ドッグフードの添加物が気になる方へ 危険性・安全性を一覧で解説します。

ドッグフードの添加物が気になる方へ 危険性・安全性を一覧で解説します。

こんにちは、編集長の山本です。ドッグフードを選ぶ際に迷うことの一つに「添加物」があると思います。カタカナが多く、聞き慣れない成分ばかり。「発がん性がある」と聞けば愛犬に悪影響があるのではと不安が募りますよね。そこで今回は、添加物の必要性から種類、注意点まで解説します。

ドッグフードの「添加物」って何?

PETOKOTO FOODSを食べるフレブル

添加物(食品添加物)とは、食品をつくる際に加工しやすくしたり保存性を高めたりすることを目的として使用されるものです。「保存料」や「酸化防止剤」など、私たちが食べるものにも使われますので、聞いたことがある方も多いと思います。

そんな添加物はドッグフードにも必要なのでしょうか? 答えは、少しあいまいですが「目的によって必要なときもある」です。目的があって添加されるものですから、例えば長期保存をするためには先ほどの保存料や酸化防止剤が必要です。無添加にこだわって腐ったり劣化したものを食べさせたら本末転倒ですよね。

愛犬のごはんに必要な添加物さえ理解しておけば、難しい成分を全て勉強する必要はありません。ぜひ今回の記事で「添加物への苦手意識」を克服してもらえればと思います。

ドッグフードに添加物が使用される理由

小麦粉か何か

ドッグフードの添加物は、主に四つの目的で使用されます。

  1. 栄養をバランス良くするため
  2. 食いつきを良くするため
  3. 品質安定・保存性向上のため
  4. 飼い主さん向け

最後の「飼い主さん向け」というのは、飼い主さんに美味しそうと思わせて購入につなげるのが目的です。

ピンクやグリーンのドライフードを見たことがあると思いますが、それには「赤色◯号」のような着色料が使われています。お肉の鮮やかな色を保つために「亜硝酸ナトリウム」に代表される発色剤が使われることもあります。

ドライフード

着色料や発色剤は犬に必要のないものです。それらの成分が良いか悪いかを考えるまでもなく、犬のためにつくられていないドッグフードを選ぶのはやめましょう。使われることの多い着色料や発色剤は以下の通りです。

分類名
着色料 赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号、カラメル色素、ビートレッド、β-カロテン、二酸化チタン
発色剤 亜硝酸ナトリウム

他の三つの目的について、詳しく解説していきます。


栄養をバランス良くするための添加物

PETOKOTO FOODSと2匹の犬

ドッグフードは栄養がバランス良く摂取できるように、ビタミンやミネラルが添加されることがあります。それらは「栄養強化剤」と呼ばれる添加物です。

もしかしたら、「添加物じゃなく食材を足せばいいのでは?」と思うかもしれません。しかし食材にはさまざまな栄養が含まれていますので、ある成分を増やそうと食材を足せば、他の成分も増えて過剰になってしまいます

特に「総合栄養食」は各栄養素に基準がありますので、バランスの良い配合にするためには食材だけでなくビタミンやミネラルの添加が不可欠なのです。サプリメント(目的食)のように、添加されていることをウリにしている商品もあります。

PETOKOTO FOODSの食品表示サンプル

栄養強化剤は、「ビタミン類(A、D、E、B1)」のように括弧書きで表記されます。記載できる面積が少ない商品は「ビタミン類」と省略することも可能です(※)。使われることの多い栄養強化剤は以下の通りです。

分類名
ビタミン類 ビタミンA、D、E、K、B1、B2、B6、B12、コリン、葉酸、パントテン酸、ナイアシン
ミネラル ナトリウム(Na)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、カリウム(K)、リン(P)、マンガン(Mn)、セレン(Se)、ヨウ素(I)、亜鉛(Zn)、鉄(Fe)
アミノ酸 DL-メチオニン、L-リジン、タウリン
※内容量が100g以下の缶詰または表示可能面積が120cm²以下のもの


食いつきを良くするための添加物

砂糖の瓶

香料(着香料・フレーバー)や甘味料は食いつきを良くするために添加されます。食いつきが悪くて困っている飼い主さんにとって、香料や甘味料が添加されたドッグフードは救世主のような存在かもしれません。

しかし、それらが飼い主さんのことを想って添加されているとは限りません。良い匂いがしない粗悪な原材料が使われていたり、余計な添加物が多すぎて変な臭いがしたり、香料や甘味料を足して臭いをごまかしている場合もあります

食いつきで困っている場合は、まず新鮮なごはんを食べさせてみてください。手作りごはんなら食べるワンちゃんも少なくありません。毎日手作りは難しい……という方には、ペトことオリジナルのフレッシュフード「PETOKOTO FOODS」をオススメしています。


品質安定・保存性向上のための添加物

ドライフード

ドッグフードの品質を保つために、保湿剤や乳化剤、保存料、酸化防止剤が使われます。品質安定と保存性向上の二つにわけて説明します。

品質を安定させるための添加物

品質を安定させるための添加物として、「保湿剤」「乳化剤」「増粘安定剤」「pH(ペーハー)調整剤」があります。

保湿剤

保湿剤は、セミモイストフードやソフトドライフードなど、いわゆる「半生フード」でしっとりとした食感を保つために使われます。グリセリンやプロピレングリコール、ソルビトールが一般的です。

プロピレングリコールは猫に毒性が強く、ペットフード安全法でキャットフードでの使用が禁止されています。犬で毒性は認められていませんが、ドッグフードでも使用量に制限が設けられています。


シーズー

乳化剤

乳化剤は、水と油を混ぜて均一に保つために使われます。例えばドレッシングは振って混ぜなければ水と油に分離していますが、マヨネーズは水と油が混ざった状態を保っています。それは、卵黄に含まれる成分が乳化剤として水と油を結びつけているためです。

乳化は品質が均一化したり、舌触りが良くなったりするメリットがあります。ドッグフードでは乳化剤として、グリセリン脂肪酸エステル、植物レシチン、卵黄レシチンなどが使われます。

増粘安定剤

増粘安定剤は、とろみをつけたり、しっとりとした食感を出したり、型崩れを防ぐために使われる添加物です。ウェットフードで多く使われます。カラギーナン、グアーガム、キサンタンガム、加工デンプンなどが一般的です。

pH調整剤

pH調整剤は、食材の変色を抑えたり、弱酸性にすることで微生物の増殖を抑えて腐敗を防いだりします。クエン酸やリンゴ酸が一般的で、多すぎると味に影響してしまいます。


保存性を向上させるための添加物

ドライフード

保存性を向上させるための添加物として、「保存料」「酸化防止剤」があります。

保存料

保存料は、食品中にいる細菌の増殖を抑えて腐敗を防ぐために使われます。水分量が少なくカビが発生しにくいドライフードや、殺菌して密封される缶詰、冷凍保存するウェットフードでは使われません。保存料として「ソルビン酸」「ソルビン酸カリウム」が一般的で、毒性は報告されていません。

酸化防止剤

酸化防止剤は、油などの酸化を抑えるために使われます。「エトキシキン」「BHA」「BHT」「ミックストコフェロール(ビタミンE)」「ローズマリー抽出物」などが一般的で、エトキシキンとBHA、BHTはペットフード安全法で使用量が制限されています。それぞれの詳細は後述します。


保存料や酸化防止剤は必要ない?

PETOKOTO FOODSと豆柴

最近のドッグフードは、「無添加」をウリにしているものが増えてきました。無添加と言っても「PETOKOTO FOODS」のように保存料や酸化防止剤まで無添加のものから、着色料や香料だけ無添加というものまでさまざまです。

ドライフードは酸化防止剤が入っていなければ油が劣化して下痢の原因になります。そのためプレミアムフードでは、「ミックストコフェロール(ビタミンE)」や「ローズマリー抽出物」など天然由来の酸化防止剤が使われます。

ただ、私たちが自分でつくる料理に保存料や酸化防止剤を入れないように、ドッグフードもつくってすぐ食べさせてしまえば保存料や酸化防止剤は本来必要ないものです


非常食の蓄えは忘れずに

災害発生時は食材が手に入らず手作りごはんが難しかったり、「PETOKOTO FOODS」も冷凍保存ができずに困る可能性があります。そういったときのために、添加物が入っているから長期保存できるフードを用意しておくことは大切です。「添加物=悪いもの」と決めつけず、目的に沿って必要なものを利用するようにしましょう。

以上でドッグフードの添加物の話は終わりなのですが、もっと詳しく成分のことを知りたいという方向けに、次項ではドッグフードへの使用制限がある添加物を個別に説明します。


ドッグフードへの使用制限がある添加物

粉

添加物の中にはペットフード安全法で使用が制限されているものがあります。「エトキシキン」「BHA」「BHT」「亜硝酸ナトリウム」の4種類です。ドッグフードの添加物を詳しく知っておきたい方は、代表的なこの四つを覚えてください。

※参照:「ペットフード安全法:基準規格等」(環境省)

エトキシキン

エトキシキンは、酸化防止剤として使われます。抗酸化力が強く安価なため、世界中でさまざまな用途に利用されています。「ベトナム戦争で使われた枯葉剤の原料だったから危険だ」と言われることがあるのですが、酸化防止剤として使われただけですからエトキシキンが危険なわけではありません。

発がん性が指摘されることもありますが、犬の長期投与実験の結果、有意な差は見られませんでした。欧州食品安全機関(EFSA)も「エトキシキン自体は遺伝毒性又は発がん性はなく、発達毒性も生じない」「イヌに対しては11mg/kg完全配合飼料の濃度で安全である可能性が考えられる」としています。


BHA

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、酸化防止剤として使われます。ラット(ネズミ)への投与実験で発がん性が見られたため危険な成分とされることもあるのですが、ラット以外での発がん性は確認されていません。逆に抗がん作用が報告されています。

欧州食品安全機関は、「最大で150mg/kg完全配合飼料の用量で、ネコ以外の全動物種に対して安全である」と結論づけています。


BHT

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)は、酸化防止剤として使われます。ペットフード安全法では、BHTとエトキシキンとBHAを合計した量に上限値が定められています。制限範囲内で使用する限り、毒性や発がん性は報告されていません。

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは、肉の鮮やかな色を保つ発色剤として使われます。ボツリヌス菌など細菌の増殖を抑える効果もあります。よく発がん性が疑われますが、日本をはじめアメリカやEUでドッグフードに含まれる亜硝酸ナトリウムでの健康被害は報告されていません。

ただし、ニュージーランドで配合ミスにより大量の亜硝酸ナトリウムが含まれたキャットフードを食べた猫3匹がメトヘモグロビン血症という病気で死亡した事故が報告されています。

以上がペットフード安全法で使用が制限されている4種類の添加物です。何となく悪いものというイメージが広まっているものもありますが、良いか悪いかは必ず科学的な裏付けをもとに判断するようにしましょう。

※参照:「愛玩動物用飼料の成分規格の追加」(環境省/農林水産省)


まとめ

PETOKOTO FOODS
総合栄養食にはビタミンやミネラルの添加が必要
食いつき対策は新鮮なごはんとトッピングから
長期保存するなら保存料や酸化防止剤が必要

日常的に食べる総合栄養食のドッグフードであれば、本来ビタミンやミネラル以外の添加は必要ありません。その成分が良いか悪いかを考える前に、その成分が入っている必要があるのかどうかから考えるのがいいでしょう。

ペトことでは、私たちが食べるごはんのように、愛犬にも新鮮なごはんを食べさせてあげることをオススメしています。添加物を使った手軽さより、添加物の少ない新鮮さを重視したドッグフード選びをしていただければ幸いです。

\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTO FOODS

PETOKOTO FOODS公式サイトにて、初回配送分が20%OFFになるキャンペーン中です。ぜひお試しください!

Share!