PETOKOTO FOODSを与えて、実際に愛犬に見られた変化を紹介します。

Share!

こんにちは、「PETOKOTO FOODS」お客さま担当の甲斐です。自分の食生活は変えると変化を体感しやすいものですが、愛犬の場合はそうもいきませんよね。今回は愛犬の食事を変えると体にどのような変化が起きるのか、実際にPETOKOTO FOODSを与えて見られた事例を紹介します。

PETOKOTO FOODSと犬

PETOKOTO FOODSをご利用中のお客さまより「うんちの量が少なくなった」とお声を頂くことがあります。これは、栄養がきちんと体内に吸収されたことによる変化である場合が多いです。

新鮮な食材を最低限の加熱のみで調理し、余計な添加物を加えないフレッシュタイプのごはんは、食材本来の栄養を自然な形で吸収することができるのです。

栄養を余すことなくきちんと体に取り込むことで、愛犬の体ではさまざまな変化が生まれ始めます。それは数週間で見られる変化から、3年後、5年後の変化かもしれません。

いずれにしても、消化に優れ栄養バランスのとれた食事が、未来の愛犬の健康な体をつくることは確かです。


1. PETOKOTO FOODSで愛犬にどんな変化が起こる?

食の細い犬の食事風景

「作りたてのごはん」で栄養をしっかり吸収

例えばPETOKOTO FOODSの「フィッシュ」に含まれる「タラ」には、筋肉を増加させるタンパク質や、睡眠リズムを正常化させるビタミンB12をはじめとした、多くの栄養が含まれます(※)

すべてのメニューに含まれる「フィッシュオイル」にも優れた栄養素が含まれ、その一つがEPA・DHAです。これらは血液をサラサラにする効果や抗炎症作用、抗がん作用、涙やけの改善などが期待できると言われています。

たった2つの食材をとっても、これだけ身体に良い成分が含まれるのです。良質で新鮮なごはんからしっかり栄養を吸収することで、愛犬の今の身体を健康にするだけでなく、未来の病気も予防してくれることが分かります。



水分がきちんと摂取され、健康な体の源に。

水は、犬にとって健康をつくる大事な鍵です。私たちと同じく犬の体は約60%が水で、体内で酸素や栄養素を運んだり、老廃物を排出したりと、生命維持に必要な役割を担っています。また、時に尿結石などの病気も予防してくれるのです。

PETOKOTO FOODSはドライタイプのフードに比べて水分が豊富で、食事から自然に水分摂取をすることができます。疲労回復や便秘の解消はもちろん、新陳代謝の活性化により綺麗な毛艶を保ち、尿疾患のリスク予防にも期待ができます。

2. 短期〜長期的に期待できる変化

PETOKOTO FOODSを食べたワンちゃんの変化として、よく頂く飼い主さまの感想を紹介します。まず1週間以内にうんちの変化、次に体重の増減、皮膚や毛並みの変化と時間をかけてさまざまな変化が見られるようになります。

  • 〜1週間:うんちなど排泄物の変化
  • 1カ月前後:体重の増減など目に見える変化
  • 2カ月〜:皮膚や毛並み、涙やけなど体質の変化
  • 半年以上:免疫力の向上など長期的な体質の変化

※変化は飼い主さまの感想をまとめたものです。効果、効能をうたうものではございませんのでご留意ください。

3. 実際に変化が現れたお客さま事例紹介

期待できる時期:〜1週間

「小さなうんちに」

「うんちの量が減り、硬さも適切になって安心しています。朝方にもごはんを要求されるほど、食いつきも向上しました!」(はなちゃん 6才)



<ペット栄養管理士より>
小さく、コロコロとしたうんちは、栄養がしっかりと吸収された証です。もしうんちが緩い場合には、腸内環境が新しいごはんに適応できていない可能性があります。その場合は、前のごはんに戻して少しずつPETOKOTO FOODSの量を増やし、ゆっくり時間をかけて新しいごはんに慣らしてあげましょう。



期待できる時期:1カ月前後

「体重の変化」

「1.7kgの減量に成功しました。痩せてきたら散歩中も歩くようになり、水分もごはんで摂れるのでお腹の調子も良くなりました」(クロちゃん 4才)



<ペット栄養管理士より>
マイページで提案する適正な食事量を与えることで、体重に変化が出始めるケースがあります。 パピーの場合には2週間に一度、成犬の場合には1カ月に一度体重を測って変化を確認しましょう。体重の変化が見られない場合には、改めて食事量をご提案しますので、カスタマーサポートまでご相談ください。



期待できる時期:2カ月〜

「涙やけ・皮膚トラブルの変化」

 

「サプリをあげたり、蒸しタオルで拭いてあげたり、あらゆる手段を試してもダメだった涙やけ。食事変更後の2カ月頃から徐々に変化が現れはじめ、今では見違えるように綺麗になりました!」(ぽみ子ちゃん 1才)

<ペット栄養管理士より>
2カ月を超えてくると、涙やけや皮膚などの「体質」に影響が出始めるケースがあります。涙やけの原因は諸説あり、ドライフードなどに含まれる酸化した油の摂取も原因の一つと言われています。PETOKOTO FOODSのすべてのメニューに含まれるフィッシュオイルが涙やけの改善につながるのではないかという研究も行われており、まずは2カ月様子を見ていただくことをご提案します。



「毛艶の変化」

「保護した時には艶のなかった毛並み 。ごはんを変えて2カ月頃から毛艶に変化が見られ始めました。今では健康的な毛艶になり食事の重要性を痛感しています」(英司ちゃん 6才)



<ペット栄養管理士より>
日々のお手入れに加えて、消化に良い健康的なごはんを食べることで毛艶の変化が見られるケースがあります。



長期的な変化

「健康診断の検査数値が改善」

「トッピングが原因で栄養の偏りが生じたため、獣医師から食事改善の指摘を受けました。食事を変えたことで次の健康診断では全数値良好のお墨付きをいただき、安心した毎日を過ごしています」(ウィルちゃん 11才)



<ペット栄養管理士より>
ササミなどのトッピングを続けるとリンやナトリウムの過剰摂取につながります。特にタンパク質に偏ったトッピングは要注意です。飼い主さまが与えたいと考えるドライフードをどうしても食べてくれない場合は、お肉のトッピングではなくお野菜もきちんと含んだPETOKOTO FOODSのような総合栄養食を推奨します。



「抗ガン治療を乗り越え無事に寛解」

「抗ガン治療を重ねたことに加えて、きちんと食事から栄養を摂取できたことで、無事にガンを克服しました」(ジョブさん 11才)



<ペット栄養管理士より>
療法食の指定がある時には、療法食をきちんと食べるのが一番です。一方で、食欲がなく療法食を食べなてくれない場合には、まずは食べることが大切です。PETOKOTO FOODSは療法食ではありませんが、嗜好性を高める目的としてご活用いただくケースも多いです。


※PETOKOTO FOODSは療法食ではありません。療法食の指定がある場合は獣医師の指示の元、指定のごはんを与えてください。


いかがでしたか? 健康に直結する大切な食事、ワンちゃんは選ぶことができません。大切な愛犬と1日でも多く幸せな時間を過ごすために、5年後10年後の健康を一緒につくっていきましょう。体調の変化や与え方など、気になることがあればいつでもカスタマーサポートまでご連絡ください。

>> サポートに相談する <<


\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTOFOODS
ご満足いただけなかった場合は初回配送分に限り、全額返金いたします。ぜひ一度お試しください。

>> 詳しくはこちら <<