犬を飼うのに必要なものと迎えてからすべきこと

我が家に犬がやってくる! でも、犬が快適に暮らせる環境は整っていますか? 今回は、犬を迎えるにあたって揃えるべきもの、するべきことを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

性格・体質によって準備するものが違う?

草むらにいるコーギー

迎える犬種、個体ごとに性格や体質は異なります。犬の迎え方はブリーダーや保護団体などがありますが、どの迎え方であっても、まずは迎える犬種がどういった性格で、どのくらいの体の大きさになるか理解しておくと良いでしょう。グッズを揃える際の参考になります。

保護犬を迎える場合は、保護時の生活環境も考慮して必要なグッズを選んでいただければと思います。相談に乗ってくれる団体もありますので、まずは聞いてみましょう(※保護団体によっては、準備すべきものが具体的な商品名で指定される場合もあります)。

犬を迎えるまでに準備すべきもの

ケージ

迎えたばかりの頃は、犬が落ち着けるスペースとして、ケージを用意してあげることをおすすめします。いきなり部屋中を歩き回れるようにすると、慣れるのに時間がかかってしまうことがあります。

チェックしておきたいポイント

ケージを選ぶ際には、成長して体が大きくなることを見込んで選ぶと良いでしょう。成長に応じて、サイズを広げられるタイプのケージもあります。脱走癖がある場合は、屋根面があるケージがおすすめです! また、綺麗好きなわんこの場合は、トイレと部屋空間が分かれたタイプを選ぶと良いでしょう。

オススメのケージ:リッチェル 木製ペットサークル

リッチェルの木製ペットサークルは、屋根面が別売りされているためカスタマイズが可能です。また、ある程度のしっかりとした重量があるため、ケージ内ではしゃぐ子も安定して使えます。

リッチェル 木製ペットサークル
Amazonで見る


トイレ

「トイレは外で」と考えている方もいるかもしれませんが、その場合天気の悪い日にもトイレのために散歩に行かなければならず、ワンちゃんと飼い主さんのどちらにとっても負担になりかねません。トイレトレーニングをして、室内でワンちゃんが自分のタイミングでトイレに行けるようにすることをおすすめします。

チェックしておきたいポイント

ケージと同じく、トイレも成長を見込んで選びましょう。一般的に、トイレシートへのいたずらを防ぐことができるメッシュタイプのトイレを選ぶ方が多いです。

オススメのトイレ:リッチェル しつけ用ステップシリーズ

リッチェル しつけ用ステップシリーズ」は、通常のトイレトレーから壁付き・L型などその子に合った形状が発売されています。

リッチェル しつけ用ステップシリーズ
Amazonで見る


ベッド・マット

ベッドで眠る犬

犬は睡眠時間がとても長く、特に子犬は成長のために睡眠は非常に大切です。安心して眠れるベッドやマットを用意してあげましょう。

チェックしておきたいポイント

小さいと体を曲げて寝なければいけないため、ある程度ゆったりできる大きさのベッドやマットが良いでしょう。保護犬で、怖がりな子や一人でゆっくりくつろぎたい子にはドーム型がオススメです。また、車でお出かけすることが多い場合は、お部屋で使うものとは別に車用のベッド・マットを準備してあげても良いでしょう。

オススメのベッド・マット:FuzzYard

本体はコットン100%、中身はポリエステル100%からなる、リバーシブルベッドです。ベッドの背もたれ部分は前側と比べてクッションが大きい作りになっているため、ペットが顎をのせてくつろぐことができます。また、リバーシブルになっているので、2通りのデザインを楽しめます。


リバーシブルベッドアルカトラズ
Amazonで見る


食器

毎日の食事やお水を入れてあげる食器も必要です。

チェックしておきたいポイント

飲み水用の器には、ノズル型(ケージにつけるタイプ)と置き型がありますが、ノズル型は他の食器と比べて飲みづらく、同じ水の量を飲むのに2倍の時間がかかるといわれています。置き型は水を飲みやすく、ガブガブ飲む際に口腔内のフードの残りカス等を落とす効果もあるのでおすすめです。

また、喉が渇き水を飲む行為は生理的欲求ですので、満足に水が飲めないとストレスがかかります。いつでも水が飲めるよう、大きめの器をオススメしています。保護犬の場合は、ステンレス製など特定の食器を怖がって使えないものがないか、事前に把握しておきましょう。

オススメの食器

こちらのフードスタンドは、背骨や首への負担が少なく、楽な姿勢で食事ができるよう設計されています。

フードを食べる犬
pecolo food stand
詳細を見る


リード・ハーネス類

リードとハーネスを付けたフレンチブルドッグ

リードやハーネスは、毎日の散歩やお出かけの際に必要です。

チェックしておきたいポイント

散歩に慣れていない場合は2リードやハーネスがオススメです。新しい環境に慣れていない時は、予想外の行動をすることもありますので、伸縮リードはオススメしません。突然のリアクションに対応できるようしっかりとリードを持ってお散歩しましょう。

オススメのリード・ハーネス類

free stitchのハーネスは、有害廃棄物をほとんど出さない自然環境に優しい素材であるヌメ革をシンプルで上品に仕上げています。白っぽい革がアメ色に変わっていく様子を楽しめます。

mmsu-ha 3 STAY LEASHは、総寸100cmのゆったりサイズで金具の留め具が3箇所あるので、81cm、108cmと3パターンの持ち方ができます。車が通る道では短く持ち、カフェなどではリードを椅子やテーブルに回せばホールドできるので便利です。

free stitch オリジナル ヌメリングワンタッチハーネス
楽天で見る

リードを付けたコーギー
mmsu-ha 3 STAY LEASH
詳細を見る


フード

フード選びは非常に大切です。種別の特性や年齢、健康状態、アレルギーの有無によってもフードを変更していく必要がありますので、獣医師のアドバイスを聞きながら選ぶと良いでしょう。


チェックしておきたいポイント

保護犬の場合、譲渡時は今まで食べていたフードを持参する団体が多いと思います。特に指定がない場合は、アレルギーや病気はないか事前に保護団体に聞き、年齢や体質に合ったフードを選んでください。


洋服・靴

皮膚が弱い犬や寒がりな犬など、犬によっては服を着せてあげるほうが良い場合もあります。ただかわいいから犬に服を着せるのではなく、愛犬の特性や行く場所に合わせて服を選んであげてくださいね。

また、犬に靴を履かせる最大のメリットは、肉球を保護できるということです。やけどや凍傷の予防、傷口の保護ができますが、デメリットは、靴を履くこと自体がストレスになる犬がいることや、蒸れて臭いの原因となることです。愛犬に必要な場合は試してみても良いですが、無理に履かせる必要はありません。


おもちゃ

犬とおもちゃ

留守番中や飼い主さんと遊びの上で、おもちゃは非常に大切です。おもちゃも種別や年齢、性格によって合うおもちゃがあります。

チェックしておきたいポイント

まず、おもちゃで遊ぶかどうか、抱え込み癖がないかどうかを理解することが大切です。おもちゃはストレス発散や飼い主とのコミュニケーションツールになります。おもちゃで遊ぶ子でしたら、いくつかタイプ別に用意してみましょう。

オススメのおもちゃ

一緒に遊ぶなら「ワンダーパペット」のように、「引っ張りっこ」して遊べるおもちゃ、一人で遊ぶなら、噛むことで音が出るおもちゃをおすすめします。

また、お留守番の時なら一人でも退屈しないよう、動きのあるおもちゃがおすすめです。「ビジーバディーツイスト」は、難易度を調整でき、思いがけない方向に転がる高機能おもちゃです。

ペットセーフ ビジーバディー
Amazonで見る


犬を迎えたら必要なこと

そしてもちろん、犬を迎えた後にもしなければいけないことはあります。どれも大切なことですので、必ず行うようにしましょう。

ダックスフンド

畜犬登録

生後91日齢以上の子犬を迎えた方は、市区町村へ申請する「畜犬登録(ちくけんとうろく)」の義務があります。また、犬が生後90日を過ぎたら狂犬病予防注射を受け、「注射済み証明書」を持って30日以内に役所か保健所に行く必要もあります。これは、「どこで誰が犬を飼っているか」を明確にし、地域で狂犬病が発生した場合はこのデータを利用して対策措置を取るためです。

狂犬病ワクチンの接種証明書を持って所定の窓口で申請すれば、済票の発行(手数料550円)と同時に手続きできるため、鑑札は済票とともに首輪につけておきましょう。登録には3000円がかかりますが、生涯に1度です。予防接種のお知らせなど大事な情報をチェックするためにも、必ず畜犬登録をしましょう。

費用を払って畜犬登録をすると登録証明書として鑑札、注射済み票、標識シールが渡されます。鑑札を失くしてしまうと再発行にも手数料がかかってしまうので大切に保管しましょう。


ワクチン

上記の登録に加え、年に1度の狂犬病予防ワクチン接種も義務化されています。狂犬病は一度感染・発症してしまうと治療ができませんが、ワクチンの接種で発症を防ぐことができます。犬を守るためにはもちろん、飼い主やその周囲にいる人や動物への感染を防ぐ意味でも、怠ってはいけないものです。市区町村では集合注射が行われているほか、動物病院でも接種できます。


病院

犬が何かしらの体調不良を起こした時には、病院に連れて行ってあげなければいけません。そして、健康そうに見える場合でも、定期的に健康診断に連れて行ってあげる必要があります。そんな時にかかる病院も、早めの段階で考えておきましょう。

トリミング

そして、トリミングも忘れてはいけません。トリミングに関しては、トリミングが必要な犬種とそうでない犬種がいて、必要な場合もその頻度は犬種によって異なります。まずは飼う犬がどちらに属しているかを調べましょう。トリミングは見た目だけでなく犬の健康のためにも大事な作業になりますので、欠かさず行うようにしましょう。トリミングサロンはさまざまな地域に数多く出店しているので、ぴったりのお店を探してみてください。


散歩

散歩はどんな犬にも必要です。飼い主が忙しい時や疲れている時もあるかもしれませんが、犬の健康のためにもきちんと行ってあげるようにしましょう。必要な散歩量は犬種によって異なります。一般的に犬の体格が大きくなればなるほどより長く散歩しなければいけなくなるので、犬を迎える際にはそれも考慮しておくべきでしょう。


しつけ

しつけも犬にとってはとても大切なものです。しっかり行わないと、飼い主だけでなく周りの人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。犬を飼うとつい甘やかしてしまいたくなるかもしれませんが、本当にその犬のことを思うなら、甘やかしすぎずきちんとしつけましょう。飼い主用のしつけ教室なども開催されていますので、「しつけ方が分からない!」という方はそういったイベントに参加してみてもよいかもしれませんね。

成犬・シニア犬を迎えるためのQ&A

犬を迎え入れるというと、やはり多いのは子犬を迎え入れるケースです。しかし、成犬・シニア犬を迎え入れる場合ももちろんあることと思います。成犬・シニア犬といっても、子犬とあまり変わらない対応でよい場合も多々あります。とはいえもちろん異なる点もあるので、しっかり確認しておきましょう。

白い犬

しつけはできるの?

もちろんできます。ただし、子犬と同じように根気強くしつけることが大切です。犬によってはすでにある程度のしつけがされている場合もあるので、様子を見ながらしつけましょう。

懐いてくれるの?

「子犬から飼うとよく懐く」といったことはよく言われますし、事実でもあります。ただし、それは「成犬から飼い始めると懐かない」ということにはなりません。成犬やシニア犬はすでに成長しているため、その犬本来の性格を知った上で迎え入れることができます。そのため相性のよい犬を選びやすいとも言えます。

子どもがいる家でも適応してくれる?

成犬やシニア犬はその犬の性格とサイズをしっかり把握した上で飼うことができます。そのため、その家庭に合った犬を選ぶことができれば、たとえお子さんのいる家庭であっても、子犬から飼うよりも適応してもらいやすいでしょう。

犬に合わせたグッズや暮らし方を

犬を抱く女性

使用するグッズも、その他のことも、今回ご紹介したのはあくまで一例です。犬も、人と同じように十人十色の個性を持っています。迎え入れた犬と一緒に暮らした上で、その犬に合わせた暮らしをしていきましょう。

Share!