レークランドテリアの飼い方|つぶらな目がキュートな賢いいたずらっ子は、子犬の頃のしつけが大事

レークランドテリアの飼い方|つぶらな目がキュートな賢いいたずらっ子は、子犬の頃のしつけが大事

テリア系犬種には、大きさもお顔も違ういろいろな犬種がいます。今回ご紹介するのは、中でもしつけが難しいといわれるレークランドテリアです。似ていると言われるウェルシュテリアとの違いなども解説します。

レークランドテリアの基礎知識

buddyくん
Photo by BUDDYくん____buddy____さん Thanks!

英語表記 Lakeland Terrier
原産国 イギリス
サイズ 小型
体高 37cm以下
体重 オス:約7.7kg
メス:約6.8kg
寿命 約12〜15年

レークランドテリアは、イギリスで最も古いテリアの一種です。イングランドのカンバーランド(Cumberland)カウンティで生まれました。英語では「Lakeland Terrier」と表記され、日本語では「レイクランドテリア」と表記されることもあります。

レークランドテリアの歴史

数百年前、レークランド(Lakeland)と呼ばれるイングランド北西部の湖水地方では、羊小屋を襲う狐に困り果てていました。その頃、狐狩りをして農場主たちを助けていたのがレークランドテリアであるといわれています。レークランドテリアという名前が定着する前は、カラードワーキングテリア、パタデールテリアと呼ばれていたこともあります。

レークランドテリアの性格や特徴

レークランドテリアは、「頑固、勇敢、大胆、機敏、活発、忠実」を備えたいわゆるテリア気質と呼ばれる性格を持つ犬種です。

大きさと寿命

レークランドテリアの体高は37cm以下で、体重はオスがおよそ7.7kg、メスがおよそ6.8kgになります。寿命は12〜15年ほどといわれています。

レークランドテリアに似ている犬種と違い

レークランドテリアには、テリア系の犬種を中心に似ているといわれる犬種がたくさんいます。以下に紹介する以外にも、アイリッシュテリア、ケリーブルーテリア、アイリッシュソフトコーテッドウィートンテリアといった犬種が似ている犬種としてあげられます。

ワイヤーフォックステリア

20190308_lakeland_an_002

ワイヤーフォックステリアは、長い足につぶらな目を持つ、レークランドテリアに非常によく似た犬種です。ワイヤーフォックステリアが外見上レークランドテリアと異なるのは、大きさです。ワイヤーフォックステリアは体重が7〜8キログラムほど、体高がおよそ38.5~39.5センチメートルと、体高が37センチメートル以下とされるレークランドテリアより一回り大きい犬種となっています。

ウェルシュテリア

20190308_lakeland_an_003
By Shleiderbmx - Own work, CC BY 3.0, Link

ワイヤーフォックステリアよりさらに一回り大きい犬種がウェルシュテリアです。最高体重で比べると、レークランドテリアが7.7キログラム、ウェルシュテリアが10キログラムと、3キログラム近く違うのがわかります。また、レークランドテリアには色々な毛色がありますが、ほとんどのウェルシュテリアはブラックアンドタンであるという違いもあります。

エアデールテリア

レークランドテリア似た犬
By Pleple2000 - Own work, CC BY-SA 3.0, Link

レークランドテリアに似ている犬種に、エアデールテリアという犬種もいます。小型犬であるレークランドテリアとは異なり、エアデールテリアは大きいものでは体重が23キログラム、体高が61センチメートルになります。


レークランドテリアの被毛について

レークランドテリアの被毛はダブルコートで、内側に柔らかい毛が生えており、外側をワイヤーヘアーと呼ばれる硬い毛に覆われています。

毛色

レークランドテリアには、ブラック、ブラックアンドタン、ブルー、レッドなどさまざまな毛色があります。

レッド

レークランドテリアレッド

ブラックアンドタン

レークランドテリアブラックタン
ByТомасина - Trabajo propio, CC BY-SA 3.0, Enlace

レークランドテリアの飼い方

レークランドテリアには、毎日のお散歩が欠かせません。身体の健康はもちろん、心の健康を保つためにも子犬の頃からたくさん運動をさせてあげることが推奨されています。屋外での運動が足りていないと、家でのいたずらが増えてしまうこともあります。

しつけ方

とても賢いレークランドテリアは、何を教えても早く覚えますが、同時に飽きるのも早いという面があります。経験豊富なドッグトレーナーによるしつけ教室などに通わせるとよいでしょう。ただし、ドッグトレーナーを選ぶ際は、そのトレーナーが本当にテリアを理解しているか確認することをおすすめします。レークランドテリアは典型的なテリア気質を持っており、同じことを何度も繰り返すしつけ方法では飽きてしまうからです。

ケア

レークランドテリアアイキャッチ
Photo by エディくんmel_mel_meltyさん Thanks!

レークランドテリアは、抜け毛のない犬といわれています。生えてくる毛は抜けるのではなく生え続けるため、定期的に毛をカットしてあげてください。ただ、レークランドテリアのような被毛を持つ犬のトリミングに慣れているトリマーを探すことが重要です。


レークランドテリアのかかりやすい病気

レークランドテリアは、健康な犬であるとされています。ほかの犬種と同じように、感染症を防ぐための耳のケア、犬用歯磨き粉などを使った歯磨きなどは定期的に行うようにしてください。

レークランドテリアのブログと動画

2018年度の登録頭数46頭(ジャパンケネルクラブ調べ)と、ご近所で見かけることは難しいレークランドテリアですが、インターネットで探してみるとブログや動画をたくさん見つけることができます。

レークランドテリアとティーカッププードル

レークランドテリアブログ

体重8キログラムを超える大きなレークランドテリアのジュリアンちゃんと小さな小さなティーカッププードルのマシューちゃんの毎日を綴ったブログです。

生後8週間のレークランドテリアスマッジ、大冒険!


海外からは、レークランドテリアの子犬スマッジ(Smudge)の動画をご紹介します。おもちゃで遊んだり、お庭をお散歩したり、ただそれだけなのにずっと見ていられる動画です。

迎え方と初期費用

レークランドテリアを家族に迎えるには、ペットショップやブリーダーからお迎えする方法と、シェルターなどの保護犬を里親として迎える方法があります。

ペットショップから迎える

ご近所のペットショップで偶然見つける可能性はとても低いノークランドテリアですので、ペットショップに事前に扱いがあるかどうか確かめることをお勧めします。マイクロチップの有無や、予防接種をどこまで受けているかなど、詳しい情報を聞くとよいでしょう。

ブリーダーから迎える

ブリーダーからお迎えするときは、口コミ情報などでどんなブリーダーか先に調べておきましょう。特に、生後すぐにしなくてはいけない健康診断などを受けているかが重要です。

保護犬を家族に迎える

保護犬を迎えるというのは、消えてしまうかもしれない命を救うことになります。犬を家族に迎える際には、まずはお近くのシェルターや保護犬サイトをチェックしてみてくださいね。


手が掛かる子だから可愛い! レークランドテリアと楽しい毎日を

テリア気質が強く、しつけが少し難しいといわれるレークランドテリア。もちろん他のテリア犬種同様飼い主に忠実な面もあるので、子犬の頃からきちんとしつけをすれば、強い絆を築くことができるのは間違いありません。

OMUSUBIなら子犬からシニア犬まで探せます!

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI」

保護犬・保護猫の里親募集サイト「OMUSUBI(お結び)」では、審査を通過した信頼できる複数の保護団体が保護犬の里親さんを募集しています。生後数カ月からシニア犬まで、幅広い犬種が里親を待っています。興味のある人はぜひ利用してみてくださいね。

参照


Share!