パピヨンの飼い方|性格や大きさ、しつけ方など

パピヨンは、大きな耳から生える毛が蝶に似て美しく、上品な雰囲気を持った犬種です。小型で可愛い見た目ですが、賢くエネルギッシュな一面も持っています。そんなパピヨンの特徴や飼い方を紹介します。かかりやすい病気やパピヨンの歴史、ファーレンと呼ばれる種類の紹介などもありますので、既に飼っている方もぜひご覧になってください。

基礎知識

パピヨンは英語で「Papillon」と表記します。また、パピヨンとはフランス語で「蝶」という意味で、毛で飾られた大きな耳が蝶に似ていることからついた名前です。

歴史

パピヨンはフランス、ベルギーが原産で、16世紀の小型のスパニエルとして知られていた犬種に、改良が加えられ現在の姿になりました。蝶の羽に見えることから「バタフライ・スパニエル」とも呼ばれています。その優雅な姿に上流階級の人たちに大人気となり、イタリア地方で多く繁殖され、高額で売り買いされていたといわれています。貴婦人たちの間では、自身の肖像画に一緒に描くのが流行したほどです。

穴掘りした後のパピヨン

大きさや寿命

体重は4~4.5キログラムほどで、体高は20~26センチメートルほどです。寿命は13~15年といわれています。

性格や特徴

パピヨンは体が小さくて線が細く、どこか繊細で優美な雰囲気を漂わせています。華奢な見た目に反し、性格はエネルギッシュで活発、賢く警戒心もあります。名前の由来となった蝶のような大きな耳と、ふさふさと長くまっすぐで絹のような光沢ある毛並みが特徴です。特に、胸と尻尾の被毛は羽のように軽く豊かで美しいです。

パピヨンの種類

パピヨンの特徴のである蝶のような立ち耳ですが、垂れ耳のパピヨンがいるのを知っていますか? 実はもともとは垂れ耳が最初のパピヨンの耳の形でした。スピッツやチワワと交配を重ねたことで今のような立ち耳になり、垂れ耳のパピヨンは激減していったといわれています。立ち耳が「蝶」に対して垂れ耳は「蛾」という意味で「ファーレン」と呼ばれています。蝶に対して蛾はかわいそうな気もしますが、垂れ耳のパピヨンもとっても可愛いですよ! また、スタンドなパピヨンはオーバーコート(太くて固い毛)のみのシングルコートですが、スウェーデン系のパピヨンはオーバーコートとアンダーコート(細くて柔らかい毛)のダブルコートがいるようです。

POKERさん(@pokastagram39)がシェアした投稿

毛色

白地にブラックまたはブラウンの斑のブラック&ホワイト(黒白)、レッドホワイト(茶白)、セーブル、トライカラーなどがあります。

レッド&ホワイト

Kayokoさん(@kayoko_farry)がシェアした投稿

ブラック&ホワイト

セーブル

地の毛色に黒が混ざった毛色のことをいいます。

B2さん(@papillon_b2)がシェアした投稿

トライカラー

パピヨンの飼い方

小型犬ですが、体力があり活発なので家の中で遊ぶだけでは疲れてくれません。1日30分程度の散歩を2回行ってあげましょう。ストレスが溜まってしまうと無駄吠えや、咬みつきなどの問題行動が出やすくなります。

しつけのやり方

子犬の頃から「良いこと」と「悪いこと」を教えてあげることが大切です。賢いパピヨンは、一度甘やかしただけでもすぐに「吠えたらおやつがもらえた」と物事を関連付けて学習していきます。特に家族で飼う時には、家族内でしっかりルールを決めて統一することが大切です。

手入れ

毛の長い犬種ですが、トリミングをする必要のない犬種です。暑そうだからとサマーカットをしてしまうと、体温調節が上手く出くなかったり、毛質が変わったりしてしまうこともあります。しかし、とても毛が絡まりやすいので毎日ブラッシングしてあげましょう。

パピヨンがかかりやすい病気

パピヨンは目の病気が多く、「白内障」や瞼が内側にめくれ角膜に刺激を与え炎症が起きる「眼瞼内反症」(逆さまつ毛)、光を感じる網膜が正常に働かなくなる「進行性網膜萎縮」といった目の病気にかかりやすいです。また、後ろ脚の膝蓋骨が正常な位置から内外に外れてしまう「膝蓋骨脱臼」といった病気もかかりやすく注意が必要です。

パピヨンの雑種(ミックス)

何世代にわたった混血の犬を「雑種」と呼ぶのに対し、最近では一世代の混血の犬を「ミックス」と呼ぶようです。パピヨンにも一世代のミックスがいるようですので紹介します。

パピヨン×ポメラニアン
パピヨンとポメラニアンの両親をもつ「ポメヨン」は、パピヨンの特徴である大きな耳に密度のある毛が特徴的です!

tomoko.sさん(@mugi0504)がシェアした投稿

パピヨン×マルチーズ
パピヨンとマルチーズの両親をもつ「マルパピ」は、白くてふわふわの毛に大きな耳が特徴的です!

パピヨン×コーギー
パピヨンとコーギーの両親をもつ「パピコー」は、大きな耳と狐のような尻尾が特徴的です!

パピヨンをもっと知る

「パピヨンのことをもっと知りたい!」「これから飼おうと考えている」そんな人たちのためにパピヨンの動画やブログを紹介します!

可愛い動画


膝の上で遊ぶパピヨンの子犬がとっても可愛いです。


実はパピヨンって運動能力が高いんです! 可愛いだけでなくカッコいいですね!

人気のブログ

やんちゃなパピヨン マリンの成長記録
20170626_papiyonn_na_001

人気のパピヨンブログです。旅行やドッグランについての情報や動画なども見ることができますよ!

その後のサザビ20170626_papiyonn_na_002

日常生活やドッグショーなどの日記ブログです。ドッグショーに興味がある人は読んでみるといいですよ!

パピヨンを飼うには

どこから迎えるのかによって値段も変わってきます。

価格/値段

一般的な価格の相場は10~30万円ほどであるがどこから迎えるか、血統や毛色によっても値段が変わってきます。

保護犬の里親になる

保護され新しく里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。しかしその多くは成犬であり、子犬が欲しい場合は見つけるのが難しいです。保護犬を引き取る場合、保健所からと保護犬を譲渡している団体から引き取る場合があります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に一度覗いてみてはいかがでしょうか。保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)も、ぜひ覗いてみてください。

ブリーダーから迎える

好みの毛色や、血統など条件がある場合はブリーダーからがいいでしょう。値段は毛色や血統によって差が出てきます。

ペットショップから迎える

ペットショップでは比較的よく見かける犬種です。生後2~3カ月ごろの販売が多く、4カ月を過ぎてくると値段がだんだんと下がってくることがほとんどです。

パピヨンも警察犬に!?

警察犬には、警察で飼育されている「直轄警察犬」(ちょっかつけいさつけん)と、一般の家庭で飼われていて、要請があったときに駆けつける「嘱託警察犬」(しょくたくけいさつけん)がいます。賢く、活発なパピヨンは北海道や京都で嘱託警察犬に合格した子がいるそうです。大型犬では作業が難しい場面での活躍が期待されています。

飼い主さんの声を募集中!!

「パピヨンってこんな犬種って言われてるけどうちの子は違う!」「こんなところに困った!」「ここがパピヨンの魅力です!」など、パピヨンを飼っていた、飼っている飼い主さんの声を募集しています! ツイッターやインスタグラムで「#ペトことパピヨン部 」でシェアいただくか、ペトことの問い合わせ窓口からご連絡ください! 皆さまの声を掲載し発信していく予定です!

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」(お結び)では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

関連記事

第2稿:2017年6月27日 公開
初稿:2015年11月1日 公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10