ハウンド犬種ってどんな犬たち? 歴史や役割、気になる性格について紹介

ハウンド犬種ってどんな犬たち? 歴史や役割、気になる性格について紹介

猟犬の中でも「ハウンド」と分類される犬たちがいます。「ハウンド」とは猟犬という意味で、とても多くの犬種がハウンドに分類されています。また、ハウンドの中でも「セントハウンド」、「サイトハウンド」と分かれています。それぞれの特性や代表種、歴史などをご紹介していきます。

ハウンドとは

サルーキ

ハウンドはとは、ウサギやキツネのような小動物からシカのような大型動物まで幅広い範囲の狩猟を行ってきた「獣猟犬」に分類される犬たちです。獣猟犬の中には、「テリア」も含まれますが、テリアは主にネズミや、モグラなど主に小型害獣の駆除を目的に活躍していました。

また猟犬には、獣猟犬の他に鳥を対象とした「鳥猟犬」に分類される犬種もいます。

ハウンド犬の歴史

「ハウンド」という言葉はそもそも猟犬を意味しており、人間が狩りをするようになった時代からハウンドの原型になる犬たちは存在していました。

人と犬とのつながりは1万年以上前にさかのぼります。人がまだ群れごとに放浪する遊動生活を送っていた時代に、オオカミの一部が人の群れに付いて回り、人間の食べ残しをもらうことを覚えたのが始まりだと考えられています。人間から見てもオオカミが付いてくることで番犬の役割を担ってくれるというメリットがあり、次第に生活を共にするようになりました。やがて人が定住するようになるとオオカミは家畜化され、人為的に交配が行われるようになります。これが犬の始まりといわれています。

時代を重ね犬たちはさまざまな役割を担ってきましたが、ハウンドはその中でも最初の使役犬だといえます。



ハウンドの性格

獣猟犬であるハウンドは、鳥猟犬と違って獰猛な獲物を追って行きます。シカやイノシシなどに反撃される危険もありますが、それでも怯まずハンターが来るまで足止めや、時には獲物に噛み付くこともある勇猛な一面を持っています。

狩猟の中でさまざまな場面に応じて自分で判断することが求められるので、意思が強く独立心も持っており、しつけやトレーニングが難しいこともあるようです。



ハウンドの種類

ハウンドには狩猟において嗅覚を駆使するセントハウンド(嗅覚ハウンド)と、視覚に頼るサイトハウンド(視覚ハウンド)がいます。

一般財団法人ジャパンケネルクラブの定める犬種グループでも6Gがセントハウンド、10Gがサイトハウンドであり、同じハウンドでも見た目や役割が全然違います。



セントハウンドに分類される犬種

獲物の臭いを追跡し、居場所を特定したり、ときには巣穴に入り込んで追い立てたりするセントハウンド。たれ耳の犬種が多いのは、巣穴などに入る際に耳の中に土が入らないように、また嗅覚が最大の強みであるため、鼻先に集中させるためともいわれています。

実際にどのような犬種がセントハウンドに分類されているのかご紹介します。

ビーグル

大きいビーグル

スヌーピーのモデルにもなっており、セントハウンドの中では最も小柄な犬種であるビーグル。15世紀ごろにイギリスでスポーツとしてのウサギ狩りを得意としていました。

獲物を追い詰めると吠えてハンターに居場所を伝えるという役割を持っていたため、興奮すると吠えやすいという一面もありますす。しかし基本的に愛嬌があり社交的で家庭犬としても人気が高いですね。食べ物を前にしたときの、力強く盛大な喜びの表現は見ているだけで幸せな気持ちになります。

バセットハウンド

バセットハウンドは大きな頭と短足、とても長い耳が特徴的です。これもセントハウンドとして、地面に鼻をより近づけ、よりニオイを追跡しやすくするために改良された体型です。

どこまでもニオイを追跡していく狩猟スタイルだったため、頑固で執念深いですが、性格はとてものんびりしていて家族にもとても愛情深く接してくれます。だるんとした困り顔がとても可愛いです。

ダルメシアン

ダルメシアン
Photo by coco_dalmatianさん Thanks!

「101匹わんちゃん」でおなじみのダルメシアンですが、そのルーツははっきりとしていません。彼らはジプシーや旅商人とともにヨーロッパのいたるところを巡っており、存在の記録が多く残っているため、出自の確証が得られないそうです。

ダルメシアンは狩猟だけでなく、馬車の馬と並走して走る伴走犬の仕事をすることも多かったそうです。頼れる「わんちゃん」ですね。

生まれたときにはまだ特徴的な水玉模様はなく真っ白で、生後数週間後から模様が出てきます。

ブラッドハウンド

あまり聞きなれない犬種のブラッドハウンド。とてもガッシリした大型犬で、セントハウンドの中でも特に優れた嗅覚を持っています。そのため、日本ではあまり見かけませんが、海外では現役の警察犬として活躍するブラッドハウンドもいるのだそうです。

アゴ周りにブヨブヨした硬い皮膚が皴を作っており、狩猟の際に獲物に噛まれても体をよじって逃げられるために分厚い皮膚が発達したといわれています。このことからも分かるように、襲われてもやり返さず、攻撃性の低い性格です。

フォックスハウンド

フォックスハウンドはその名の通りキツネ狩り専門の猟犬です。狩場ではキツネの臭いを追跡し、見つけると群れの仲間とともに仕留めていました。

対象がすばしっこいキツネであったため、ブラッドハウンドに足の速いグレーハウンドを掛け合わせるなどしてできた犬種であるといわれています。

ポルスレーヌ

19世紀ごろまでフランスで高い人気を誇っていたポルスレーヌという犬種。一時は絶滅の危機に瀕しましたが、現在も数は少ないながらも多くの国で家庭犬として愛されています。

バセットハウンドのようなとても長い耳が愛らしく、すらっとした気品のある大型犬です。日本ではとても数が少ないため、なかなかお目にかかることはなさそうです。


サイトハウンドに分類される犬種

サイトハウンドは目で獲物を追い、凄まじい俊足で捕獲するという方法で狩猟を行っていました。そのため、一般的な犬の視野が200~250度なのに対しサイトハウンドの視野は270度ともいわれています。確かに長いマズルの側面でやや両目が離れた位置にあるような印象を受けます。

そして「ダブルサスペンションギャロップ」という、前後の足を体の中心に持ってきたときと伸ばし切ったときに体が浮いた状態になる走法ができます。チーターと同じ走り方でもあり、全犬種の中でサイトハウンドたちが群を抜いて俊足なのも納得です。

そんなサイトハウンドにはどのような犬種がいるのか、ご紹介していきます。



イタリアングレーハウンド

まどろむイタグレ 近年日本でも家庭犬としてよく見かけるようになったイタリアングレーハウンド

やんちゃそうな顔ですが、瞬発力重視の犬なので走る以外の時間は基本的におとなしく寝て過ごす子が多いようです。とても細い手足なので、少しの段差で骨折してしまうことも。また寒さにはめっぽう弱く、特に耳は湯葉のように薄いため、耳の先端が凍傷で破れてしまうこともあります。暖かくして血行がよくなるよう対策が必要です。



イングリッシュグレーハウンド

グレーハウンド
Photo by spinnersgreyhoundさん Thanks!

通常グレーハウンドと呼ばれている犬は、このイングリッシュグレーハウンドになります。大型犬で、全犬種の中でも最速の時速70kmで走ることができるといわれています。

ツタンカーメンの墓からもグレーハウンドのような犬が描かれた遺物が発見されており、それがイギリスに渡ってイングリッシュグレーハウンドとして定常化されました。

ウサギやガゼットの猟だけでなく、娯楽(ギャンブル)としてのドッグレースで活躍していましたが、現在では動物愛護の観点からそういったレースは減っており、家庭犬として生活している子が多いです。



ウィペット

ウィペットはイングリッシュグレーハウンドとイタリアングレーハウンドの中間くらいの大きさの中型犬です。イングリッシュとイタリアンの歴史がかなり古いのに対し、ウィペットは比較的新しく、犬種として完成したのは19世紀です。

日本でも数は少ないですが、スポーツとしてのドッグレースが行われている場所にいくと結構な頻度で出会うことができます。

速すぎて他の犬種とは勝負にならないため、タイムを競うレースではウィペットだけのコースが設置されているものもあります。

アフガンハウンド

アフガンハウンドはその名のとおりアフガニスタンが原産です。大型犬としては珍しく、とても長いサラサラの長毛です。

「世界一頭の悪い犬」と不名誉な呼ばれ方をしてしまうこともありますが、それはアフガンハウンドの独立心が強くマイペースな性格からでしょう。他のサイトハウンド同様俊足を生かして狩猟を行っていたので、人間の支持を受ける前に自分の判断で動いていました。そのため指示に従わない傾向があり、「頭が悪い」とされてしまったようです。決して知能が低いわけではなく、判断能力に優れているのですね。そのマイペースさゆえ、のような性格だと称されることもあるようです。



サルーキ

現存する犬種の中で最も歴史が古いのがサルーキです。中東では宗教上の観点から犬は不浄の生物とされており人間と一緒に埋葬されることはあり得なかったのですが、サルーキだけは神の遣いであるとされ、古代エジプトのファラオの墓からもミイラが見つかっています。

実際に見るととても高貴な雰囲気が漂っており、筆者もドッグランでホワイトのサルーキを見かけたときは、まるで白馬のようで神秘的な印象を受けました。



ボルゾイ

ボルゾイ
Photo by twisty510さん Thanks!
以前は「ロシアンウルフハウンド」という名で呼ばれており、オオカミ猟に使役していたボルゾイ。ほっそりとしたモデル体型ですが、体高75~85cmとかなり大きいです。家では家族にそっと寄り添って穏やかに過ごすのが好きで、ハウンドの中で最も友好的といわれています。

しかし猟犬の血が流れているため、外に出ると活発な様子を見せることも。小動物を見かけると急に狩猟本能のスイッチが入ってしまう場合があります。普段から興奮させすぎないよう心掛けたり、呼び戻しのしつけをしっかりしておくのが望ましいですね。



ハウンドを飼うということ

ハウンドたちはハンターとの連携を取りつつ、狩猟におけるさまざまな局面で自己判断を行っていたため、独立心の高い犬が多いです。そのため頑固さを感じることもありますが、家族が大好きという一面もあります。個々の性格を見極めて接すると、最高のパートナーになってくれそうです。

たれ耳の多いセントハウンドでは、こまめに耳掃除をし、食事の際は耳が汚れないようにするなど、耳の病気に気を付けてあげたいですね。

サイトハウンドの場合は運動量が必要になるので、週末にはドッグランに連れて行ってあげたり、日々のお散歩も長めに歩いてあげたりするのが良いでしょう。



ブリーダーから迎える

ハウンド種の中にはあまりペットショップで見かけない犬も多いです。信頼できるブリーダーを探し、好みの色やサイズの子がいないか見学させてもらうのもいいかもしれません。ブリーダーはその犬種のスペシャリストともいえるので、迎えた後にも飼い方のアドバイスを聞くことができるのもありがたいですね。

保護犬を迎える

新しく里親を探している犬を迎える際、成犬であることも多いです。しかし成犬には成犬の魅力があり、実際に迎えてみると「多くの里親希望者の中から我が家を選んでくれた」という運命的な嬉しさもあります。

ブリーダーやペットショップからの購入を考える前に、保護犬の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」も、ぜひ覗いてみてください。

ハウンドと暮らす

猟犬としての勇猛果敢な性格もありつつ、家族へは信頼を寄せてとても愛情深く接してくれるハウンドたち。しつけが難しかったり力が強かったりと敷居が高そうに感じてしまうこともありますが、人にも犬にも友好的な明るい子が多いです。

犬種として、もともと持っている本能を満たしてあげられるような遊びも大事です。セントハウンドなら室内でおやつを隠して発見させる「クンクン遊び」や、サイトハウンドなら獲物に見立てたモーターを追わせるルアーコーシングというドッグスポーツに参加してみるのも楽しそうですね。

その子の個性にあった過ごし方、遊び方をしてあげたいですね。

Share!