犬は果物を食べても大丈夫? 体に良い果物&食べると危険な果物まとめ

犬は果物を食べても大丈夫? 体に良い果物&食べると危険な果物まとめ

美味しいだけでなく健康にも良い果物。愛犬にも与えたいと思う方も少なくないでしょう。しかし、与え方によっては犬にとって毒になる場合もあります。この記事では果物の中でも食べていいものと食べてはいけないものをまとめて紹介します。与え方の注意点もありますので参考にしてください。

犬が食べても大丈夫な果物

人と犬の体は異なるため、私たちにとって健康に良くても、犬にも同じ効果が見込まれるとは限りません。犬が食べても大丈夫な果物か注意した上でバランス良く与えることで、愛犬が健康でいられるとともに、喜ぶ顔も見られるでしょう。

総合栄養食へのトッピングやおやつとして与える場合は、1日の最適カロリー量の10%以内にしてください。1日の最適カロリー量はペトことオリジナルのドッグフード「PETOKOTO FOODS」の「フード診断」で簡単に計算することができます。

フード診断を受けてみる

最初に、犬が食べても大丈夫な果物を紹介します。


リンゴ

りんご

リンゴの種にはシアン化物などの中毒成分が含まれている可能性があります。誤飲に注意して、果肉や皮を与えるようにしましょう。

与える際は、喉に詰まらせることがないよう小さくカットしてあげてください。


バナナ

バナナ

バナナは消化にも良いですが、糖分が多くカロリーが高いため、与えすぎると肥満の原因となります。皮をむいて小さくカットしたら、おやつ程度の量を与えるようにしてください。


いちご

いちご

いちごにはビタミンCがたくさん含まれていますが、健康な犬は体内でビタミンCを生成できるため必須ビタミンとは言えません。しかし、抗酸化成分として加齢や運動による酸化ストレスや、関節炎などに関連する病気の予防および治療に役立ちます。

いちごには犬にとって中毒成分となるキシリトールが含まれていますが、1粒に含まれる量は少ないため何十粒も食べない限り問題にはなりません。

おやつ程度に与える分には問題ありませんが、間違って大量に誤飲してしまった場合は動物病院に相談するようにしてください。


和梨・洋梨

梨

和梨・洋梨はりんごと同様、芯や種、硬い皮を取ってから細かく刻んで与えましょう。水分が100gあたり約88gも含まれるため、水分補給の一環として熱中症など暑さ対策によいフルーツです。


スイカ

スイカ

スイカは水分が90%以上を占め、夏場の水分補給として熱中症対策にオススメです。

ただし、食べ過ぎると糖分の摂り過ぎや下痢など消化器系の不調につながりますので、おやつ程度にしてください。種は消化せずに便として出てきますが、詰まって腸閉塞の原因となる場合もありますので取り除いてから与えてあげたほうが良いでしょう。


グレープフルーツ

グレープフルーツ

グレープフルーツ抗ストレス効果や免疫力アップ、抗酸化といった効果が期待できる果物です。

果肉部分のみを少量あげるようにしましょう。無糖のものをジュースにしてあげるのもおすすめです。


食べても大丈夫でも注意が必要な果物

葉や茎や外皮は犬にとって中毒成分を含む場合があります。果実のみ与えるようにすることはもちろんですが、果実も与えすぎると肥満の原因になりますので注意が必要です。


みかん

みかん

柑橘類は茎や皮に中毒物質を含む場合があります。きちんと皮をむいてから与えてあげましょう。白い薄皮にはポリフェノールの成分によるアンチエイジング効果や食物繊維による便秘解消の効果が期待できます。果肉だけよりも薄皮ごと食べる方がオススメですが、与えるときは食べやすいようにミキサーでジュースにするとよいでしょう。


オレンジ

みかん

オレンジの薄皮はみかんよりも厚みがあり消化不良の原因となるため、は与える際は外皮、種とともに薄皮を取り除き、小さくカットしてあげましょう。


キウイ

キウイ

キウイは水分量が豊富なので、夏場の暑い季節は熱中症対策にもよいでしょう。

食物繊維が多いため整腸作用がありますが、下痢の原因にもなりますので与えすぎは要注意です。


マンゴー

マンゴー

マンゴーは、水分量が豊富で犬の夏バテ防止や熱中症対策にオススメです。アレルギーを持っている場合もありますので、初めてあげる場合は少量からスタートしてください。

また、マンゴーの種は大きく固いため誤飲してしまうと胃や腸に残り、嘔吐や下痢、腸閉塞の原因になる場合があります。種はきちんと取り除いて与えてあげるとよいでしょう。


桃

桃は水溶性食物繊維が豊富なため、便秘の犬に効果が期待できます。水分量も豊富で、夏場の暑い季節は熱中症対策にもよいでしょう。

ただし、桃の種は大きく固いため誤飲してしまうと胃や腸に残り、嘔吐や下痢、腸閉塞などの原因になる場合があります。種はきちんと取り除くようにしましょう。


さくらんぼ

さくらんぼ

さくらんぼの甘さは犬にとって魅力的な味です。犬にとってさくらんぼは嬉しいおやつになりますが、食べられるのは実に限ります

種や葉、茎には有毒性があるので、必ず取り除いてあげるようにしましょう。


パイナップル

パイナップル

パイナップル栄養価も高くヘルシーで、夏場の水分補給としてもおすすめです。

ただし、食べ過ぎると糖分の摂り過ぎや下痢など消化器系の不調につながりますので、おやつ程度にしてください。

芯は消化されにくく、皮はトゲがあるため危険です。また、大量の砂糖を含んだシロップ漬けにされていることが多い缶詰のパイナップルは与えないでください。


メロン

メロン

メロンは水分を多く含むため、脱水や熱中症になりやすい夏の時期の水分補給としておすすめです。

ただし、食べ過ぎると糖分の摂り過ぎや下痢など消化器系の不調につながりますので、おやつ程度にしてください。

メロンは果肉だけでなく、種も食べても問題ありません。ただし、皮は与えないようにしましょう。メロンパンやメロンアイスなどの加工品も与えてはいけません。


びわ

びわ

びわ免疫力UP、細胞の老化防止といった効果が期待できる果物です。

ただし、種や葉には毒性があるため誤飲に注意してください。

食べ過ぎると糖分の摂り過ぎや下痢など消化器系の不調につながりますので、おやつ程度にしてください。


クランベリー

クランベリー

クランベリーは膀胱炎やストルバイト結石の予防効果が期待できる果物です。

ヘタや種を取り除き、愛犬の様子を見ながら少量ずつ与えるようにしてください。


柿

柿は炭水化物が多くを占める果物です。また、柿には毛細血管の浸透性を高め、血圧を調整してくれる作用がある成分も含まれています。

柿の種は大きく固いため、犬が種を誤飲して食べてしまうと消化できず腸閉塞になる恐れがあり危険です。また、柿の葉も消化に悪いため、与えないようにしましょう。


レモン

レモン

レモンは犬が食べても大丈夫な食べ物ですが、積極的に与える必要はありません。与えるとしても、レモンの果実をそのままだと酸味が強すぎるのでNGです。

レモンを愛犬に与えたい場合は絞ったレモン汁を少量程度にしましょう。レモンの皮や白い薄皮は下痢の原因になりますので取り除いてあげてください。


ドライフルーツ

ドライフルーツ

人間が普段食べているドライフルーツには砂糖漬けになっているものもありますので、犬にあげるときは注意してください。

犬が口にすると中毒症状の出る恐れがある「プルーン」「イチジク」「レーズン」は絶対に与えないでください。

犬が食べても大丈夫な果物であってもアレルギーの心配がありますので、初めてあげる際は少量からにしてください。


犬が食べてはいけない果物

私たちにとっては美味しくいただける果物も、犬にとっては毒になる場合があります。犬に間違って与えてしまったり、誤飲が起こらないように注意しましょう。


ぶどう・レーズン

ぶどう

犬にとってぶどうは毒性が強く、腎臓に悪影響をおよぼすことが分かっています。

最悪の場合死に至る可能性のある果物です。レーズン(干しぶどう)やぶどうジュースなどの加工品も犬には食べさせるべきではありません。


プルーン(プラム)

プルーン

私たちにとって体に良いとされるプルーンですが、リンゴや梅、桃などのバラ科の植物の未成熟の種には「アミグダリン」という成分が含まれています。

これは、青酸中毒の原因にもなる恐ろしい成分です。また、果肉に含まれる豊富なカリウムが「高カリウム血症」につながってしまうこともありますので、犬にプルーンを与えることはやめておきましょう。


イチジク

イチジク

イチジクには犬が食べると中毒症状を引き起こす「ソラレン」と「フィシン」という成分が含まれています。皮や種だけでなく果肉にも有毒物質が含まれていますのでご注意ください。


まとめ

ベッドに伏せる犬
どんなに体に良い果物でも食べ過ぎれば毒になる
食べて良い部分と食べてはいけない部分があるので必ず事前確認をしてからあげましょう
あげる際は、おやつやトッピング程度にしましょう
疾患を持つ犬によっては与えない方が良いものもある
犬によってはアレルギーを発症する可能性もある
犬が食べてもいい果物、食べてはいけない果物を紹介しましたが、果物は犬にとって絶対に必要な食べ物ではありません。ちょっと食欲がないなと思ったらいつもの食事に少しトッピングしてあげるなど、栄養補完として与えましょう。

Share!