症を起こしやすいため、食事の後には、口周りを拭いてあげましょう。

ボストンテリアがかかりやすい病気

おもちゃで遊ぶボストンテリア

ボストンテリアは短頭種ならではの病気である「鼻腔狭窄」や、喉の奥にある軟口蓋が、気道を塞いでしまう「軟口蓋過長」にかかりやすいです。

短頭種の犬は元々いびきをかきやすいのですが、心配な場合は一度動物病院で相談しましょう。

その他、後ろ脚の膝蓋骨が正常な位置から内外に外れてしまう「膝蓋骨脱臼」、アトピー性皮膚炎の好発犬種でもあります。

また、遺伝的なものが多い「てんかん」や、瞬膜が炎症を起こし赤く腫れてしまう「チェリーアイ」と呼ばれる目の病気も気を付けたい病気です。

おならのにおいが臭く回数が多かったり下痢や嘔吐をしたりする場合は、胃内や腸内環境が悪化して起こる病気の可能性もあります。


ボストンテリアの迎え方

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

好きな毛色や、血統など気にするのであれば信頼できるブリーダーから迎えるという方法もあります。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

月齢や血統、ペットショップによって大きく異なりますが、一般的な価格の相場は20~40万円ほどです。

ボストンテリアと楽しい暮らしを!

ボストンテリア

暑さ寒さに弱いボストンテリアは生活の上で、室温調整をしっかりしてあげましょう。寒い冬には洋服を着せてあげることで、体温調節を助けてあげることもできます。

最近は可愛い洋服もたくさんあるので、首輪に合わせてみるのもいいかもしれません。


参考文献