ジャックラッセルテリアの飼い方|性格や種類、抜け毛、体重など

ジャックラッセルテリアは、小さくても元気いっぱい、遊び好きな性格で、日本でも人気の犬種です。その人気は映画やドラマにも登場するほど。疲れを知らないジャックラッセルテリアは、ドッグスポーツなど一緒に楽しむことができる人にオススメな犬種です。歴史や毛質の種類、かかりやすい病気、寿命などをドッグトレーナーの長根が紹介します。

基礎知識

ジャックラッセルテリアは英語で「Jack Russell Terrier」と表記します。名前の由来は、イギリスに住んでいたジョン・ラッセル牧師によって作られたからだといわれています。

歴史

ジャックラッセルテリアはキツネ狩りのために、1800年イングランドで誕生しました。巣穴に潜り込んで追い立てる犬種を作るために、フォックステリアの血統を改良したそうです。また、飼いやすくするためにウェルッシュコーギーペンブローグと交配したといわれています。

ジャックラッセルテリアとパーソンラッセルテリアの違い

ジョン・ラッセル牧師はタイプの統一よりも、狩猟の素質を高めていくことにこだわり、テリア間での交配を進めました。しかし、当初のジャックラッセルテリアとは異なる形となり、当時の姿と能力を求め復元され生まれたのがパーソンラッセルテリアだと考えられています。ジャックラッセルテリアとパーソンラッセルテリアは基本的には似ていますが、体高が高く、体格がスクエア型に近い犬を「パーソンラッセルテリア」とし、体高が低くわずかに体長が長い方を「ジャックラッセルテリア」と知られています。

パーソンラッセルテリア

大きさや寿命

体重は約4~7キログラムほどで、体高は25~26センチメートルほどです。寿命は13~14年前後といわれています。

性格や特徴

頭がよく活発な犬種です。ほどよい体の大きさと筋肉、柔軟なボディーが特徴的です。力強く行動的でしなやかなワーキングテリアです。運動能力が高いのでドッグスポーツなど一緒に楽しみたい方に向いてます。

毛色

毛色はホワイトが優勢で、ブラックやタンの色が入っています。

ホワイトタン

ブラックホワイト

トライカラー

yokoさん(@yoko_an)がシェアした投稿

被毛の種類(毛質)

ジャックラッセルテリアの中で最も多いのが「ブロークン」ですが、実は被毛のタイプが「スムース」「ラフ」「ブロークン」と3種類あります。

スムース

ラフ

hitomiさん(@mapleple1103)がシェアした投稿

ブロークン

ジャックラッセルテリアの飼い方

小型犬ですが、ワーキングドッグならではの賢さと体力があります。毎日の散歩は1日60分以上するか、ドッグランで走らせてあげましょう。また、頭を使ったゲームをすることもいいです。例えば「ノーズワーク」(宝探し)のゲームは室内でもできるので、雨の日などにもオススメです。

ノーズワークとは

鼻を使った作業のことです。嗅覚が優れている犬は昔から鼻を使って餌を探すことをしてきました。ペットとして飼われている犬は本来の能力を使うことがほとんどありません。そのためあえて鼻を使わせることで、餌を探すという本能的欲求を満たしてあげることができます。

ハンカチやバンダナの上におやつを乗せ、初めは犬に見せながら少し離れた所に置きます。犬を待たせ、「探せ」「サーチ」などの声をかけ、おやつを見つけさせて食べさせます。徐々に、物陰に隠したり犬に隠してるところを見せないようにしたりして難易度を上げていきましょう。犬がルールを覚えたら、おやつを乗せていたハンカチだけを隠すようにして、見つけたらおやつをあげるようにしていきましょう。

しつけのやり方

作業犬としての気質から攻撃性があり、咬み癖などの行動が出やすい犬種です。子犬の頃から、咬んでもいいものと悪いものを教えていきましょう。また、好きなおもちゃなど一度くわえたら離さなくなることもありますので、くわえた物を離すことも覚えさせましょう。

おもちゃを離したらよく褒めて、すぐにまたおもちゃを渡してあげます。何度か繰り返して、おもちゃを離しても取られないことを覚えさせることが大切です。離したおもちゃを片付けるときは、おもちゃの代わりにおやつをあげて褒め、徐々に最後のおやつがなくても大丈夫なようにしていきましょう。

手入れ

スムースの場合トリミングの必要はありませんが、こまめにブラッシングしてあげましょう。ラフやブロークンの場合は、定期的なカットや、毛を硬くするたの「ストリッピング」といったトリミングが必要です。

ジャックラッセルテリアがかかりやすい病気

ジャックラッセルテリアは、後ろ脚の膝蓋骨が正常な位置から内外に外れてしまう「膝蓋骨脱臼」や大腿骨頭への血行が阻害され、骨頭が壊死してしまう「レッグペルテス」にかかりやすいです。また、糖尿病も気を付けたい病気です。

ジャックラッセルをもっと知る

ジャックラッセルテリアは、人気犬種ランキングでも上位の犬種です。芸能人ではマライア・キャリーさんが飼っています。「ジャックラッセルについてもっと知りたい!」「これから飼おうと思ってる」そんな人のためにオススメの動画やブログ、映画を紹介します。

マライア・キャリー

可愛い動画

ボールを投げてもらうのも楽しいけど、転がって行くボールを追いかけるのも楽しいジャックラッセルテリアが可愛いです。


仰向けで眠っている子犬たち。見ているだけで癒されます。

人気のブログ

ジャックラッセルテリア マイロとスパイク

jakkurasseru_20170720_na_001

日常の様子やアジリティー練習会の様子など書かれています。運動量の必要なジャックラッセルにアジリティーはぴったりかもしれません!

いなえブログ ~ジャックラッセルテリアのタミ
jakkurasseru_20170720_na_002

こちらは旅行やしつけ、手入れなど日常の知りたいことがカテゴリー分けされているので読みたいものだけ見ることができます。また、タミくんはアジリティーではなく、ディスクやドッグダンスに挑戦しているようですよ!

人気映画

ジャックラッセルテリアはさまざまな映画でも登場しています。興味があれば見てみるのもいいですね。『ぼくとママの黄色い自転車』や『きな子~見習い警察犬の物語~』『人生はビギナーズ』などなど調べてみるとたくさんありますよ!

ジャックラッセルテリアを飼うということ

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。白髪だって生えるし、病気もするかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないということをもう一度よく考えましょう。

価格/値段

一般的な価格の相場は15~25万円ほどですがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)には、ジャックラッセルテリア専門のレスキュー団体「ジャックの里」がジャックラッセルテリアの新しい飼い主さんを募集しています。ぜひ一度覗いてみてください。

FireShot Capture 109 - ジャックの里 I 保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(おむすび) - https___omusubi-pet.com_groups_11

ブリーダーから迎える

実際に行ってみて、どんな環境で飼育されているのかを確認する必要があります。行ってみることで、性別や毛色、毛質などで価格は変わってきますが、好みの子を探すことができるのがポイントです。

ペットショップから迎える

ペットショップでは生後2~3カ月頃の販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

一緒に楽しみたい

頭もよく運動能力の高いジャックラッセルテリアを満足させるには散歩だけではちょっと足りないかもしれません。一緒に楽しむことのできるドッグスポーツや、家でも頭を使うゲームを取り入れることで満足させてあげることができます。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

【飼い主さんの声を募集中】

「ジャックラッセルテリアってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがジャックラッセルテリアの魅力です!」など、ジャックラッセルテリアを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことジャック部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10