サルーキの飼い方|犬種の性格や毛色、ボルゾイとの違いなど

サルーキは、長い足とすらっとしたボディーラインが特徴で、とても足の速い犬種です。足の速さを生かしてガゼル猟で活躍することから「ガゼル・ハウンド」とも呼ばれています。ロングコートのサルーキには耳としっぽに飾り毛があり、優雅な印象を与えます。サルーキの歴史や飼い方、見た目が似ているボルゾイとの違いなど紹介します。

基礎知識

サルーキは英語で「Saluki」と表記します。名前の由来は諸説あり、アラビア語で「アラー(神)の授かりもの」という説や、古代アラブの首都「サルク」からついたという説などがあります。サルーキは「ハウンド」と呼ばれる猟犬のグループの1匹です。中でも視覚を使って遠くにいる獲物を追跡する「サイトハウンド」のグループに属していています。ハウンドには「サイトハウンド」の他に、嗅覚を使って追跡する「セントハウンド」があります。

歴史

サルーキは最も古い犬種とされ、エジプトの墓やシュメールの遺跡からもサルーキに関する出土品が出てきたといわれるほど古い歴史のある犬種です。サルーキは名誉の象徴とされ、中東の伝統のため売買されることなく大切にされてきました。また、犬が不浄とされるイスラムでも、サルーキだけは特別に神に許され、信者と一緒に暮らすことができたそうです。素早い足の速さを生かして、ガゼルやキツネの猟犬として活躍していました。アラブの遊牧民の狩りの手法は、まず鷹に獲物を襲撃させスピードの落ちたところをサルーキが捕らえて、罠に落とすというやり方をとっていたといわれています。狩りに行く際は、砂漠の焼けるような熱から足を守るために、当時はラクダに乗せ、車が普及されてからは車に乗せて運ばれることが多くなってきました。

サルーキは中東の広域に生息していたため、大きさや毛質などさまざまなタイプがいます。現在のスタンダードのタイプになるのに何千年にも渡って交配されました。1923年にヨーロッパの正式なスタンダードとされ、1929年にはアメリカの血統書団体アメリカンケンネルクラブに認められました。

大きさや寿命

体重は16~29キログラムほどで、体高は58~71センチメートルほどです。寿命は10~17年前後といわれています。

性格や特徴

威厳があり自立心を持っている犬種で、性格は穏やかで飼い主に対しては忠実です。速く走るための細身でシャープな体型をしていますが、持久力と力強さを兼ね備えています。耳としっぽには飾り毛(フェザリングやフリンジと呼ばれる)があり優雅な印象を与えます。

毛質

一般的に知られているのはロングコートのサルーキですが、実はスムースコートのサルーキもいます。どちらもシングルコートの毛並みです。

毛色

主な毛色は、レッド、クリーム、ブラック&タン、トライカラー、グリズルです。

レッド

サルーキ レッド

Photo by ske3mamaさん Thanks!

クリーム

サルーキ クリーム

Photo by maseratiqp6さん Thanks!

ブラック&タン

サルーキ ブラック&タン

Photo by aaaa6002さん Thanks!

トライカラー

グリズル

Yokoさん(@yoisan0801)がシェアした投稿

ボルゾイとの違いは?

すらっとした足にシャープな体をしている姿はボルゾイに似ています。2匹ともサイトハンドとして活躍していたということも同じです。しかし、サルーキが中東原産なのに対しボルゾイはロシア原産です。寒い地域のボルゾイはダブルコートをしていますが、暑い地域のサルーキはシングルコートという違いがあります。

サルーキのしつけやお手入れ

この記事を飼い主仲間に
シェアしよう!

back 1 2 3next

今日のアクセスランキングトップ10

今月のアクセスランキングトップ10