猫がキッチンに登ってくる理由は?侵入防止グッズなどの対策法を紹介!

Share!

キッチンは猫の好奇心をそそるものがたくさん。でも衛生面はもちろん、猫が怪我をしてしまうものや火事の危険があるものもあり、猫に気軽に入ってほしい場所ではありません。ただ、犬と違って入らないように猫をしつけることは現実的ではありません。パーテーションなどの仕切りや、侵入防止スプレーを使うのがおすすめです。今回は、猫がキッチンに入りたがる理由やおすすめの対策グッズを紹介します。

猫はなぜキッチンに入りたがるの?

キッチンの猫

飼い主さんがいる

猫の様子を観察していると、猫がキッチンに入ってくるのは飼い主がキッチンにいるときであることが圧倒的に多いです。

猫は「ひとりが好き」とよくいわれますが、正確にはひとりで過ごしたいときがあるだけで、基本的には飼い主さんのそばで過ごすのが好きな動物です。

そのため飼い主さんがキッチンに入れば、猫もキッチンに入ってきたくなってしまうのです。飼い主さんが茶碗を洗うなどの作業するのを眺めているのが好きな子も珍しくありません。

猫が興味を惹くものがいっぱい

キッチンには猫の興味を惹くものがたくさんあります。

食べ物はいい匂いがしますし、ガサガサ音がするビニール袋も猫がワクワクしてしまいますね。また、たくさんあるおたまなどの料理道具やスプーンなどに興味を惹かれて、それらで遊んでしまう子もいます。

ゴミ箱の中にも猫が興味が惹かれるものがたくさん入っています。猫はそういうものがあると遊びたい気持ちになってしまうのです。

キッチンは猫にとって危険がいっぱい!

キッチンの猫

誤飲や誤食のリスク

キッチンは食べ物が置いてある場所ですし、それらが入っているビニール袋や紙袋がなどたくさんある場所ですね。それらをキッチンに置きっぱなしにしてしまうと猫ちゃんが食べてしまう危険性があります。

ラップやビニール袋などはもちろん食べてはいけないものですし、お菓子やパンなど、食べたからといって直ちに健康被害は無いものの、猫が食べない方が良いものがたくさんあります。きちんと管理をしていないと、食べ物が溢れているキッチンは誤食の危険性がある場所になります。万が一誤食してしまった場合、毒性のあるものや、消化できないものだと手術をしなければいけなくなかったり、最悪の場合死に至ることもあります。危険なものは必ずしまい、異変を感じたらすぐ動物病院に行きましょう。

火傷

キッチンでの火傷は実は珍しいことではありません。調理には火を使いますが、ガスコンロを使用していると火が猫の毛に移ってしまうという危険があります。

また現在のガスコンロはスイッチで付くようになっているために、猫が勝手につけてしまうという事故もあるようです。猫の火傷だけではなく、おうちが火事になってしまうリスクもありますね。

ガスコンロではなくクッキングヒーターなどを使用している方も多いでしょう。ヒーターは火が見えませんが、だからといって安全ではなく、料理できる位なので表面はかなり熱くなっています。

クッキングヒーターは平らで猫が乗りやすい形状になっているために、熱いということがわからない子はその上に乗ったり歩いてしまうという危険もあります。

怪我

キッチンは料理をする場所なので、包丁やハサミなどの切る物や、箸やスプーンなどもたくさん置いてある場所ですね。

それらは猫に怪我をさせてしまう可能性があります。包丁やハサミが危険であるのは一目瞭然ですが、箸やスプーンも猫にとって危険なものになり得ます。

猫がキッチンに入らないようにしつけはできる?

キッチンの猫

猫のしつけは難しい

猫にしつけをすることは、ほぼ不可能です。褒めたり、嫌なことを経験させたりすることでしつけができるという方もいますが、筆者の経験では犬のようなしつけを猫にすることは、ほぼできません。

猫ももちろん、叱られていることや褒められていることは理解していますので、例えば爪切りを嫌がっていた子がおとなしく爪切りができるすることは可能です。

しかし猫は犬ほど飼い主さんに忠実ではありません。自分がそのときにしたいことをしたいようにするというのが猫の特徴です。そのためキッチンに入るなと怒られたその一瞬は、飼い主さんが怖いためにキッチンに入ってくることをやめるかもしれませんが、自分がしたいと思えば何度でも同じことを繰り返してしまうのです。

ドアや仕切りがないキッチンへ、猫が自分の意思で我慢して入ってこないようにしつけをするというのはかなり難しいことでしょう。

猫がキッチンに入らないようにするには、飼い主さんが扉や仕切りを設けるなど物理的にできないようにするか、猫にキッチンに入られても大丈夫なように飼い主さんが対処するしかありません。

猫と安全に暮らすためのキッチン対策

侵入防止はパーテーションを活用

キッチンにドアがない場合は、パーテーションや仕切りを活用して物理的に猫が入って来られないようにするということも、猫の安全を守る方法の一つです。

DIYが得意な方は仕切りなどを自作してしまう方もいるようですが、キッチンは仕切りをつけなければならない場所が多く、サイズも大きいものになるので素人には難しいかもしれません。

現在では猫用のパーテーションや、脱走防止柵などが売られていますし、部屋を仕切るためのアコーディオンドアなどもありますのでそれらを活用するのがおすすめです。


Amazonで見る

コンロは元栓を止める

料理の際に使うコンロやクッキングヒーターは猫が火傷してしまうリスクがあります。

現在ではスイッチで簡単についてしまうものがほとんどですが、それらは猫が誤ってつけてしまう可能性もあります。

そのためガスコンロやクッキングヒーターは、チャイルドロックが付いていれば必ずロックするようにし、なければ調理が終わった際には元栓をしめてしまうように習慣づけると良いでしょう。

調理用具は引き出しへ

特に2歳くらいまでの精神的にまだ成長しきっていない猫は、身の回りにあるものをおもちゃにしてしまう傾向が強いです。

キッチンにある料理用具は猫の遊び道具になってしまう可能性がありますので、調理台の上に、すぐに猫が触れる状態で置かずに、すべて引き出しの中にしまうなどすると良いでしょう。また、キッチンハイターなどのキッチンクリーニング用品も誤飲すると危険なので、必ず猫が触れられない場所に管理しましょう。

ゴミ対策

キッチンで出るゴミは食べ物の匂いがするものも多く、猫の誤食のリスクが高くなってしまいます。

猫ちゃんと暮らす場合はゴミの管理は必須です。ゴミに猫にとって嫌な匂いがするスプレーをかけておくようにすることで、ゴミを漁ることを防止することができます。

ゴミを捨てるときにいちいちロックを外すのが面倒ではありますが、猫に外されないロック付きのゴミ箱を使用しても良いでしょう。



Amazonで見る

食料は放置しない

お菓子やパンなど、猫が普通は食べないような食料であっても放置せず、必ず引き出しや戸棚などにしまうようにしましょう。

猫の中には人間の食べ物に興味を持ち、袋を破って食べてしまうことがあります。また人間の食べ物にそれほど興味がなかったとしても、暇を持て余していたずらをしてしまうことはあるでしょう。

猫の健康のためにもキッチンに食べ物を放置せず、きちんとしまうことをおすすめします。

料理中はケージに

猫の中には調理中にも調理台に登ってしまう子もいます。登ってはいけないことを理解させしつけをすることは難しいので、そのような子は料理中はケージに入れるようにすると良いでしょう。

料理は毎日するものですし、そのたびに猫ちゃんにイライラさせられると飼い主さんも猫ちゃんも幸せではありませんね。

調理をする間くらい、ケージに入っていたからといって特に問題はありませんので、飼い主さんが気持ちよく料理ができ、猫ちゃんを叱らないということを優先した方が筆者は幸せに暮らせると思います。

すぐに洗い物をする

シンクに洗い物をそのまま放置するなど、食べ物の匂いがするものをそのままにしておかないようにしましょう。

しかし、きちんと処理をしても興味をひかれて入ってしまう子はいるので、猫がシンクに入ってしまわないように苦い味がするスプレーをシンクにかけておくのもおすすめです。


愛猫のためにキッチンの管理はしっかりと!

キッチンは猫が興味を引かれるものがたくさんある場所ではありますが、実は猫にとって危険も少なくない場所です。

仕切りやドアを設けない限り、猫はキッチンに入ってきてしまうのは仕方のないことです。それを前提とした上で、安全対策を強化するようにしましょう。