犬の食事で大切なこと。量や回数、手作りごはんの考え方を解説

愛犬の健康のために大切な「食事」。初めて犬と暮らす方だけでなく、偏食や肥満、アレルギーなどの悩みを抱える飼い主さんも少くないと思います。そこで今回は、「犬の食事」について、肉や野菜の摂り方、適切な量や回数、手作りごはんの考え方などを解説します。

犬の食事で大切なこと

PETOKOTO FOODSとチワワ

犬の食事も基本的な考え方は人の食事と変わりません。大切なのは、「それぞれの体に合ったバランスの良い新鮮なごはんを、適切な量だけ食べること」です。

ただ基本は同じでも、犬には「犬の栄養学」があります。愛犬が長生きするためにどんな食事をすればいいのか。押さえてほしいポイントを解説していきます。

体に合った食事

PETOKOTO FOODSの匂いを嗅ぐ2匹の犬

犬には犬種やサイズ、年齢、性別、性格などさまざまな違いがありますが、基本となる食事は「総合栄養食」のドッグフードです。

総合栄養食の中でも年齢別に子犬用、成犬用、シニア犬(老犬)用と分かれているものもありますし、ペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」のように全年齢に対応しているものもあります。

中にはトイプー用、チワワ用のように犬種ごとに販売されているものもありますが、犬種の違いはあまり意味がありません。私たちも日本人やアメリカ人、インド人で味の好みに違いはあっても、人種ごとに栄養を変えたりはしませんよね。

犬はごはんを選べませんので、飼い主さんが「トイプー用を選んでるからうちのトイプーのごはんは大丈夫」と安心してしまうのではなく、「うちの子に合ったごはんは何だろう」と探してあげることが大切です。


子犬期の食事

PETOKOTOFOODSを見つめる犬と母娘

子犬期は成長や豊富な活動量のために多くのエネルギー、カロリーが必要です。無制限に食べさせていいというわけではありませんが、子犬期は食べ過ぎよりも栄養不足に注意してください。

適正なカロリー量は成長とともにどんどん変化します。ペットショップなどで最初に教えてもらった量を守っていると不足する場合がありますので、2週に1回を目安に「フード診断をして適正カロリーを確認するようにしてください。

なお、食糞は空腹が原因の場合もありますのでご注意ください。


成犬期の食事

ごはんを食べるビーグル

成犬期になると、子犬のときのような食事への執着は少くなっていきます。選り好みする子も出てきますので、ドッグフード選びに苦労する飼い主さんも多くなるでしょう。ここで気を付けていただきたいのは、「飼い主さんが焦らないこと」です。

犬はお腹が空けばごはんを食べます。しかし、ちょっと我慢すればもっと美味しいものが食べられると気付くと、食べなくなってしまいます。特に、「何も食べないよりマシ」とおやつをあげてしまう飼い主さんは注意が必要です。

おやつばかり食べていれば栄養不足になりますし、痩せ過ぎたり、太り過ぎたりもしてしまうでしょう。獣医師やドッグトレーナーにも相談して、何を食べさせるかだけでなく、どう食べさせるかも含めた食生活を考えるようにしてください。


シニア(老犬)期の食事

寝るシニアの犬

シニア期の初期は、食欲が変わらないまま活動量が減ることで肥満になりがちです。肥満になったことで余計に活動量が減る悪循環も起きますので、「うちの子はまだまだ元気」と過信せず、適正な食事量の変化に注意するようにしてください。

さらに年を重ねると、今度は食欲が落ちて体重が減っていきます。ドライフードがだんだん食べにくくなり、水分の摂取量も減っていきます。食べやすく水分も一緒に摂れるウェットフードを中心にすることをオススメします。


バランスの良い食事とは

PETOKOTO FOODS

私たちは毎日いろいろな料理を食べますので、一食のバランスが悪くてもすぐ栄養不足になることはありません。しかし、犬の食事は私たちほどバリエーションがあるわけではありませんので、一食ごとの栄養バランスが重要です。

前述の通り、必ず主食のドッグフードは「総合栄養食」を選ぶようにしてください。国内では「ペットフード公正取引協議会」、欧米では「AAFCO」や「FEDIAF」といった団体が定める栄養基準で作られた総合栄養食が多く販売されています。


新鮮なごはんとは

ちんすこう

私たちは毎日、出来たての新鮮なごはんを食べて生活しています。栄養がバランス良く摂れるクッキーがあったとして、みなさんはそれが一生の食事でいいと思いますか? ほとんど人は新鮮なごはんを食べたいと思うはずです。

では、なぜ家族であるはずの愛犬にはドライフードを食べさせているのでしょうか?


ドライフードのメリット・デメリット

ドライフード

ドライフードのメリットとして、保存性の高さや持ち運びのしやすさ、そして何より準備の楽さが挙げられます。どれも飼い主さんのメリットで、犬にとってのメリットではありません。強いて挙げるなら、災害時の非常食になることでしょうか。

デメリットとして、高温加熱により栄養素が失われること、成形や保存のために余計な添加物が必要になること、どんな食材が使われているかわかりにくことが挙げられます。どれも犬のためにならない話です。

犬は自分で食べ物を選べませんから、飼い主さんが正しい選択をしなければいけません。愛犬のごはんが本当にドライフードで良いのかどうか。メリット・デメリットを考えた上で選ぶようにしてください。


ごはんの適切な量とは

PETOKOTO FOODSを欲しがるビーグル

その子に合った栄養バランスの良い新鮮なフードを食べていたとしても、量が少なければ栄養失調になってしまいますし、多ければ肥満になってしまいます。それは見た目や体重の変化だけでなく健康状態、そして寿命に直結していきます。

その子に合った量を知るためには、PETOKOTO FOODSの「フード診断」(無料)をご利用ください。質問に答えていただくことで、その子に最適なカロリー量を知ることができます。

フード診断を受けてみる


犬の食事の適切な回数

私たちは朝・昼・晩と1日3回の食事が基本になっていますが、犬は消化に8〜10時間ほどかかるため食事は12時間ごと、つまり1日2回が基本です。

犬は1回の量よりも回数に満足感を得やすいとされています。肥満が気になる子は食事の回数を多くしてあげるといいでしょう。実際、食事の回数が多い犬ほど肥満が少なかったという調査結果もあります。

子犬は食欲旺盛ですので、食べすぎないように回数を増やして1回の量を少くします。これは肥満を心配してというより、体に負担がかかって嘔吐や下痢にならないようにという配慮です。

シニア犬(老犬)は逆に食べる量が少なくなります。食べ残しをそのままにしておくと悪くなってしまいますし、最終的に1日の食べるべき量に満たないことがあります。回数を増やして、新鮮なごはんを少しずつ食べられるようにしてあげてください。


手作りごはんのメリット・デメリット

犬の手作りごはん

愛犬に新鮮で美味しいごはんを食べさせてあげたいと、手作りごはんに挑戦されている方は少くないと思います。犬も新鮮なほうが美味しいと思いますし、飼い主さんの愛情が込められたごはんに満足度も高いでしょう。

健康面でも、市販されているカリカリのようなドッグフードより手作りごはんを食べている犬のほうが3年長生きしたという研究もあります。ただし、ペトことでは毎日のごはんを手作りにすることはオススメしていません。

犬の栄養をしっかり学んだ人でないと、偏った栄養のごはんを食べさせて不健康になる恐れがあるからです。実際、手作りごはんを食べさせている犬の具合が悪くなり病院に行ったところ、手作りごはんが原因だったという事例も報告されています。

毎日でなければ、特別な日のごはんやいつものごはんへのトッピング、おやつとして手作りを食べさせるのは問題ありません。以下の関連記事にレシピをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。


犬が食べていいもの・食べてはいけないもの

PETOKOTO FOODSを欲しがるポメチワ

毎日でなければ手作りごはんは問題ありませんが、犬が食べてはいけないものに注意が必要です。人が食べて大丈夫でも犬には問題がある食材もありますので、おやつ程度だとしても必ず食べさせて大丈夫な食材か確かめてからにするようにしてください。

犬が食べていいもの、悪いものを知りたい方は、以下の関連記事を参考にしてください。


犬の食事でよくある質問

PETOKOTO FOODSと豆柴

犬の食事についてもっと知りたいという方は、ぜひ文中で紹介した関連記事も読んでいただけると幸いです。以下でも、よくある質問にお答えします。

食事の時間は決めたほうがいい?

朝・昼・晩のように大雑把に時間を決めるのはいいのですが、毎朝7時、毎晩18時のようにピッタリ時間を決めてしまうのはオススメしません。犬は賢く、時間を決めてしまうと「この時間になればごはんがもらえる」と学習するようになります。

常に決められた時間にごはんを出せればいいのですが、もらえるはずの時間にもらえなければ犬にとってストレスになりますし、「要求吠え」や「空腹による嘔吐」につながる場合もあります。

ごはんは「時間になれば食べられる」「自分が要求すれば食べられる」と覚えさせてしまうのではなく、「ごはんは飼い主さんが適切なタイミングで用意する」と覚えさせることが大切です。


食事台を使ったほうがいい?

PETOKOTO FOODSを食べるボストンテリア

お皿を床に置くと犬は下を向いてごはんを食べることになりますから、あまり食べやすい姿勢とは言えません。大型犬やシニア犬(老犬)は特に食べにくく、体への負担が大きい可能性があります。

高さを作るために、専用の食事台を購入するのもいいですし、台の上に普段のお皿を置くだけでもかまいません。お皿の高さが、犬の胸元のあたりになるよう調節してあげてください。


食事を食べないときはどうすればいい?

PETOKOTO FOODSの前で寝そべる犬

犬の食欲不振は、口内の異常から腎不全、がんなど全身の病気、誤飲やストレスまでさまざまな理由が考えられます。急に食べなくなった場合は、体に問題が起きている場合もありますので病院に行くようにしてください。

一方、単純に「わがまま」で食べない場合もあります。ごはんを変えることで解決する場合もありますし、トレーニングが必要な場合もあります。獣医やドッグトレーナーに相談しながら、適切に対処することが大切です。


まとめ

PETOKOTO  FOODS
犬種や年齢だけではなく「愛犬に合った食事」が大事
バランスの良い新鮮なごはんを、適切な量与える
本当にドライフードが適切なごはんか考える
手作りごはんは栄養バランスに要注意
食事は愛犬の健康に直結するものですから大切ですし、飼い主さんも気になることだと思います。しかし、体は1食1食ではなく「日々の食事」を通して作られていくものです。焦らず長期的な視点で、どんなごはんが愛犬に最適なのか、考えるようにしてみてください。

\20%OFFキャンペーン実施中!/
PETOKOTO FOODS

PETOKOTO FOODS公式サイトにて、初回配送分が20%OFFになるキャンペーン中です。ぜひお試しください!