シニア犬(老犬)が長生きするオススメの食事を解説 食べない・吐く場合の対処法まで

こんにちは、編集長の山本です。高齢になった愛犬が食欲不振になり、「ごはんを全く食べない」「食べてもすぐ吐く」「おやつしか食べない」と悩む方も少なくないと思います。今回は、シニア犬(老犬)にオススメのドッグフードを紹介します。

シニア犬(老犬)にオススメの食事とは

ダックスフンドの老犬

シニア期は小型犬だと6〜7歳、中・大型犬だと5〜7歳くらいから始まります。最近は犬も高齢化が進み、シニア期に入ったといってもそれまでと何も変わらず元気な子がほとんどでしょう。

そのためシニア期をさらにわけて小型犬だと11歳くらいから、中・大型犬だと8歳くらいからを「老齢期」、または「高齢期」「老犬期」と呼ぶようになってきました。

シニア初期の犬に食べさせたいごはん

PETOKOTO FOODSの匂いを嗅ぐ2匹の犬

シニア期に入ると以前に比べて活動量が減ってきます。一方で食欲には変化が無い場合もあり、摂取する量や内容が変わらないまま消費量だけが減ってしまえば肥満につながります。寝ている時間や遊ぶ時間に変化が無いか注意してください。

シニア期は重くなった体を支える筋肉や骨が弱くなっていきます。若いときの肥満と違って関節や心臓など体への負担も大きくなります。関節炎の痛みで食欲が落ちることもあります。関節に不安のある子は早めにサプリメントでサポートしてあげるといいでしょう。


シニア中期の犬に食べさせたいごはん

シニアのシュナウザー

シニア中期になると消化や味覚・嗅覚の機能低下によって食欲に変化が出てきます。肥満より体重の減少が問題になってくるでしょう。少しずつ減少するのは正常な老化ですので問題ありませんが、急激な体重減少は病気の可能性があり注意が必要です。

食欲が低下していくとき特に大切なのは、タンパク質の摂取です。特に動物性のタンパク質が重要ですので、ドッグフードを選ぶ際は原材料の最初が肉類になっているものを選ぶのが良いでしょう。大豆やトウモロコシなども植物性のタンパク質を含みますが、食物繊維が多く消化吸収率が下がります。動物性たんぱく質を優先して選びましょう。


老齢期の犬に食べさせたいごはん

老犬

老齢期になると消化や代謝の機能低下だけでなく、歯が悪くなったり唾液分泌が減ったりして食事量も減少します。「食が細い」から「ごはんを食べない」に変わり、飼い主さんを悩ませることになるかもしれません。引き続き良質なタンパク質が摂れるフードを優先しつつ、今度は食べてもらうための工夫が必要になってきます。

ドライフードを食べさせている場合は、ふやかして食べやすくしたり、温めて匂いを出すことで食欲を上げることができます。老齢期は食欲だけでなく水分摂取も減りますので、ドライフードよりウェットフードにすることをオススメします。


シニア期の犬に食べさせたい食材

PETOKOTO FOODS

シニア期の犬はどんな食材を食べるのがいいのでしょうか。ドッグフードを選ぶ際の参考になる食材やその特徴を紹介します。

動物性タンパク質

肉食寄りの犬にとって動物性タンパク質は重要な栄養です。牛肉や豚肉、鶏肉、魚肉などの肉や、卵が多く含まれるドッグフードを選ぶようにしましょう。

オメガ3脂肪酸

魚油(フィッシュオイル)として知られるオメガ3脂肪酸(DHAやEPA)には、抗炎症作用のほか心疾患や腫瘍(がん)の予防効果があるとされています。認知機能の改善にも期待ができ、シニア期は特に摂りたい栄養です。

※参照:「オメガ3系多価不飽和脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)」(犬と猫の栄養成分辞典)

抗酸化食品

呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部は活性酸素に変化し、老化や腫瘍(がん)の原因になります。年を取ると体内の抗酸化酵素が少なくなるため、ブロッコリーやニンジン、リンゴ、サツマイモ、シイタケ、えのき、海苔などの抗酸化作用の高い食材を食べることが重要です。

食べる量が減った際の注意点

シニアのゴールデンレトリーバー

年を取って少しずつ食べる量が減るのは正常な老化と言えます。しかし、急激に食べる量が減ったり、まったく食べなかったりする場合は注意が必要です。

なお、1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる

食べる量が減ったがおやつは食べる

シニア期に限りませんが、年を取ると食べ物の好みも変化します。おやつは食べるのに普段のごはんを食べなくなった場合は、違うフードにしてみるといいかもしれません。味以外にもいつもドライフードならウェットフードにしてみるのもいいでしょう。

ただ、急にごはんを変えてしまうと犬もびっくりして余計に食べないかもしれませんし、下痢になることもあります。フードを変える際は、少しずつ混ぜながら割合を逆転させていくようにしましょう。


食べると吐いてしまう

シニアのトイプードル

犬は人に比べて吐きやすい動物ですが、慢性的に吐いたり食欲や元気が無かったり、下痢をしたりといった症状がある場合は注意が必要です。

食べてから時間がたって吐く「嘔吐」の場合は、胃腸炎や消化器など内臓や内分泌の疾患、逆流性胃炎、中毒や感染症、ストレスが原因として考えられます。食べてすぐ吐く「吐出」の場合は、食道炎や巨大食道症、腫瘍(がん)などが考えられます。

ただ、シニア犬(老犬)の場合は飲み込む力や消化機能の低下によって吐いてしまう場合もあります。ドライフードをウェットフードに変えたり、低脂肪のフードに変えたりすると改善されるかもしれません。慢性的に続く場合は獣医師に相談してください。


自力で食べられない

寝ているシニアのチワワ

食べにくそうにしている場合は、筋肉が少なくなって姿勢や飲み込むのがつらい可能性があります。食事台で楽な姿勢になる高さにしてあげましょう。

寝たきりになって食べられない場合は、注射器を使って流動食を与えます。間違った与え方をすると窒息する可能性もありますので、獣医師の指示に従うようにしてください。


愛犬が長生きするための食事とは

犬たちがPETOKOTO FOODSを食べる様子

イギリスの研究チームの調査によると、ドライフードなど従来のドッグフードを食べている犬の平均寿命が10.4歳だったに対して、フレッシュな手作りごはんを食べている犬の平均寿命は13.1歳と長生きだったそうです。

差が生まれた理由は、原材料が新鮮かどうかの違いでした。過度な高温調理や加水分解、着色料・保存料などが添加されたドライフードは、フレッシュな手作りごはんに比べて吸収される栄養素が少ないのです。

ドライフードは安価な原材料で大量生産でき、持ち運びがしやすく保存も簡単で食べさせるときは袋から出してお皿に入れるだけ。私たちにとっては都合の良いごはんですが、犬の健康には関係ありません

PETOKOTO FOODSを食べるフレブル

私たちが新鮮なごはんを食べるように、犬も新鮮なごはんを食べたほうが健康的なのは間違いありません。ただ、人と犬に必要な栄養は異なりますので、毎日のごはんを手作りにするのは、犬の栄養についてしっかり勉強した方でないとオススメできません

そこで、ペトことでは新鮮な食材を使ったオリジナルのフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」をオススメしています。愛犬がいつまでも元気でいるために、何を食べてもらうのがいいのか、ぜひ毎日の食事から考えてみてください。


まとめ

PETOKOTO FOODSとチワワ
シニア期になったら活動量と食欲の変化に注意する
高タンパク・低脂肪の食事に切り替える
水分量や食事台など食べさせ方にも工夫が必要
ドライフードより新鮮な食材を使ったウェットフード
食べるのを忘れてしまうことがあるほど娯楽がたくさんある私たちと違って、犬にとっての食事は1回1回が楽しみな一大イベント。年を取っても美味しいごはんを楽しく食べてもらいたいですよね。

シニア期にどんなごはんを食べるかで一緒にいられる時間も大きく変わってきます。愛犬の状態をよく観察して、どんなフードをどうやって与えるべきなのか、ぜひ工夫してみてください。

\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTO FOODS

PETOKOTO FOODS公式サイトにて、初回配送分が20%OFFになるキャンペーン中です。ぜひお試しください!
Share!