お正月も愛猫と思い出づくり♪ 猫用おせちや写真撮影にオススメの着物などグッズを紹介

お正月も愛猫と思い出づくり♪ 猫用おせちや写真撮影にオススメの着物などグッズを紹介

猫の飼い主さんの中には、「お正月は猫と存分にゴロゴロする!」と楽しみにしていた方も少なくないと思います。そこで、今回は猫用おせちから猫用の着物など手作りの服やかぶりもの、ペットと行ける神社やお寺など、猫とお正月を満喫するためのグッズ・情報を紹介します。

お正月は愛猫の誤飲に要注意

お正月は実家に帰省する人、家族とTVを見てゆっくり過ごす人、1年分の寝だめをする人など、過ごし方は人それぞれです。猫と暮らす方の中には「お正月は愛猫とゆっくり家で過ごしたい」と考えている人も多いと思います。普段、仕事や学業で忙しい飼い主さんと長時間一緒にいることができることは、猫にとっても嬉しい時間です。

愛猫にも美味しいご飯を食べさせてあげたいと思う気持ちはわかりますが、人間用の食べ物がきっかけで体調を壊してしまったら本末転倒です。お正月は親戚が集まったり知人があいさつに来たり、家に来るお客さんが増える時期。飼い主さんの見ていないところで猫が食べてはいけないものを与えられてしまうことがあります。誤飲事故が増える時期ですので注意しましょう。


お正月に「猫用おせち」

お正月の定番といえば、やっぱりおせちですよね。人間だけ美味しいものを食べているとつい、「うちの子にも少しくらい……」とあげたくなってしまう人も少なくないと思います。愛猫にも美味しいご飯を食べさせてあげたいと思う気持ちは大切ですが、人間用の食べ物がきっかけで体調を壊してしまったら本末転倒です。最近は猫用のおせちも充実してきました。愛猫の健康のためにも、人間の食べ物ではなく猫用の食べ物を食べさせるようにしましょう。

お正月に注意すべき食べ物

年末年始に猫の飼い主さんが注意すべきなのはどんな食べ物でしょうか。食べていいもの、食べてはいけないものにわけて紹介します。食べていいものも加工の仕方によっては健康を害することもありますので、普段と違うものを食べさせるときは必ず記事の内容を確認してからにしてください。

猫が食べてはいけないもの



猫が食べていいもの



猫には猫の食べ物を

お正月の定番といえば「おせち」。最近は猫用のイベント料理が販売されていますし、手作りご飯のレシピも充実してきました。愛猫の健康のためにも、人間の食べ物ではなく猫用の料理を用意するようにしましょう。猫用おせちは楽天やAmazonなど通販サイトで簡単に購入することができますよ。


コミフ うちのネコちゃんおせち


犬と猫のおやつ・ごはん研究家Decoさん監修のおせちです。グルメの猫ちゃんが好むよう、カップに入れたお肉やお魚に鰹風味のジュレをとろーりトッピングして美味しさを閉じ込めてあります。小食の猫ちゃんは、食べる分だけ解凍して与えてください。

楽天で購入する

猫用おせち にゃんせち


ひめカサゴ、あみえび、かにかま、かつおぶし、田作りのおせち風のオヤツが5種類入っています。プレゼントとしてもオススメです。

楽天で購入する
Amazonで購入する

ペットOKの神社・お寺で愛猫と初詣

古くから、神社仏閣では「動物=穢れ(けがれ)」という考えがあり、ほとんどがペットを連れて行くのはNGだったのですが、最近はペットを連れて参拝しても大丈夫な神社やお寺が増えてきました。中にはペット専用の祈祷時間が設けられているところもあります。ウェブサイトなどで明確OKであることが書かれていない場合は、事前に電話確認をしてから参拝するようにしましょう。

ただ、猫は基本的にお出かけが苦手です。普段からお出かけしていない猫を無理に連れて行くのはやめましょう。お出かけが得意な子でも、初詣の人混みは猫にとってストレスになってしまいます。混んでいる時期は避けるようにしましょう。


猫にまつわるお寺・神社で初詣

猫寺・雲林寺
Photo by rapi9291さん Thanks!

外に連れて行くのが難しい場合は、代わりに飼い主さんが猫にまつわるお寺・神社で初詣をしてきてはいかがでしょうか? 猫用のお守りで今年1年の健康を祈るのもいいですね。


猫もお正月の衣装で記念撮影

お出かけが難しい子の場合は、家の中でお正月感のある記念撮影をしてみてはいかがでしょうか? 最近、猫のインスタグラマーさんの間では「3coins」でかぶり物を買うのが流行っているようです。

柴犬パーカーを着た2匹の猫
Photo by chatoranekogenさん Thanks!

柴犬のかぶりものをする猫
Photo by kotetsuchanさん Thanks!

猫用ちゃんちゃんこ

ちゃんちゃんこは、袖のない羽織のことです。飼い主さんが愛猫のかわいい姿を楽しむことができるだけではなく、猫の防寒対策になる一石二鳥のアイテムです!

ちゃんちゃんこを着た猫
Photo by mugi_amaeさん Thanks!

猫用の着物

新年といえばやっぱり着物や袴などの伝統的な和服です。愛猫にも美しい晴れ着を着せてあげたいですよね。ただ、猫が服を嫌がる場合は無理に着せようとするのはやめましょう。新年からストレスをためて、飼い主さんとの関係も悪くなってしまうかもしれません。

着物を着た
Photo by kotetsuchanさん Thanks!

猫の着物を手作りしてみよう♪

飼い主さんの中には、「愛猫に手作りの着物を着せてあげたい! でも、やっぱり難しい……?」とためらっている人もいるのではないでしょうか。猫の着物を作るポイントを4人の飼い主さんにインタビューしてみました!

着物を着た猫
Photo by kinacolatteさん Thanks!
kinacolatteさんお洋服が苦手な猫のために、ケープ型(マント型)で作ってあります。前足を通さない形なので、嫌がらず抵抗なく着てくれました✌

作り方は簡単で、エリザベスカラーを型紙にしてお尻側を少し長めにしてベースを作り、帯などの装飾を付けていっただけなんです。毛色に合うように着物や帯などの生地を選ぶのが楽しかったけど大変でした^^;

2018年用の着物は昨年に比べて更に進化して、ハーネスとして使って頂ける着物を作ってます。主に犬用なんですけどね(笑)。

着物を着た猫
Photo by komachimama16さん Thanks!
komachimama16さん取り替えが出きるように、帯や袴だけでなくて打ち合わせも全てマジックテープを使っています。市松人形の着物を手本に型紙作りまして作っています。本当に適当な型紙で笑えますよ! 身頃の部分は、おはしょりを作りたかったので長めにしています。

20171206-catnewyear3-ym catnewyear2-ym

着物を着た猫
Photo by koi.yさん Thanks!
koi.yさん私も試行錯誤で^^;

猫ちゃんなので、後ろ襟は深めにしたり、マジックテープで簡単に着られるようにして、脚は、自由に動くように、前裾を開いて、常に猫ちゃんが着ることを考えて、なんとか作りました♡

まだまだ改善するところはあるのですが、もっと簡単に、猫ちゃんにも負担少なく着れるよう、考えていきたいです(._.)。

着物を着た猫
Photo by neko_mkdさん Thanks!
neko_mkdさんちゃんと人間と同じ仕立てに作り着てます(*'-'*)

母の羽織を私がもらい私の羽織で、きなこに作りました。つまみ細工のお花のかんざしだけは、人間用のを買ってこの日のために選びました(*'-'*)

かのこは、元々は、私の絞りの帯揚げで切って小さなきなこ用のかのこに作り直しました。笑

帯に使用しているのは、京都祇園の「ゑり萬」さんの帯揚げなんです。本来は、舞妓さんしか買えない柄のを…プレゼントにいただいたもので、帯揚げを帯に結んでみました。なので、帯は手作りでは無いです(*'-'*)。

20171207-newyear2-ym.jpg 20171207-newyear3-ym.jpg

愛猫へお正月のプレゼント

猫にお年玉をあげても「猫に小判」になってしまいますよね。お年玉の代わりに、プレゼントをしてみるのはどうでしょうか?

猫用水飲み器IZUMI



獣医師監修の北欧テイストの猫用水飲み器です。飲みやすい高さになっているので、猫の負担を軽減することができます。色合いやマットな質感がおしゃれなだけでなく、最大350mlの大容量で機能的です。また、丸みのあるフォルムで、愛猫が水を飲む空間を柔らかく演出してくれます。

  • 商品名:IZUMI Cat Water Bowl
  • メーカー:RINN

詳細を見る





猫用のこたつ

ちょっと贅沢ですが、猫様専用のこたつも販売されています。「猫がこたつで寝ているから、足を伸ばせない」という、飼い主さんの悩みも解決ですね。

ドギーマン 遠赤外線ペットの夢こたつ


体を暖かく包み込む遠赤外線こたつです。肌にヒーターが直接触れない遠赤外線放射熱方式で安心です。

ペトこと一押しの理由

見た目にも可愛い猫用こたつです。コードは噛みつきから守る金属製ラセン管になっています。

  • ブランド:ドギーマン
  • サイズ:14×40×46cm

Amazonで見る



猫と楽しいお正月を

お正月休みは、飼い主さんと猫が普段より長い時間を過ごすことができる大切な一時ですよね。大事な休みの時間を無駄にしないよう、猫と思い出作りに励んでみてはいかがでしょうか?

Share!