ブリタニースパニエルの飼い方|アウトドアなファミリーにおすすめな超アクティブドッグ

ブリタニースパニエルは日本ではあまり有名な犬種ではありませんが、アメリカやヨーロッパでは家庭犬として可愛がられている犬です。賢く活発で運動が大好きなブリタニースパニエルについて、歴史や名前の由来、体重やかかりやすい病気などについて紹介します。

ブリタニースパニエルの歴史と基礎知識

ブリタニースパニエル子犬

ブリタニースパニエルは、フランスのブリターニュ地方で鳥を獲る小型の猟犬として生まれました。ブリターニュの英語表記であるブリタニー(Brittany)が名前の由来です。17世紀の西ヨーロッパでは絵画やタペストリーに登場するなど、その美しさも人気があったようです。

日本ではあまり聞かない名前ですが、フランスではエパニュール・ブルトン(Epagneul Breton)と呼ばれ、今でも最も人気のある犬種の一つに数えられています。アメリカではブリタニースパニエルはスパニエル系というよりポインター系に近いということで、今では「ブリタニー(Brittany)」と呼ばれています。


大きさと寿命

体高はオスが47〜52センチメートルほどで、メスが46〜51センチメートルほど、体重はメスオスともにおよそ13〜18キログラムです。寿命は12〜14年ほどといわれています。

ブリタニースパニエルに似ている犬種と違い

ブリタニースパニエルとよく似ている犬種に、同じくスパニエル系のウェルシュスプリンガースパニエルという犬種がいます。
ウェルシュスプリンガースパニエル

ウェルシュスプリンガースパニエルは、体高はブリタニースパニエルとほぼ同じくらいですが、体重が16〜23キログラムとがっしりとしています。比べてみると、ブリタニースパニエルの方がウェルシュスプリンガースパニエルより足が長くすらっとした印象です。

ブリタニースパニエルの性格

ブリタニースパニエルは明るく活発で、遊ぶことが大好きです。ハイキングやランニングを楽しんだり、週末やまとまった休みにはキャンプへ出かけたりするような活動的な家族にぴったりの犬種です。


ブリタニースパニエルの被毛について

ブリタニースパニエルの被毛は2種類あります。

被毛のタイプ

ストレート(直毛)の被毛タイプ、ゆるくウェーブがかかった被毛タイプの2種類のブリタニースパニエルがいます。どちらも毛が密集して生えていますが、ドッグショーに出すような目的がない限り毛をカットする必要はありません。

毛色

ブリタニースパニエルの毛色にはホワイト&オレンジ、ホワイト&ブラック、ホワイト&レバー(赤みがかったブラウン)、ホワイトに地毛が混じったローンという色があります。単色のブリタニースパニエルは存在しません。

ホワイト&オレンジ

ブリタニースパニエルオレンジ

オレンジローン

ブリタニースパニエルオレンジローン


ブリタニースパニエルの飼い方

明るく活動的なブリタニースパニエルとの暮らしには、毎日のエクササイズが欠かせません。一緒にランニングしたり、毎日長めのお散歩をしたり、運動量には特に気をつけてあげる必要があります。

しつけ方

古くから人間のパートナーとして毎日ハンティングに出かけていたブリタニースパニエルですから、人間と何かをすること、新しいことを学ぶのが大好きです。しつけやトリック(芸)のトレーニングも、スポーツをするようにポジティブに楽しんで行うのがお勧めです。一つ覚えたらまた一つと、たくさんのトリックを教えてあげましょう。


ケア

ブリタニースパニエルの被毛は短く、季節の代わり目に抜け毛がある程度で、毎日のブラッシングは必要ありません。週に2、3回ほど柔らかいブラシやグルーミンググローブなどでブラッシングしてあげましょう。垂れた耳は問題を見逃しやすいので、定期的に耳の中をチェックしてあげることも大事です。


ブリタニースパニエルのかかりやすい病気

ブリタニースパニエルモノクロ

ブリタニースパニエルは、遺伝性の疾患が少なく、とても健康な犬種として知られています。ブリタニースパニエル情報のスペシャリストであるアメリカのブリタニークラブでは腰と目のチェックを定期的に行うことを推奨しています。


ブリタニースパニエルらしい動画を見てみよう

フランスで今も根強い人気を持ち、アメリカンケネルクラブの犬種別人気ランキング(2017年度)によると、ブリタニースパニエルは26位。YouTubeを検索すると、たくさんのブリタニースパニエルの動画を見つけることができます。その中から、「これぞブリタニースパニエル!」という動画を3つご紹介します。

ブリタニースパニエルは走るとこんなに早い!

たくさんの運動量が必要なブリタニースパニエル。本気で走ると、マウンテンバイクでも追いつかないんです。


芸達者なブリタニースパニエルPanくん

動画に出てくるのはブリタニースパニエルのPan(パン)くんです。賢いブリタニースパニエルにはたくさんトリックを教えましょう!


元狩猟犬でも、魚をキャッチは難しい......!

元狩猟犬で主に鳥を捕まえていたブリタニースパニエルですが、魚を捕まえるのは至難の技! さて、動画のRemington(レミントン)くんはうまくお魚を捕まえられるでしょうか?


迎え方と初期費用

賢くアクティブなブリタニースパニエルを家族に迎えるには、ペットショップ、ブリーダーからお迎えする方法、それと保護犬を探すという方法もあります。

ペットショップから迎える

日本ではなかなか見かけることのないブリタニースパニエルですので、ペットショップで探すのは少し大変かもしれません。全国にチェーン店のある大手ペットショップなら地方にいる犬たちを探してくれることもありますので、まずはお問い合わせしてみることをお勧めします。

ブリーダーから迎える

身体の強い犬として知られるブリタニースパニエルですが、もちろん定期的な検診や、身体のことを気にかけてあげる必要があります。専門に扱うブリーダーを探すと、アドバイスをもらえて良いかもしれません。

保護犬を家族に迎える

ブリタニースパニエルを家族に迎える際には、まずはお近くのペットシェルターや保健所を覗いてみるのもいいかもしれません。保護犬情報を掲載しているウェブサイト「OMUSUBI(お結び)」もチェックしてみてくださいね。

たくさんトリックを教えて芸達者に育てよう

新しいことを学ぶのが大好きで、学んだことの吸収力は専門家を唸らせるほどのブリタニースパニエル。次は何を教えようか? と家族で話し合う時間も楽しいものになりそうですね。また、ハイキングやランニングなどいろんなところへも連れていってあげてくださいね。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」
保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

Share!