バセットハウンドの飼い方|性格・体重・寿命・しつけ・かかりやすい病気などをトレーナーが解説

Share!

バセットハウンドは大きく垂れ下がった耳、たるんだ皮膚に胴長短足が特徴的な中型犬です。最近では、映画『ペット』で「ポップス」というキャラクターで登場しています。バセットハウンドの特徴や性格、よく似ているとされるビーグルとの違い、臭くなる理由とかかりやすい病気などをドッグトレーナーの長根が紹介します。

バセットハウンドの基礎知識

バセットハウンドは英語で「Basset Hound」と表記します。名前の由来は、丈が短いことや脚が短いことを意味するフランス語の「バセー」、英語では「バセット」からその名が付きました。

バセットハウンドの歴史

バセットハウンドはフランス原産の獣猟犬です。祖先は16世紀フランスのアカシカ狩り用の猟犬です。中でも四肢の短い犬同士を交配させて繁殖したといわれ、1884年にイギリスでバセットハウンドクラブが設立されました。バセットハウンドの特徴ともいえる、たるんだ皮膚は1892年にブラッドハウンドの血を加えたためです。


バセットハウンドの大きさや寿命

体重は約18~27キログラムほどで、体高は33~38センチメートルほどです。寿命は10~12年前後といわれています。

バセットハウンドの性格や特徴

バセットハウンドは忍耐強く、落ち着いた性格をしています。長い胴と短い足、大きく垂れた耳とたるんだ皮膚が印象的です。また、嗅覚に優れ響きのある吠え声が特徴的です。

バセットハウンドの毛色

ホワイト、ブラック、タン(褐色)からなるトライカラーか、レモンとホワイトからなるバイカラーがあります。

トライカラー(ハウンドカラー)


レモンホワイト(バイカラー)


バセットハウンドとビーグルの違い

バセットハウンドとビーグルは同じ「ハウンド」に属する犬種です。ハウンドには大きく二つに分けられ、視覚が優れた「サイトハウンド」と嗅覚に優れた「セントハウンド」に分けられます。2匹とも同じセントハウンドであり、嗅覚に優れたブラッド・ハウンドの血が入っています。バセットハウンドとビーグルの違いは、耳の大きさ、体高と体長、皮膚のたるみがあるかといった違いがあります。特徴的な毛色は「ハウンドカラー」とも呼ばれています。

バセットハウンドの育て方

散歩は1日60分以上を目安にしましょう。また鼻を使った遊びも集中力と体力を使うので、雨の日などにオススメです。

宝探しゲーム(ノーズワーク

鼻を使った作業のことです。嗅覚が優れている犬は昔から鼻を使って餌を探すことをしてきました。ペットとして飼われている犬は本来の能力を使うことがほとんどありません。そのためあえて鼻を使わせることで、餌を探すという本能的欲求を満たしてあげることができます。

ハンカチやバンダナの上におやつを乗せ、初めは犬に見せながら少し離れた所に置きます。犬を待たせ、「探せ」「サーチ」などの声をかけ、おやつを見つけさせて食べさせます。徐々に、物陰に隠したり犬に隠してるところを見せないようにしたりして難易度を上げていきましょう。犬がルールを覚えたら、おやつを乗せていたハンカチだけを隠すようにして、見つけたらおやつをあげるようにしていきましょう。

バセットハウンドのしつけ方

もともと猟犬なので吠えやすいです。子犬の頃からいろいろな刺激や音を聞かせ慣らしておきましょう。また、体重もあり力の強い犬種なので散歩のときに引っ張らないように、歩調を合わせて歩く「リーダーウォーク」を練習しましょう。

バセットハウンドのお手入れ

皮膚のたるみや垂れた耳は炎症を起こしやすく、汚れが溜まると臭くなってきます。定期的に拭いてあげるようにしましょう。

バセットハウンドがかかりやすい病気

バセットハウンド特有の「バセットハウンド血小板障害」や「椎間板ヘルニア」大型犬に多く見られる「胃捻転」などがあります。また、「緑内障」瞬膜が炎症を起こし赤く腫れてしまう「チェリーアイ」と呼ばれる目の病気も気を付けたい病気です。太りやすい犬種ですので体重管理も大切です。太ってしまうことで四肢の関節に負担がかかるだけでなく「椎間板ヘルニア」も引き起こしやすくなります。

バセットハウンドの雑種(ミックス)

何世代にわたった混血の犬を「雑種」と呼ぶのに対し、最近では一世代の混血の犬を「ミックス」と呼ぶようです。バセットハウンドにも一世代のミックスがいるようですので紹介します。

バセットハウンド×コーギー

バセットハウンドとコーギーの両親から生まれた「バセットコーギー」は垂れた耳としっかりした四肢が特徴的です。

@nache.hがシェアした投稿 -


バセットハウンドの迎え方

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

バセットハウンドの価格/値段

一般的な価格の相場は15~30万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

バセットハウンドはぶりだーから迎える人が多いようです。実際に行ってみて、どんな環境で飼育されているか確認することが大切です。ブリーダーでは性別や毛色など子犬を見比べて選ぶことができるのが特徴です。

ペットショップから迎える

ペットショップでは、バセットハウンドを見かけることはほとんどありません。地域や店によってはいることもあるかもしれませんので、ペットショップから迎えることを考えている人は一度確認してみましょう。

バセットハウンドと送るのんびりマイペースな生活!

バセットハウンドは猟犬ですが走るのが速いというわけではなく、どちらかというとのんびりしています。一緒にゆったりした時間を過ごしたい人にはぴったりな犬種かもしれません。休日など散歩の後に一緒にお昼寝するのもいいですね!