【犬とキャンプ】ハウツーまとめ|持ち物や注意点、関東のおすすめキャンプ場も

Share!

コロナ禍の今、キャンプが人気です。愛犬と自然の中で過ごすキャンプは、日々のストレスから開放されるだけでなく、愛犬との絆も深まります。本稿では、関東のおすすめキャンプ場はもちろん、愛犬とのキャンプで欠かせない持ち物や便利グッズ、おすすめブログ、注意点など過ごし方のハウツーを紹介します。

犬とのキャンプが良い理由

犬とキャンプ
Photo by yamanakajimaazusaさん Thanks!

ペトコトの専門家ライターでありドッグトレーナーの西岡先生に犬とキャンプをする良さと、注意点を聞きました。まずは犬とキャンプをする良さから紹介します。

飼い主との絆づくり

自然で遊ぶことは、犬と飼い主との絆づくりになります。共に楽しむことで、いつもは出来ないコミュニケーションになり、しつけやトレーニングにもつながります。

ストレス発散

犬を室内で飼う人が増え、散歩をしてもアスファルト道を歩くような環境であり、本能的にも犬のストレスになると考えられています。地面が土や草の公園やドッグランに行ったり、1日中、自然の中でキャンプをしたりすることはとても良いことです。

自然の中で思いきり走ることで、日頃から溜まっているフラストレーションを発散することができます。吠えや噛みつきはそうした欲求不満からくるものが多いとも言われています。人中心で犬が生活する時代ですが、さらに共生できる環境づくりのためには人が努力することが必要かもしれません。

体と脳のトレーニング

犬は嗅覚が優れています。散歩をしていてもクンクンしていますよね。自然の中で遊ぶことは、なによりの刺激になり、犬はとても楽しいのです。そのため、自然の緑や空気を吸うことで脳の活性化につながります。顔の表情も豊かになります。

また、草や土の上を走ることは心身共に健康的で足や腰など、関節にも良く、筋肉の活性化にも良いです。土や落ち葉の上は柔らかいので、シニア犬にも良いトレーニングになります。

臆病な犬は怖がり克服にも

普段は臆病な犬でも、自然で走り回ったり、他の犬や人と触れ合ったりすることで怖がり克服にも良いでしょう。

犬とのキャンプで注意すること(行く前編)

ワクチン接種をする犬

ワクチン接種を終えておく

自然の中では、ノミやダニなどの寄生虫や感染症にかかりやすいため、事前にノミ・ダニケアをしておきましょう。また、狂犬病や混合ワクチンの接種は終えておき、済票を必ず持って行くようにしましょう。


周りの人に配慮する

犬好きだけが集まれば良いですが、もちろん犬が苦手な人もいれば、アレルギーのある人もいます。そのため、近くに人がいる場合は一声かけることや、トリミング・シャンプー・ブラッシングなどで清潔にしてあげてから出かけるようにしましょう。


犬とのキャンプで注意すること(移動編)

車内から外を眺める犬

車で行く場合

  • 車で行く場合、車に乗る前にトイレや散歩、ごはんは済ませておきましょう。トイレは直前、ごはんは2時間ほど前が理想です。

  • キャンプ場へ行くには凸凹道など安定感の悪い道を通ることもあり、車酔いをしてしまう犬もいます。そのため、クッションベッドを用意してあげると良いでしょう。

  • パーキングなどでは外に出してトイレをさせてあげたり、最近だとドッグランがあるところもあるので休憩させてあげたり、愛犬にもリフレッシュさせてあげましょう。

  • 犬だけを車に乗せたまま留守にすることは絶対にNGです。同乗者がどちらかは車にいるようにしましょう。また、真夏でなくとも、熱中症になる可能性があるため、乗車時には冷却シートや窓を少し開けてあげるなど気を使ってあげましょう。


電車で行く場合

電車で行く場合、使用する路線の電車に犬が乗っても大丈夫か事前に確認するようにしましょう。

また、初めての電車の場合は犬が驚いて吠えてしまうこともあるため、事前に慣れさせておくことも大切です。

電車に慣れさせる場合は、まずは一駅から実施し、うまくいったら次は二駅、三駅と少しずつ距離を伸ばしていくと良いでしょう。


犬とのキャンプで注意すること(着いてから編)

笑顔の犬

誤飲や怪我に気をつける

野生動物との遭遇もあり得るので、注意が必要です。森の木々や河川などの岩場での怪我も多いです。そして、キャンプ場やバーベキュー場では、食材や調味料の付いた串や皿などが落ちていることも多く、拾い食いをして誤飲事故につながることも。犬から目を離さないように注意しましょう。


熱中症や低体温症に気をつける

犬は夢中で遊んでしまうため、特に夏場などは知らずしらずのうちに水分や体力を奪われ熱中症になることも多いです。最悪の場合、死に至ることもあるため「定期的に休ませる時間」と「こまめな水分補給」を忘れずにしてあげましょう。


迷子にならないように

絶対にNGですが、開放的になりノーリードなどにしてしまうことで迷子になるケースもあります。また、気を配っていてもテントを抜け出すなどもあり得ます。そのため、リードは必ず付けるようにしましょう。

また、「ハウス」や「呼び戻し」などのコマンドや興奮した時に落ち着かせるトレーニングを日頃からしておくようにしましょう。


犬連れキャンプの楽しみ方

犬とキャンプ

キャンプといってもさまざまな遊び方があります。BBQをしたり、夜はキャンプファイヤーをしたり、川遊び、山登りをしたり。愛犬のコンディションを気遣いながら遊びましょう!

夏は川遊びがオススメ!

真夏のキャンプは人も犬も熱中症になりやすいです。そのため、冷たい水が流れる川で遊ぶことはシャワー代わりになります。水の中で動くことは足腰に負担をかけずに全身を効率的に運動できます。ライフジャケットを着せたうえで、流れの緩やかな浅瀬の川で遊んだり、プールで運動させてあげましょう。

水遊びをした後は肉球が柔らかくなっています。山道などには尖った木などがたくさん落ちているので注意してあげてください。遊んだ後は、真水で洗い流してからタオルでしっかりと拭き取ってあげましょう。長毛種の犬の場合、皮膚炎になることも多いので、しっかりと拭いてあげましょう。

犬とのキャンプで用意すべき持ち物

妙義グリーンホテル&テラスで犬とグランピング

テントやチェア、クーラーボックスなど基本的なキャンプグッズの他に、愛犬用グッズとして、

  • フードボウル・水飲み
  • リード・ハーネス
  • クレート・サークル
  • ドッグアンカー
  • ドッグコット・ベッド
  • ブランケット
  • トイレグッズ(シート・うんち袋)
  • おもちゃ
  • 防寒服

などを持って行くと良いでしょう。

また、泥で汚れてしまった時のために『ウエットティッシュ』を持って行ったり、大自然で走り回らせてあげるために『伸縮性・ロングリード』を持って行くこともオススメです。ただし他の人がいる場所では走り回らせないようにマナーを守りましょう。

特に冬キャンプの場合は飼い主がダウンやニットを着込むとともに、イタリアングレーハウンドやフレンチブルドッグなど寒さに弱い犬種は服を着せてあげるようにしましょう。

犬とのキャンプにおすすめのグッズ

フードボウル


ポータブルフードボウル:楽天で見る

カラビナ付きで持ち運びにも便利な折り畳みフードボウルです。開封すると2つの受け皿となりフード・お水をそれぞれ入れることができます。キャンプなどのアウトドアはもちろんのこと、災害時にも役立つアイテムです。

リード

犬とのキャンプに最適なリード
WOLFGANG リード:Amazonで見る

キャンプが好きな代表大久保の愛犬コルクもアウトドアのお出かけに愛用しています。車のシートベルトと同じ素材で作られており、伸縮性と撥水性に優れているためアウトドアにおすすめです。登山はもちろん、SUPやリバーウォークなどでも活躍します。一度持つと忘れられない手に馴染む感触は病みつきになること間違いなしです。

クレート


プチリュバン キャリー:Amazonで見る

クレートは寝るときだけでなく、犬を少し休ませたいときや飼い主さんがトイレにいったり、お風呂に行ったり、犬から目を離すときにも使えます。クレートに入ることを嫌がる犬もいますので、キャンプに行く前から入る練習をしておきましょう。

ドッグコット


Snow Peak ドッグコット:楽天で見る

野遊びに特化した今までにない抜群の機能性に、スノーピークらしいデザインを兼ね備えたドッグコットです。座布は簡単に取り外して洗える仕様になっています。重量は2.3kgとコンパクトで、座面高は30cmに設定されています。15kg未満のワンちゃんにお使いいただけます。

以下の関連記事では、テントの選び方をはじめキャンプの基本グッズから愛犬用のおすすめグッズを紹介しています。ぜひご覧ください。


関東近郊の犬と行けるキャンプ場

わんダフルネイチャーヴィレッジと犬

全国の犬と遊べるキャンプ情報はこちらの記事をご覧ください。ここでは、編集部がおすすめする関東近郊のキャンプ場を紹介します。

※掲載情報は、掲載時の独自調査に基づいています。すでに状況が変わっている場合もございますので、ご利用の際は事前確認をおすすめいたします。状況変化・閉業など情報更新が必要な場合は、こちらの窓口までご一報いただけますと幸いです。

わんダフルネイチャーヴィレッジ(東京都)

わんダフルネイチャーヴィレッジと犬 わんダフルネイチャーヴィレッジと犬

東京サマーランドに隣接した秋川丘陵の自然の中でドッグラン、カフェレストラン、ハイキングコース、ドッグプール、バーベキュー、オートキャンプ、スポーツフィッシングなど、「愛犬と一緒にアウトドアを満喫できる」というコンセプトに基づいたアウトドア複合施設

六つのドッグランに二つのドッグプール、ハイキングコースもあって大満足間違いなしです。最寄のインターから3km足らずでアクセスも抜群。手ぶらでOKのBBQ場もあるので、初心者でも楽しめますよ!

代表の大久保も愛犬コルクと宿泊キャンプによく出かけます。車で乗り入れできるのでとてもオススメです。



ウェルキャンプ西丹沢(神奈川)

ウェルキャンプ西丹沢
Photo by lakinariさん Thanks!
利用者の声こちらのキャンプ場は山と川の自然に囲まれていいキャンプ場でした。そしてドッグランもあるのでワンコ連れにはありがたいキャンプ場です。(lakinariさん)

大きな敷地の中で山と川に囲まれ、夏には自然の川を利用してできた天然プールで遊ぶこともできます。また、施設内に露天風呂も完備されており遊び疲れた体を癒やすこともできます。


北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

北軽井沢スウィートグラス
Photo by tetsuya_okumaさん Thanks!
利用者の声犬をフリーにでき、施設も清潔で、景色の良さと満点の星空は行く価値ありです。(bannamamaさん)

施設内にはカフェがあったりイベントが頻繁に開催されるなど非常に活発なキャンプ場です。フリードッグサイトには専用の水汲み場があり、ドッグランにはペットシャワーが設置されていてワンちゃん連れへの配慮も抜群です。


妙義グリーンホテル &テラス(群馬県)

妙義グリーンホテル &テラスで犬とグランピング

妙義グリーンホテル &テラスで犬とグランピング

グランピングスポットとしておすすめなのが妙義グリーンホテル&テラスです。犬OKなルームがあり、部屋にはトイレシーツや犬グッズも完備されているので安心です。夕方からはゴルフ場がドッグランになるので、疲れるまで走り回れます。


PICA 富士西湖(山梨県)

PICA 富士西湖

富士五湖の中でも高い透明度で知られる西湖のほとりにあるキャンプ場。水辺を歩いたり、ドッグランは約800坪で大自然の中を走り回らせられます。コテージやキャビン、トレーラー、テントサイトなどさまざまな宿泊施設があります。カヌーで湖を犬と一緒に優雅なひと時を過ごしてはいかがでしょうか。


ふもとっぱら(山梨県)

ふもとっぱらで犬とキャンプ
ふもとっぱらで犬とキャンプ

Photo by yamanakajimaazusaさん Thanks!

富士山を望めるキャンプ場として有名なふもとっぱら。日帰りデイサイト、キャンプサイト、宿泊施設もありワンちゃんも大自然で楽しい時間を過ごすことができます。



本やブログを参考に愛犬とのキャンプをもっと楽しく!

キャンプ本

キャンプ自体が心配だという方には、キャンプ本が役立ちます。テントの立て方など、キャンプの方法まで丁寧に説明されているので、ぜひご覧ください!


キャンパーブログ

犬とのキャンプの様子をお伝えしているブログです。


犬キャン好きのワンスタグラマー

今回、写真提供してくださったのは、人気ワンスタグラマーフレブルのムッタさん。キャンプ大好きなムッタの様子をお楽しみください!

フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ フレブルのムッタ

まとめ

夕日を見る犬
犬とのキャンプは飼い主との絆づくりに有効
自然の中で過ごすことで、脳や筋肉の活性化になる
自然の中では寄生虫や感染症にかかりやすいため狂犬病や混合ワクチンの接種は終えておく
誤飲・怪我・夏場の熱中症には要注意
大自然の中で過ごす愛犬との時間は格別です。楽しい思い出となるよう最後まで気を抜かず楽しみましょう!

※掲載情報は、掲載時の独自調査に基づいています。すでに状況が変わっている場合もございますので、ご利用の際は事前確認をおすすめいたします。状況変化・閉業など情報更新が必要な場合は、こちらの窓口までご一報いただけますと幸いです。