ティーカッププードルの飼い方|大きさや体重、性格、注意したい病気など

ティーカッププードルは、トイプードルの中でも小型なサイズに改良された犬のことを指します。本当にぬいぐるみのように小さく、可愛いらしいティーカッププードルに心惹かれた人も多いと思います。今回は、その飼いやすさからも人気が高まるティーカッププードルの大きさや体重、性格、かかりやすい病気などについてドッグトレーナーの長根が紹介します。

基礎知識

軍手を噛むティーカッププードル

ティーカッププードルは、プードルの中でも一番小さい犬種、トイプードルの小さなサイズという位置づけとなります。大きい順に、「スタンダード・プードル」体高は45~60センチメートル、「ミディアム・プードル」体高は35~45センチメートル「ミニチュア・プードル」体高は28~35センチメートル「トイ・プードル」体高は24~28センチメートルとあり「プードル」という種類だけで4種類もいるんです。

ティーカッププードルの血統書は?

ティーカッププードルは、ほとんどの血統書発行団体から犬種として認められておらず、血統書としては「トイプードル」ということになります。

歴史

プードルの原産はフランスと言われていて、鳥猟犬として人間が撃ち落としたカモなどの水鳥を回収するための犬として重宝されていました。プードルのカットは、猟犬であった時からで猟で毛が邪魔にならないように、かつ水に入るので冷えやすい足首や胸まわり、水に入っても見えるように尻尾の先の毛だけは残すといった形のカットになりました。そして次第に美しさを重要視するようになり、現在ではショードッグとしても人気です。

大きさや寿命

体重は2キログラムで、体高は20センチメートルです。寿命は12~15年と言われています。

トイプー(写真左)とティーカップ

ティーカッププードルがオトナになったら?

子犬のうちは本当に小さくティーカップに入ってしまう大きさです。「オトナになっても大きさって変わらないの?」と思う人も多いと思います。しかし、ティーカッププードルも成長はしますので、ずっとティーカップに入る大きさということではありません。また、本来はトイプードルですので場合によっては思っていたよりも大きくなってしまうこともあります。だからといって食事の量を減らしてはいけません。ちゃんとその子にあった量をあげましょう。

ティーカッププードルの毛のケアは?

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10