ニューファンドランドの飼い方|性格や体重、毛色、寿命、しつけなどをトレーナーが解説

ニューファンドランドの大きな姿はまるで熊のようにも見えますが、実はとっても優しい性格の犬種です。泳ぎが得意な犬種としても知られていますが、実は泳ぎの秘密は足の水かきにあったんです! 今回は、「ニューファン」の愛称でも親しまれているニューファンドランドの歴史やかかりやすい病気、オススメのブログなどをドッグトレーナーの長根が紹介します。

ニューファンドランドの基礎知識

ニューファンドランド(Newfoundland)は、カナダのニューファンド島で生まれたことからその名が付きました。

ニューファンドランドの歴史

カナダ原産のニューファンドランドは、もともとは猟師の手伝いをしていましたが、現在では重荷を引くソリ犬や水難救助犬として活躍しています。ニューファンドランドの起源は1100年以降にバイキングによって連れてこられた大きな犬および、ニューファンド島の土着犬だと考えられています。後に、ヨーロッパの漁師たちが連れてきたさまざまな犬種と交雑されましたが、本質的な特徴は残していました。


ニューファンドランドの大きさや寿命

体重は約54~68キログラムほどで、体高は66~71センチメートルほどです。寿命は8~10年前後といわれています。

ニューファンドランドの性格や特徴

ニューファンドランドはその表情からも読み取れるほど、穏やかで優しい性格をしています。大きな体は筋肉質でがっしりとしています。また、ダブルコートの被毛と脂っぽい皮脂が水をはじく役割をしています。

ニューファンドランドの毛色

ブラックやブラウン、ホワイト&ブラックの毛色があります。

ブラック


ブラウン


ホワイト&ブラック


ニューファンドランドの足には水かきがある?

ニューファンドランドは泳ぐことが得意な犬種です。水難救助犬として活躍するほどの泳ぎができるのは、「水かき足」とも呼ばれる足を持っていて、指の間に水をかくための大きな被膜がついているからです。

ちなみに、犬の足には水かき足の他に足の指の骨が短い「猫足」、足の指の真ん中2本が他の指よりも長い「ウサギ足」と呼ばれる足の種類があります。猫足には秋田犬、ジャイアント・シュナウザー、ニューファンドランド、エアデールテリアブルテリアなどがいます。ウサギ足にはサモエド、ベドリントン・テリア、スカイ・テリア、ボルゾイイタリアングレイハウンドなどがいます。


ニューファンドランドの育て方

冷たい水の中で作業をしてきたニューファンドランドは、寒さには強いのですが、暑さや湿気には弱い犬種です。湿度の高い日本では飼育環境や温度、湿度に特に気にしてあげましょう。


ニューファンドランドのしつけ方

大型犬ですので力も強いです。普段はおとなしくても不意に触られたり、何かに驚いた場合は俊敏な動きをします。子犬のころからさまざまな刺激にならし、歩調を合わせて歩くリーダーウォークを練習しましょう。

ニューファンドランドのお手入れケア

脂っぽい皮脂をしていますので、定期的なシャンプーと毎日のブラッシングが必要です。


ニューファンドランドがかかりやすい病気

ニューファンドランドは、血液の流れが悪くなる「大動脈弁狭窄症」や「肺動脈狭窄症」、大型犬に多く見られる「肘関節形成不全」「股関節形成不全」「胃捻転」といった病気に注意が必要です。


ニューファンドランドの迎え方

ニューファンドランドの価格/値段

一般的な価格の相場は30~40万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

どんな飼育環境かどうかとても大切なポインドですが、ペットショップとは違い、性別、毛色、子犬の性格など直接見比べることができるというメリットがあります。

ペットショップから迎える

超大型犬のニューファンドランドがいるペットショップはないと思っていいでしょう。

ニューファンドランドと楽しい暮らしを!

運動量の必要なニューファンドランドですが、夏季の気温では思いっきり運動できません。そこでぜひ、週末はプールのあるドッグランや川、海などへ連れて行ってみてはいかかでしょうか。泳ぎの得意なニューファンドランドのと楽しい週末を過ごしてくださいね!