スタンダードプードルの飼い方!性格や寿命、毛色などトレーナーが解説

スタンダードプードルの飼い方!性格や寿命、毛色などトレーナーが解説

Share!

プードルはサイズで4種類に分けられ、その中でも最も大きいのがスタンダードプードルです。特徴的なクルクルの毛はとっても触り心地がよく、体は大きいですが、温厚で優しい性格をしています。今回は「スタンプー」の愛称で呼ばれているスタンダードプードルの特徴や飼い方などをドッグトレーナーの長根が紹介します。

スタンダードプードルの基礎知識

英語表記 POODLE
原産国 フランス
サイズ 大型犬
体高 45~60cm
体重 16~25kg
寿命 12歳前後


プードルの種類

二匹のスタンダードプードルの子犬

「プードル」といったら「トイプードル」を想像する方も多いかもしれません。実は「プードル」には4種類おり、それぞれに血統書が与えられてます。

サイズが大きい順に以下のように分けられています。

犬種 体高
スタンダードプードル 45~60cm
ミディアム・プードル 35~45cm
ミニチュア・プードル 28~35cm
トイ・プードル 24〜28cm

スタンダードプードルの歴史

スタンダードプードル

プードルはフランス原産の犬種です。

もともは鳥猟犬として、人間が撃ち落としたカモなどの水鳥を回収するための犬として重宝されていました。

プードルのカットは、猟の際に毛が邪魔にならないよう、猟犬として活躍していた時から行われていました。

水に入った時冷えないように足首や胸回りの毛を残し、水中を泳ぐ際でも見えるように尻尾の先の毛を残すカットスタイルになったといわれています。

次第に美しさを重要視するようになり、現在ではショードッグとしても人気です。

スタンダードプードルの毛色や毛質

毛色はたくさんのバリエーションがありますが、血統書団体「ジャパンケンネルクラブ」では、どの毛色も一色であることを理想としています。

「ホワイト」「ブラック」「シルバー」「ブラウン」「レッド」「アプリコット」「クリーム」「ブルー」「グレー」などがあり、同じ色の中で濃淡があります。

スタンダードプードルの性格や特徴

スタンダードプードルの子犬

性格

スタンダードプードルは、温厚で陽気な性格をしています。猟犬として活躍していたため、とても賢くしつけもしやすいでしょう。

特徴

特徴は何といってもクルクルの被毛です。

プードルの被毛は抜けにくいため、飼い主さんにとって、掃除も大変ではありません。

スタンダードプードルの飼い方

スタンダードプードル

トイプードルと比べて体が大きい分、運動量が必要です。60分程度の散歩を1日2回行うと良いでしょう。

人が大好きな犬種なので、一緒に楽しみながらしつけをしていきましょう

スタンダードプードルのしつけ

しつけは、犬種としての気質だけでなく、愛犬の性格をきちんと理解してあげることが大切です。

温厚な性格をしている犬種ですが、「マテ」や「オイデ」などの基本的なしつけは必要です。

うっかりリードを離した隙に走り出してしまったら、足の速い犬に追いつくことは簡単ではありません。たとえ逃げてしまっても「呼び戻し」や「止まれ」といったしつけができていれば最悪の事態を防ぐことができます。


スタンダードプードルのお手入れ

スタンダードプードルは抜け毛の少ない犬種ですが、定期的なブラッシングやトリミングが必要です。

皮膚の弱い犬種でもあるため、体を撫でるとき異常がないか、体をかくことが増えていないかなど気にしてあげましょう。


スタンダードプードルがかかりやすい病気

黒いスタンダードプードル

スタンダードプードルは「皮膚疾患」や「流涙症」「停留睾丸(停留精巣)」といった病気になりやすいです。

皮膚の状態の把握も大切ですが、目の周りの毛も伸びやすく、毛が目に入ることで涙が出てしまう流涙症になってしまいます。

停留睾丸は、誕生後に精巣がお腹から正しい位置に降りず途中で停留してしまう遺伝的な病気です。「オスなのにおかしいな?」と思ったら獣医さんに相談してみましょう。


スタンダードプードルを迎える方法

一度家族に迎えたら、子犬から老犬になっても大切に、命に責任を持ちましょう。

白髪も生えれば、病気にもかかるかもしれません。お金がかかるのは家族に迎える時だけではないことを踏まえ、もう一度考えた上で迎えることを検討してください。

保護犬から迎える

保護犬猫マッチングサイトのOMUSUBI

保護され、里親を探している犬は雑種だけでなく、血統書のある犬も多くいます。

ペトコトの姉妹サイトである保護犬・保護猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

OMUSUBIで保護犬猫を探す


ブリーダーから迎える

ブリーダーから迎えるのが最も一般的な方法といえるでしょう。

実際に見学に行き、どんな環境で飼育されているのかを確認することも必要ですが、飼う上でのアドバイスも直接聞くことができます。

ペットショップから迎える

スタンダードプードルは、ペットショップではほとんど見かけることのない犬種のため、事前に確認してみることをオススメします。

月齢や血統、ペットショップによって大きく異なりますが、一般的な価格の相場は25~40万円ほどです。

スタンダードプードルと一緒に楽しもう!

スタンダードプードル

一緒に遊んだり、散歩に行ったりすることもそうですが、しつけもコミュニケーションの一環です。

お互いが気持ちよく過ごせるように、遊びやおやつを使って楽しみながらしつけをしたり、ドッグスポーツなどを始めてみたりすることで愛犬との絆が深まります。


参考文献